東郷 健(雑民党)


(アナ)東京都知事候補者 雑民党 東郷健 五十四歳。関西学院大学卒。銀行員 を経て、ゲイとして働く。現在ゲイ雑誌出版、エイズの映画と劇を制作。著書『雑 民の論理』他。

 では、東郷健さんの政見放送です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 はい、東郷健です。こんにちわ。私はこの度申し上げたいのは、AIDS予防法 案と、先ず第一にAIDS調査団のことについてから語りたいと思います。最後ま で聞いて下さい。

 AIDS予防法案については、死の宣告を受けたAIDS患者が罰金刑になると いうような事に対する怒りを感じます。で、彼等に対しては、愛と、カウンセラー の養成が必要なのです。AIDS調査団については、官製『間接税』隠しとして、 税金の無駄使い、節税をお願いしたいと思います。

 ゲイ、及びAIDSに関しては、私はこの七年間、自分の自費で研究して参りま したし、東郷健に訊けば無料で訊くことができます。その間、私は世界で初めてA IDSの映画を作り、アメリカの主要都市で上映して参りましたし、AIDS患者 のためにAIDSの芝居を作り、サンフランシスコで慰安して参りましたし、で、 AIDS患者と、何十人もの、あの、インタビューを試みました。それはおこが、 オカマとオカマ同志っていうのか、同じ悩める者同志の叫びで、泣きながら彼等は 色々と語ってくれました。そのことについては『ザ・ゲイ』に六年間連載してます し、大まかな事については、今年の二月号の『噂の眞相』、及び今年の四月号の 『ザ・ゲイ』に書いてるから読んでみて下さい。

 で、先日もニューヨークに行って来たんですけれど、ニューヨークでは八十二年 から八十六年までの間に、一万人ものAIDS患者が死んでいます。その内五十六 %がゲイの人達です。麻薬患者の多いニューヨークでも、やはり半分以上の、AI DSのゲイの人が死んでおります。サンフランシスコでは八十五年から八十六年に 懸けて、八百人余りの人が、ゲイの人がAIDSで亡くなりました。

 日本ではどうか。厚生省は全くウソで隠しております。あんな少ない数ではござ いません。中曽根首相と同じようにウソをついているんです。

 ここで私は、この度はオカマの恥部も含めて、総て語らねばなりません。男達は 総て、九十九%オカマです。それが精神的か、或いは愛か、愛と共に肉体と走るか、 それぞれ違うだけなのです。

 で、ゲイの人達は、その、「結婚せなあかん」という偽りの結婚をしてしまいま す。男が男を愛する、差別から来るものです。だから、その偽りが、その発散が、 人よりも多くSEXの、オーバーなSEXに走るっていうことになる訳です。それ が証拠に私も三人の子供がありますし、結婚も、偽りの結婚もしました。

 そのSEXの欲望、そいで性に対する際限ない欲望と、そいから物に対する際限 ない欲望が、性に対してはAIDSとか、B型ビールス肝炎とかが流行っておりま す。

 物に対しては、AIDS菌をばら撒いているようなもので、自・公・民の東京都 知事など推薦したとしても、その人達が物に対するAIDS菌をばら撒いているよ うなもので、東京都をやがて滅亡にほろぼ、陥れようとしています。それは必ず歴 史が証明すると思うんです。

 そして、今その、AIDS菌の一番原因になっているゲイ達の、ゲイサウナ、ゲ イ旅館、ゲイホテルっていうのが日本にもあるんですけれど、それに対して誰も手 を付けようとしていません。保健所も、それを問い合わせても、全くありませんっ ていうことでしたし、厚生省も知らないんです。

 ニューヨークの場合は、それを税金面と衛生面でそれを取り止めにしてしまいま した。そしてサンフランシスコでは、法をもってして自主規制、そして止めるって いうことでもう、全然ありません。

 そこには、ゲイの人達が抑圧を発散するために、一日に十五人もの男の精液を飲 んで胃がダブダブだとか、おケツを何人にも掘って貰って痔が治ったとか、乱交は ええわ、とかっていうことで、色々な中学生、高校生、大学生、一般の、そのマイ ホームのいいパパっていう人達が、そこを出入りしています。

 だから尖茎コンジュームとか、その他の性病及びAIDSの根源になるそのサウ ナを、厚生省も保健所も、何ら手を付けようとしておりません。

 ゲイの人達、お願いします。もしも好きな人があれば、何としてでも、何回もマ スターベーションをして、それでもそれでも好きならばコンドームと、そしてゴム の手袋と、そして精液を飲まないこと、ということを注意して下さい。

 私にも『人間止めますか、オカマ止めますか』って云われるけれど、止められな いオカマならば、自分が、自ら、その性に対して、そいで注意しようではありませ んか。

 今、皆様にお願いがあります。私は、東郷健に対して投票して欲しくもありませ ん。そして、私に少しでも好意を持つ方には、自・公・民には絶対に投票しないで 欲しいと思います。

 性事こそ、立心偏の『性事』こそ、ガバメント=政治に勝れて、人類の一大関心 事であらねばならないと私は思うのです。

 東郷健でした。どうか宜しくお願い致します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(アナ)東京都知事候補者 雑民党 東郷健さんの政見放送でした。只今の放送は、 公職選挙法に基づいて、候補者の政見をそのまま放送したものです。

※編注:東郷氏は、この前回(都知事選?)の政見放送で「めかんち」等の放送禁 止とされていた単語を発したとして、NHKがこれを勝手に編集して『くちパク』 とした、所謂『政見放送カット事件』の係争中だったため、この時には公職選挙法 違反の不当カット行為は見られなかった。

 この直前の参院選(?)の時のものは「オカマ、パンパン、サド、マゾ、妾、ホ ステス、ホモ、レズなど、差別され、区別されている貴方に送る愛の歌…」なる詩 で始まる叙情的なもの。どこかにテープが残してあったはずなので捜してみます。

(解説:北方1号さん)


戻る ホーム