武藤富男(日本キリスト党)


日本キリスト党公認参議院全国区候補者

むとうとみお

武藤富男

七十三

 キリストに関わりを持つ方々、信徒、聖書愛読者、日曜学校ミッションスクールに学んだ方、ともに政治を清めましょう。

 1 政治に良心を。良心に従う政策の実施は、真に国民の利益をもたらします。私は政治の良心となって政界に入ります。

 2 愛と義による世界外交を。愛と義を基調とし、全世界十億のキリスト者と交わり、日本のためになる世論を喚起します。

 3 軍廃の条件を作って平和実現を。第二十一世紀に向かって、各国から集団安全保障をとりつけ、これを条件として軍備撤廃の用意ある旨国会宣言を行い、世界連邦への道を開きます。自衛隊の災害救助、国土建設の任務を重んじます。

 4 各国に信頼敬愛される国を。青少年の倫理教育の基本を立案し、国会審議、総選挙を経て国の大本を確立します。

 5 多党政策の保管を。エネルギー増産のための公益尊重、教育事業への遺産寄付免税、老人のための職場創設等々。

略歴 一高 東大卒。東京地検判事 満州国官吏 情報局第一部長 退官。日米会話学院創立 キリスト新聞創刊 ラクーア伝道 新約聖書口語訳出版 向河原教会建設 教文館再建 明治学院復興。 現在 明治学院名誉学院長。 教文館 キリスト新聞社各会長。恵泉女学園 敬和学園 日本聾話学校 形容教育文化センター各理事長。フェリス女学院 愛隣会 雲柱社各理事。


戻る ホーム