世界の七不思議とは


世界の七不思議とは


紀元前150年ごろ、ギリシアの数学者、ビザンチウムのフィロンが「世界の七不思議」を選んだ。

世界最古の七不思議内容
エジプトの大ピラミッド世界最古の七不思議のうち、現在する唯一の建造物。紀元前2600頃、エジプトのピザに建てられたピラミッド(クフー王、カフラ王、メンカウラ王)。大ピラミッドのクス王のピラミッドは、底辺の長さ233m、それぞれ東西南北に完全に面し、四つの角は直角をなしている。石の大きさは高さ1m、幅2m、一個の重さは平均2.5トン。これを底辺から天辺まで210段に積み上げられ、全体では230万個(あるいは250万個)を要し、総計すると685トンになる。何のための建造物なのかは不明。
バビロンの空中庭園紀元前600年頃、古代メソポタミア地方、バビロニア帝国の首都バビロンに、ネブカドネザル2世が王妃アミュティスのために(雨の降らないバビロンを王妃の生まれ故郷メディアより美しいものを造ろうと)建造した庭園。縦横角400m、高さ15mの土台を築き、その上に段上の建造物(一番上の面積は60屬阿蕕い靴ないが、高さは30階建てビルと同じ高さ105m)を立てる。段が出来上がると、何千トンという肥えた土壌を運び、広いバルコニーにそって深い花壇を作り、花やつる草や果実のなる木を沢山植えた。庭園の一番上に大きなタンクを作り、ユーフラテス川の水ポンプで、絶えず花壇に適当な湿り気を与え、時々、人工の雨を降らせてた。あまりの大きさに、遠くから見ると、あたかも天上から吊り下げられた庭のように見えたという。
エフェソスのアルミテス神殿紀元前550年頃、古代イオニア(小アジア)の港湾都市エフェソスに建てられた巨大な神殿。高さ20mの白大理石の円柱127本も使用され、完成までに120年要したといわれる。が、ギリシアのヘロストラトスが「後世まで語り伝えられるような悪事をしたい」と言って、放火で消失。
オリンピアのゼウス像紀元前500年頃、古代ギリシアの彫刻家・フェディアスが製作。高さ12mあり黄金のゼウス像は、宝石や黒檀や象牙をはめ込んだ金製の王座に安置されていたという。
ハリカルナッソスのマウソレウム紀元前353年、小アジアのカリア地方を治めていたマウソロス王の為に作成された大理石の霊廟。霊廟はハリカルナッソスの市の中央部の大広場に作られた。四角な大理石の土台に置かれ、それぞれの四隅にはギリシャ人とアマゾンの戦いを描いた彫刻帯が飾られていた。2階部分は円柱が36本のイオニア式円柱が立ち並び、円柱と円柱の間に男神と女神の立像が飾られていた。円柱の上に台輪が乗せられ、そこから急傾斜の高い24段のピラミッドが組み立てられ、その頂上には大理石造りの4頭立ての二輪馬車と、マウソロス王とアルテミシア女王の彫像が飾られていた。高さ42m、周囲123m。この外観で、しかも純白の大理石だけを使っていたことから、霊廟というよりも、ギリシャの神殿を思わせるものだった。
ロドース島のヘリオスの巨像紀元前280年頃、エーゲ海の南東部に浮かぶロードス島の港の守護神として制作された、高さ約33m、胴回り18mの青銅製の太陽神ヘリオス像。ヘリオスの巨像は単に最大なものばかりではなく、人によって形づくられた人間のうち、最も完全な形のものあったと言われている。また、いつのころか、港の入口をまたぐように両足で両方の岬を踏まえ、その下を船が出入りしたという伝説が生まれたが、実際は、両足をそろえていたという説が有力。そんな巨像も、完成後わずか66年で大地震により倒壊、800年以上も横たわったままになっていたが、今では跡形も残っていない(アラブ軍がロードス島を占領した時、立像の破片をスクラップとしてヤダヤの商人に売ってしまったという)。
アレクサンドリアの大灯台紀元前280年頃、ナイル河口の貿易都市アレクサンドリアの沖にあるファロス島に建てられた巨大な灯台。その高さは最低でも120m以上もあったとされ、灯台の光は50km以上の先からでも確認できたという。形状は大部分は大理石で造られ、摩天楼のような格好で、頂部がだけが丸くなっていたという。また伝説には、晴れた日にはマルマラ海の向こう側にあるコンスタンティノープル(今のイスタンプール)の町の様子が反射鏡に映り、また日光を反射させると、160キロ先の船を焼くことが出来たという。近年、地中海海底から灯台の痕跡とみられる遺物が発見された。


それにしても、いったいなぜ世界の七不思議が生まれたのだろうか。
まずは七不思議の不思議に迫ってみよう。
フィロンの世界の七不思議は、不思議というよりは、建造物の一大驚異という気がしないでもない。
いったい、どうやって造ったのだろうという、創造を絶する神秘が不思議の対象になっている。
文明の発達や機械の進歩により、巨大なダムや高層ビルがいとも簡単に作られるようになった結果、古代人には驚異に見られたのも、現代人にはそれほどまで、感じられないのかもしれない。


なぜ、「七不思議」なのだろうか?
「六不思議」でも「八不思議」でも良さそうなのに。
ゝ賁鸚蚕顱崛論さ」第一章には、神が天と地と万象とを6日間で創造し、7日目に休んだ。神はその第7日を祝福したから、聖書では「7」という数字は「完全」を意味する。
▲リシアの数学者ピタゴラスは、「7」という数字を「3」と「4」に分け、「3」を神を表わし、「4」は四方世界(東西南北)を表わすとした。「3」と「4」を合わせた「7」は、神と世界を同時に示すものであって、宇宙全体は「7」という数字の中に完全に収まっている。

それで、世界の不思議を「7つ」決めるようになったのじゃないかと思われるが、実際の所は、わかっていない。


フェロン以降、さまざまな人が世界の不思議を選んできた。
科学の進歩とともに、選定の基準も変化していった。
名のあるところでは、イギリスの探検家レオナード・コットレルの「古代の七不思議」。

古代の七不思議内容
クレタ島のミノス宮殿エジプトとギリシアの中間、地中海とエーゲ海の出会う所のクレタ島。3000〜4000年前に造られたと言われる、縦170m、横180mの大宮殿。ミノス王の妃パーシファエの色欲を満たすため牡牛と交わった結果、生まれてきた頭は牛、体は人間というミノタウロスが住んでいたという。また、迷宮と呼ばれるようにいくつもの部屋や倉庫が上下左右に配置されている。
テーベのネクロポリスエジプト中部のナイル湖畔にある遺跡の街ルクソールには、テーベ・ネクロポリス(墓地)の岩壁をくり抜いた3000年前の墓、古代エジプト人が「永遠の家」と呼んだ貴人たちの墓である。ラフミラの墓、センネフェルの墓、メンテの 墓がある。王族の岩窟墓や、王の再生と復活を祈る葬祭殿がずらりと並び、死の世界にまつわる遺跡が多いため、この地区はネクロポリス(死者の街)といわれる。
王家の谷(ファラオの呪い)エジプトのカイロからナイル川をさかのぼった谷間にある王様たちの墓。淋しい岩山の谷間に、盗掘を逃れるために作られたファラオたちの墓がある。全部で62発見されている。1922年にイギリスの考古学者、ハワード・カーターが発見した「ツタンカーメンの墓」、王のミイラをはじめ、黄金のマスクなど3500点が埋葬されたときのまま残っていた。一緒に探したイギリスのカーナーヴォン卿が病死したので「ファラオの呪い」の逸話が伝わる。他に、棺の置かれた部屋の天井にある天体図が有名なセティ1世の墓、通路の壁面にある「洞窟の書」が見どころのラムセス9世の墓、サプタハの墓等の墓がある。
シリアのパルミュラの都1〜3世紀のローマ時代に、シリア砂漠の中心部でオアシス都市として繁栄したパルミュラ。周囲には防護のため11キロにおよぶ城壁がめぐらされ、城門から城門へずらりと石造りの円柱を建て、屋根のついた広いアーケードを造った。立派な神殿も宮殿も作られたが、多くの円柱を用い、どの円柱にもすぐれた彫刻がほどこされていた。現在は廃墟と化しているが、街の主要道路の両側に立ち並んでいた杉の大木ほどのある円柱1500本以上のいくつかが残り、また、ゼノビアの建てたベル大神殿の370本の円柱のいくかが残り、その豪華さのいくつかが残り、当時の面影が残っている。
エルサレムの岩のドーム7世紀にカリフのアブド・アルマリクがキリスト教、ユダヤ教、イスラム教の聖地でもあるエルサレムに建てたイスラム会堂。黄金に輝く岩の屋根のドームの外壁は青色の石、壁の低い部分には灰色の大理石、上部は込み入ったアラベスクを刻んだ緑と青のタイルで覆われている。イスラム会堂の中には、アブラハムが息子イサクをいけにえとして捧げようとしたとうとした巨大な岩があり、それはイスラム教の開祖マホメットが昇天したといわれる巨大岩でもある。
クラク・デ・シュバリエレバノンにある、十字軍の城塞跡。12世紀の城の中では最大と言われ、厚さが24mもある大きな斜めの城壁で、難攻不落を謳われた城。
デルフォイのアポロン神殿紀元前480年頃、中部ギリシアの古代都市デルフォイのパルナッソス山に造られた大理石の神殿。巫女が神がかりとなってアポロンの神託を授かっていた。神託をトリックだったという説もある。
いずれにしても、それぞれの時代の技術でつくられたとは思えない「驚異」のスケールを誇る城や墓などである。
他にもフィロンの「世界の七不思議」に次いで、誰が選んだのか判明はしないが、「第二・世界の七不思議」がある。
第二・世界の七不思議内容
ローマのコロッセウム(円形劇場)1世紀に建てられ、最大直径188mで、およそ5万人の観客を収容できた。ライオンとトラのかみあい、武器を持った人間と猛獣の争い、奴隷同士の殺し合いなどの見世物を催した。暴帝ネロの時代には、多くのキリスト教徒が、このなかでライオンの餌食になったと言われている。
アレクサンドリアのカタコンベ(地下墓地) キリストが十字架にかかって死んだ後、キリスト教がまだ公認されず、厳しい迫害を受けていた頃、ギリシアやローマのキリスト教徒がこの地に逃れて、地下墓地でひそかに神を礼拝し、伝道を行い、信者や伝道者が死ぬとこの地下墓地に葬ったという。
中国の万里の長城月から肉眼で確認出来る唯一の人工物。東は中国の渤海湾に臨む山海関から、西は甘粛省の嘉峪関までに至る全長約6000km。万里の長城に使用した材木で、高さ2.5m、厚さ1mの城壁を作るとすれば赤道直下4万キロにおよぶ世界を一周できるという。この建設に100万人の苦力が命を失ったという。秦の始皇帝が空飛ぶ馬に乗って長城建設のルートを示したという言い伝えもある。
イギリスのストーンヘンジ 巨石遺構ストーンヘンジはイギリス南部のソールズベリー近郊の草原にある。紀元前2800年に誕生。円形の敷地は直径が114mあり,そのなかに4重円の巨石の列がある。高さ6〜7mの2本の石柱の上に1本の石柱が横たわった形の3石塔が、2重の輪を形作っている。何の為に建てられたのかは不明。太陽信仰と結びついた宗教的なものであるという。
イタリアのピザの斜塔ピザ市にあるキリスト教大聖堂の一部。1173年着工当初は、高さ100m以上になる予定だったが、3層まで工事が進んだ頃から、土台の片方が地面にめり込んで南側に傾き始めた。これを修復しながら建設が続き、1350年に計画の半分の8階建ての鐘楼として完成。塔の高さは傾斜(8度の傾き)のため、北側で約55m、南側は約53m。ガリレオ・ガリレイが重力の実験をしたことでも有名(実際は違うらしい)。塔は傾き続けていたため、倒壊の危機を救うべく修復工事が行われ、2001年6月に工事が終わり、今後300年間は倒れる事はないとか。
南京の陶塔3世紀、南京の報国寺に建立されたが、1850年の長髪賊の乱で破壊された。陶器で造られた塔を遠くから見たら、日光に映って目をくらんだという。
イスタンプールのサンタ・ソフィア寺院世界で一番大きい教会の一つで「教会の母」と言われる。ユナチニアヌス1世は、530年から寺院建設を開始し、16000人の労務者を従事させ、アジア、ヨーロッパにまたがる全領土から素晴らしい材料を集め、財宝を使い果たす。そのかいあって、祭壇は2トンの銀と50万個の真珠で飾られ,寺院内部には大理石が敷き詰められ、高さ54m,直径34mのドーム屋根を持つ巨大な寺院が完成。キリストの寺院として916年存在し続けたが、1453年にオスマン・トルコ帝国に征服されると、今度はイスラム教のモスクへと改築された。高さ56mの赤茶けたドームや寺院の四隅のミナレット(祈りの時間を知らせる長尖塔)があり、ビザンチン建築の粋を集めたモザイク装飾が施されている。


では、現在の七不思議を選ぶと、どのようになるのだろうか…
科学技術の進歩や情報の氾濫で、どうしても「驚き」を感じる事が少なくなってきた。
現代の七不思議は「驚異」よりは、「未知への謎」に比重がかかっているようだ。
これも時代の流れの表れなのかもしれない。
そこで、現代の七不思議の候補をあげておこう。

現代の七不思議リスト内容
アトランティス大陸古代ギリシアの哲学者プラトンが言うには「一万年以上前、豊かな自然、金銀・宝石が豊かで、強力な軍事力を持っていた地上の楽園だったアトランティスは、大地震が起こり、一夜にして大西洋に沈んでしまった…」と。実際にはプラトンの創作であるという意見が有力。また、アトランティスは、エーゲ海のシーラ島であるという説もある。
ムー大陸伝説イギリスの探検家ジェームズ・チャーチワードによって発表(碑板の読解に問題があるとされ、ムー大陸の存在に疑問がある)された、太平洋上に存在したという大陸がムー大陸。ムー帝国は、南北アメリカを合わせたぐらいの広さがあり、美しい緑の平原に包まれていた。7つの都市に6700万人を越える人が住んでいたと。しかし、12000年前に、大地震が起こり、火山という火山が一斉に噴火し、ムー大陸は、広い国土と共に、海底に沈んでしまった。その結果、ヒマラヤ、アルプス、アンデスなどの山地が形成されたとしている。
イースター島の石人像イースター島は、チリ海岸から3000キロ西方地点にある太平洋上の火山島。1250年ごろからポリネシア人が移住し、石人像、墳墓、儀礼道路、石造りの神殿、ピラミッド等、考古学上での重要な遺跡が多い。特に石人像は、イースター島は有名。灰色の溶岩を材料として、石のみを用いた造った巨大な胸像(高さは4〜5m、重さ4〜5トン)は、島全域に散在。石人像は荒削りの凹凸面で、顔の造作は雄々しく、のっぺりした目のない顔があり、額は引っ込み、顎は突き出て、薄い唇はすぼめられ、幾分、笑みを漂わせ、鼻の先には奇妙な円盤型した覆いがかけられ、長い幅の狭い両耳が下顎まで垂れ下がっている。そして、頭には高さ1.2〜2m、直径1.6〜2.7mの円筒の赤い帽子が被されていある。いつ、誰が、何の目的で造られたのかわかっていない。
ネス湖の怪獣イギリスの北スコットランドのネス湖。1933年の夏、スパイサー夫妻がネス湖に大きな怪獣を300mほど離れた湖水に発見。一部水中に隠れていたため全体の様子はわからないが、カメに似た頭とキリンに似た長い首を持ち、背中に五つのコブがあり、蛇のように身体をくねらせながら、かなりの速さで水面を泳ぎ水中に姿を消した。その後も、ネス湖の怪獣を見たという人が何人か現れた。そんな事から1955年、スコットランドの航海クラブ員、BBC放送局、イギリス海運省とが協力して調査し、ネス湖の怪獣の撮影に成功。その写真が、雑誌にしばしば紹介されているが、恐竜プロントサウルスそっくりの首を水面から出している写真。プロントサウルスの仲間とする説がある。
ヒマラヤの雪男1951年のヒマラヤ探検隊参加者エリック・シプトンが撮影した巨大な足跡の写真が世界的注目を集め、雪男を目撃されて以来多くの調査隊が派遣されるきっかけとなった。雪男は背丈は1m20cmぐらい、全身深い毛におおわれ、頭髪は首筋まで垂れ下がり、顔には毛がない。人間のように二本足で立って走り、風のように速さだったという。実体が何かについては、さまざまな説があげられている。ヒト科の生物だろうという他、類人猿説から、ネアンデルタール人の子孫だと言う説、さらには630万年前にインドに出現し50万年前に中国で絶滅したとされるギガントピテクスの子孫説まである。
空飛ぶ円盤1947年6月24日、アメリカの実業家ケニス・アーノルドが自家用機でカスケード山脈を飛行中、九個の円盤状の物体を目撃。それは、ちょうどコーヒー茶碗の受け皿を二枚合わせたような格好から、一般に空飛ぶ円盤と呼ぶようになった。空飛ぶ円盤の正体は仝斥佞寮萋観による社会的妄想空想とその便乗新兵器の秘密実験説づ径痢特に流説サさ紂△△襪い鑒行機の誤認Ρ世砲茲觚りの反射ч腟は悪┗宙人の怪飛行機説などにわけられている。
バミューダ海域の謎「魔の三角海域」と呼ばれる海域。マイアミ、プエルト・リコ、バミューダ島を結ぶバミューダ・トライアングル。この海域では、無数の船舶や航空機が何の痕跡も残さずに消滅したとされる。「バミュダーの三角地帯」と呼ばれるようになったのは、1945年から。それまでは「魔の三角地帯」「死の三角地帯」「不幸の海」「大西洋の墓場」など、色々呼ばれていた。
ナスカの地上絵アンデス山脈の麓、砂漠に溝を掘って描かれた巨大な絵。地上絵のスケールがあまりにも大きく、空中からしかその形を識別できないため、飛行機が発明されるまでは、誰もその存在に気付かなかったし。UFOを呼ぶためとか、気球で上から眺めていたとか、古代の宇宙飛行士のために描かれた「滑走路」などいろいろ言われている。
幽霊船メアリ・セレステ号1872年11月4日、ニュヨークからジェノバに向けて出航したメアリ・セレステ号。約一ヵ月後、乗組員が跡形もなく消えてしまう。船の船長室には、船長夫人のオルガンがまだ楽譜を載せたまま、ミシンはテーブルの上に、娘のおもちゃはきちんと片付けられていた。また、咳薬の壜が栓が空いたままこぼれもせずにおいてあった。乗組員の部屋も同様に整頓されており、洗濯物はロープに、乾いた衣類はきちんと寝棚につんであった。厨房では、朝食の用意をしていたようだが、食卓には半分しか出されていなかった。船長のゆで卵は、先端をきれいに切りとってさえあった。皿や装飾品も壊れていない。反乱があったわけでもなさそう。現在まで数多くの説、海賊襲撃説、巨大いか説、氷山での事故説、伝染病説、船長乱心説…等の説が述べられているが、真相を解明するには至っていない。



雑学集に戻る


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ