前田文弘(無所属)


参議院議員全国区候補者

前田文弘

四九歳

 住民運動ただ一人の候補者として、私は足尾鉱毒事件に生涯をささげた田中正造先生の「亡国に到るを知らざれば即ち亡国」の教えに従って立候補しました。このままでは日本は滅亡します。母なる海を守るため、水俣病患者連盟の川本輝男氏や漁民同志会など多くの推薦を受け闘います。
 

 原発・火発の温排水公害と環境汚染に反対する。原発と火発の温排水は海の生態系をこわし、日本人の貴重な食糧を提供する漁民の命の綱である魚を殺します。そして恐ろしい放射性廃棄物は孫子の代まで環境を汚染します。人間である限りこれを認めることはできません。
 

 生命の水と海を殺す合成洗剤を追放しよう。便利さ故の石油文明の産物である合成洗剤は皮肉にも私たちの飲料水をダメにし、海は赤潮で死にひんしています。石油づけの生活を問い直し、生き方を変える。その第一歩が台所から合成洗剤を追放することです。
 

     一、大企業のための海岸埋立て反対。海浜保全基本法制定

     一、まやかしの環境アセスメント粉砕。環境権を確立せよ

     一、住民運動への弾圧を許すな。汚職議員をつかまえろ

     一、海は生命の母、海を愛する人々よ、手をつなごう


戻る ホーム