SANTA's Happy World_(diary) [Since 1998/7/7]_[2013/04/23 更新]


さんたの修行日記

ここでは、日々の修行の成果、失敗談、その時思うことなどを自由に綴っていこうと思っています。

過去の日記セレクション目次


ユリイカ〜趙州の喫茶去[2013/04/09]

 これまでネットで調べてもいまいちしっくりこなかった趙州禅師の喫茶去の意味が今日自分なりに分かり、スッ キリしました。
アルキメデスのようにユリイカと叫びたい気分です。(^^)
なので久しぶりの修行日記です。


元のお話はこうです。

 中国唐時代の有名な禅僧の趙州和尚の寺に修行僧が教えを請うて来た。 

趙州 「曽(か)って此間(すかん)に到るや」(お前さんはかつて ここに来たことがおありかな?) 

僧1 「曾(か)って到る」(はい、以前にも参りました) 

趙州 「喫茶去」(さあ、お茶をお飲みなさい!)

 別の修行僧が教えを請うた。

趙州 「曾(か
って到るや」

僧2 「曾(か
って到らず」(い いえ、来たことはありません)

趙州 「喫茶去」(さあ、お茶をお飲みなさい!)

 これを聞いていたこの寺の院主(事務長)は
「初めての者にお茶を勧めるだけでなく、
以前に来たことのある者にまで同じように『お茶をお飲み』と勧めるのはなぜですか?」
と尋ねた。
趙州はこれに答えずいきなり
「院主さん!」
と呼ぶ。
院主は思わず
「はい」
と答えたその瞬間、趙州はまた
「喫茶去」(さあ、お茶をお飲みなさい!)
このとき院主は、はっと悟ったという。


 以上が表向きの意味です。
ネットを検索してもしっくりくる解説がありませんでした。


■前提として知っておくべきことがあります。

1.修行僧と教える師は四六時中真剣勝負
我々なら「お茶にしよう」は休憩ですが、
修行僧にとっては、日常すべてが悟りの修行であり、油断などできない

2.趙州は、趙州洗鉢のように日常の言葉で弟子を導くことが多い

つまり、1と2から、
喫茶去も趙州が弟子たちを悟りへ導こうとしているはずです。

3.「去」は意味を強める助辞で、
「さあ!行こう!」などというときの「さあ!」のような感じ。

もし、去れという意味で、「お茶を飲んでから出直してこい」というような意味なら、
院主が
「以前に来たことのあるものにまで同じように『お茶を飲め』と勧めるのはなぜですか?」
というような疑問を抱くことはないと思われます。
院主の質問から、趙州がお茶を勧めていると感じるような言い方をしていることが分かります。

4.禅は、禅定ともいい、悟りの境地のことです。

5.坐禅とは、本来座ることで
悟りの境 地になることです。

6.禅とお茶は、同一であり「茶禅一味(ちゃぜんいちみ)」と言われます。
茶禅一味とは、茶道は禅から起こったものであるから、
求めるところは禅と同一であるべきである、の意です。

室町時代中期の茶人である村田珠光が将軍義政から「茶の心とは何か」と問われたとき、
珠光は「茶とは遊に非ず、芸に非ず、ただ禅悦の境地にあり」
と答えたそうです。

つまり、4、5、6から、
禅において、喫茶とは、座禅と同じく、禅定を意味することになります。

7.茶道の精神は禅の考え方に基づいており、
「おい」と呼べば「ハイ」と答える呼吸そのものが、「生を明らめる」ことなのです。

8.禅では、無分別でただそこになりきることが大切だと教えます。
 ある雨の日のこと、京都の妙心寺の開山さまの部屋から、
「なんぞ持ってこい」と呼ぶ声がしました。
「また雨漏りだ、早く何か持っていけ」と僧たちが騒いでいると、
一人の僧がざるを持って飛んで行きました。
すると、「これだ、これだ、よく持ってきた」と上機嫌でほめているところへ、
もう一人の僧が桶を探して持ってきました。
すると、「バカ者!そんなものが役に立つか!」と烈火のごとく叱りとばされたのです。
 普通ならば桶ですが、そこは禅の修行です。
雨漏りだから桶だと考えて行動する分別があったから駄目なんです。
師匠からもってこいと言われたら、ざるでも桶でも何でもいいのです。
「オーイ」と呼ばれたら「ハイ」と返事する。
そこには一分の隙もない無心のおしえです。
http://www.rinnou.net/cont_04/myoshin/2007-06a.html より

これらを踏まえ、裏の意味を読み解くと

 中国唐時代の有名な禅僧の趙州和尚の寺に修行僧が教えを請うて来た。 

趙州 「お前さんは以前に(私が今いるこの悟りの境地に)来たことがおありかな?」

僧1 「はい、以前に(この寺に)参りました」

趙州 「さあ!私が今いる
この境地においでなさい!(さあ、悟れ!)」

 別の修行僧が教えを請うた。

趙州 「お前さんは、以前に悟り境地に至ったことがおありかな」

僧2 「いいえ、(この寺に)来たことはありません」

趙州 「さあ!この境地においでなさい!
(さあ、悟れ!)

 これを聞いていたこの寺の院主(事務長)は
「初めての者にお茶を勧めるだけでなく、
以前に来たことのあるものにまで同じように『お茶を飲め』と勧めるのはなぜですか?」
と尋ねた。
趙州はこれに答えず、未だ分別の中にいる院主を露にしようと突然に
「院主さん!」
と呼ぶ。
院主は思わず
「はい」
と答えたその瞬間に院主が無我、無分別のありのままの自分(仏)が露になったのを見届けた趙州は
これまでと同じく
「さあ!今悟れ!」と強く迫った。
この瞬間に院主は、はったと悟ったという。


 きっとこれが喫茶去の真相だと私は思います。
「さあ!今悟れ!」と強く迫るからの(喫茶)『去』なのだと思います。

これまで禅と茶道の関係を知らなかったので、これまで分からなかったのでした。

すっきりした〜(^^)


戻る

日記は、下に行くほど新しくなります。タイトルで見たいところへ飛べます。

[2002年11月] パワー・オブ・ザ・ギフト

[2002年12月] 存在意義不安症すべての人が悟れる森田療法


パワー・オブ・ザ・ギフト[2002/11/17]

 ちょっと前に買って積んでおいた『パワー・オブ・ザ・ギフト』という本を読み始めた。これが、「超」 が突くほど素晴らしい。『聖なる予言』のように、小説仕立てなのだが、最初にある著者の以下の謝辞を読めば、わかる人には変わるだろう。

引用//////////////////////////////

謝辞

 まず、チャックおよびレンシー・スペザーノに、そのすばらしい友情と影響力を感謝したい。ふたりがス ピリチュアリティと心理学を統合し、また勇気をもって真実のむすびつきの道を生きていることは、あなたがたが出会うすべての人々に重要なインスピレーショ ンを与えるだろう。
 チャックはまた長年にわたってわたしをはげまし支えてくれた。ヴィジョン心理学が与えてくれた資料は、本書にあるメッセージのたいへん貴重な部分となっ ている。ありがとう。
 三番目に、本書が必要とするレッスンの価値を高めるシンプルかつパワフルなアイディアを供給してくれた“A Course in Miracles(奇跡のコース)”に感謝の意を表したい。

(以下、七つの感謝がありますが省略)

////////////////////////////////

ちょっと、内容を拾い読みしてみましょう。このサイトの主張と重なっているでしょ?(^^)

いままで自分自身の人生をもったことなんてないと思うよ・・・・・ぼくがすることって言えば、人を喜ば せることだけだ。(P27)

「ピート、ぼくたちが話し合っているのはスピリチュアリティについてなんだぞ」
「セックスはスピリチュアリティじゃってのか?」(P33)

「考えをまいたら、行為を刈り取る・・・・・行為をまいたら、習慣を刈り取る・・・・・習慣をまいた ら、性格を刈り取る・・・・・性格をまいたら、運命を刈り取る」(P37)

「わたしがあなたがたにお教えするすべてのことの手かがりは、責任というものにある。あなたがたは自分 の人生に起こることすべてに個人的に責任を負うことを学ぶのです。起こることすべてにね。」(P37)

「今日できることを」男はゆっくりとそして重々しく言った。「明日に延ばさないこと」(P39)

「自分自身に対するコミットメントの欠落について言っているのです。自分が引き延ばしていることだけで 頭をいっぱいにしておくかぎり、自分自身については考える必要さえないでしょう。最近、人生において自分を優先させたのはいつですか?」(P47)

「信じようと信じまいと、すべてあなたがたが世界をどう見ているかということに帰着します。」 (P52)

「あなた方に欠けているのは“戦士の決意”です。真の戦士は自分を優先させるべきだと知っています。」 (P54)

「それは潜在意識に関するかぎり、過去において解決されなかったことはなんであろうとまだ引きずられて いて、いま起こっていることに直接影響を与えているということです。」(P55)

「自分自身の内部の声を信頼できないなら、なにを信頼しますか?」(P58)

「“戦士の決意”だけは覚えおていてください。つまり自分の人生で自分自身を優先させることを決意し、 そして人生が与えてくれるべきものをすべてすすんで受け取ること」(P58)

「“戦士の決意”は人生において自分がなにを優先させるべきかをわからせてくれます。それはあなたがた の確固とした目的意識です。それがなくてはどんな問題も解決されないし、どれほどためになる目標であっても達成されない。まず自分のしあわせを第一に置か ねばならないのです」(P73)

「それでは・・・・・直感を使いなさい」(P74)

「わたしたちを目標から遠ざけるのは自分自身の感情と態度です。しかし潜在意識はわたしたちにそれに気 付かせないようにして、自分は価値がないとたえず思わせるようにする。そして目標に到達できないのを自分以外のだれか、あるいはなにかのせいにするように とそそのかすのです。」(P77)

「そのプロセスを信じなさい。」(P90)

「人生が与えてくれるあらゆるものを自分で獲得しなければならないと思っている。獲得するという概念が そもそも、ただ受け入れるような価値などないという決定からきていることさえわかっていない」(P113)

///////////////////////////////

今、ここまで読んだのですが、まったく同じことを言っていますねえ。(^^)

戻る

存在意義不安症[2002/12/06]

 アメリカでの共依存研究の権威であるシャロン・ウェグシェイダー=クラウスは、(アメリカの)人口の 約96%が共依存者の条件に当てはまると言います。

 共依存症とは、『自己肯定感のなさ』を補うために、誰かとの人間関係に依存している状態(私の定義) です。

 アルコール依存、宗教依存など、人間関係以外のものに依存するのも、『自己肯定感のなさ』をごまかし ている、または、補っている状態と考えられます。

 宗教依存などは、敬虔な信者という他人の評価を得るための条件を満たすためににやっているという見方 をすると、共依存といえます。

 つまり、依存や共依存という症状もひとつの『自己肯定感のなさ』という同一の根本的原因に発するひと つの症候群であると考えることができます。

 この原因である『その自己肯定感のなさ』は、子どもが育つ上で、社会に適応するように、しつけとして 植え付けられた“「こうあるべき(それ以外はいけない)」という「禁止令」”が、自己の中に内在化されることによって、「あるがままの自分」を肯定できな いために生じていると私は考えます。そして、社会そのものがその構成員である私たちに、その『あるべき』をある程度要求することによって維持されているの ですから、すべての人が一度は『自己肯定感のなさ』を感じる状態になっていると言えると私は考えます。

 

 そして、それが私たちの社会や人生を不安にする一番根底にある原因だと私は考え、その自己肯定感のな さを感じる状態を『存在意義不安症』と名づけることにしました。(^^)

 

 それは、ニューエイジなどでいう、愛と恐れ、愛と不安という形で、愛と対極に位置させられている恐れ とか不安とか言われているものです。

愛は、あるがままを無条件に受け入れている状態ということができ、その対極は、当然、ある条件を満たさ なければ、受け入れない状態(条件付の愛)です。

 『存在意義不安症』においては、条件を満たしている時は存在意義を感じますが、この無常の(常に変わ り続ける)世界において、人がその条件の中にい続けることは不可能ですから、常に存在意義を失う不安と共に生きていくことになります。たとえば、今、成績 がトップでも、誰かに抜かれる可能性が常にあります。実は、この存在意義は、比較によって生じている偽りの存在意義なのです。真の存在意義は、偽りの愛 (条件付の愛)からは生まれません。

愛とは、「ひとつであること(をわかること)」という言い方ができますが、つまり、その対極である「分 離したことによる不安」と「存在意義に対する不安」とは、同じものなのです。私達は、分離を現実と感じ、この集団もしくはその構成員(社会、家庭、他人、 親など)に必要されることが、存在意義を生むと感じてしまいます。いわゆる『生きがい』と呼ばれる『生きる価値』は、その仮の存在意義のことです。その価 値は目的に対して相対的に生じます。

 しかし、実際のところ私達は、誰かに存在意義がないと言われても存在しています。誰かのあなたに対す る存在意義があるかないかの意見は、その人の分離した意識が生み出した幻想に過ぎません。その人の選択した考えによって相対的に導き出されたひとつの考え であり、その人が選択したという以上の根拠などないのです。

 存在意義とは、人生に絶望した人がよく言う「私は何のために生きているのだろうか?」という言葉の中 で問われている『生きる意味』のことです。

 その場合、『生』に対して意味づけをできるのは、意志だけです。この場合、神と自分と他人があり、あ なたの生に関係しているのは、神と自分だけです。そして、後述しますが、神はあなたの生きる意味、存在意義を認めています。

 認めていないのは、あなたなのです。それが『存在意義不安症』です。

 価値は目的に対して相対的に必然として決まりますが、意味があるとかないとかは、基準、見方を変える ことによってまったく逆転します。どういうことかというと、良い人として生きることを目的にしている人は、良い人であることに価値を見出し、悪い人である ことに価値はないと見なします。

 しかし、反面教師という言葉示すように、悪い人を見ることによって、それを目的に活かすことができる という意味と、悪い人との比較によって良い人が成立しているという意味(悪い人だから良い人になれるを含む)とにおいて、悪い人にも意味があることになり ます。

 つまり、意味は、すべての状態に見出すことができるのです。すべてに存在意義があるといえるのです。 それが無条件の愛です。

 またニューエイジ的に言えば、神がその存在意義を認めているから存在しているともいえます。神は無条 件の愛として、最初からあるがままのあなたを認めているのです。

 このゆるぎない(絶対的ということではなく、相対世界においてゆるがないということ)存在意義を実感 することこそ、存在意義不安症からの回復なのです。それは私がこれまで、共依存からの完全回復と呼んできたものです。そして、それが無条件の愛である状態 です。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

い‐ぎ【意義】
1)意味。わけ。言語学では、特に「意味」と区別して「一つの語が文脈を離れてもさし得る内容」の意に使うこともある。
2)物事が他との連関において持つ価値・重要さ。「参加することに―がある」

い‐み【意味】
1)ある表現に対応し、それによって指示される内容。
イ)ある言語形式によって示され、表される内容。または、その指し表し方の型。わけ。「単語の
―を調べる」
→意義。
ロ)言語・作品・行為など、何らかの表現を通して表され、またそこから汲み取れる、その表現の
ねらい・かまえ・こころ。「何を言いたいのか―が分らない」
2)物事が他との連関において持つ価値や重要さ。「そんな事をしたって―がない」

そん‐ざい【存在】
1)一般に「ある」ということ、および「あるもの」。「ある」の理解に応じてさまざまな意味がある。有(ユウ)ともいう。
2)〔哲〕(being イギリス・Sein ドイツ)
実体と属性とに分れ、前者は基体・本体のようにそれ自体で独立にあるが、後者は前者に付帯して依存的にある。また、実体には自然的・物的なものと、意識的 なもの更に超自然的で非感覚的なものとがある。

しょう【症】シヤウ
病気の性質。病気。

しょうこう‐ぐん【症候群】シヤウ‥
(syndrome) 相伴っておこる一群の症候。一つの症候群に属する諸症候は同一の根本的原因に発すると見られる。

以上、CD広辞苑第四版による。

戻る

すべての人が悟れる[2002/12/12]

 今昨日、ある方からメールをもらいました。はっぴーわーるどの生き方(掲示板、メール、お薦めの本等 でのアドバス含む)を実践して、生きるのが楽になり、幸せになったという内容です。

最近、こういうメールを何通も頂いています。(許可をもらって紹介するコーナーを作りたいと思っていま すので、よろしくね。(^^))

何をもって悟りというかは、悟りの定義によって変わりますが、少なくとも、否定的な感情に振り回されて 苦を感じている状態から抜け出した、という意味では、私はもちろん、それらメールを頂いた方からの共通の感想です。

さらに、これまで見えていなかった人間関係を結び付けていたものが見えるようになってくるということが あります。これは、人との縁が見えると言い換えられると思います。

また、マスターの一言の重みが見えてくるということもあるでしょう。

自分の住む世界が、恐ろしい世界から愛に満ちたものに見えてくるということもあります。

さらに、そこかしこに愛を見るようになり、自らも愛をペイ・フォワードしていけるのです。ある意味では 慈悲の一部と言えるでしょう。

 まあ、それがどんなものであれ、自分で体験してみるまでは、本当のところはわからないのです。そし て、一度その世界に至ったなら、歓びにあふれた人生をおくることになります。そして、それを周りに広げ始めるのです。

 そして、いま、そういうマスターたちが確実に増えてきています。これからは、すべての人が悟ることが できるのです。地球はパラダイム・シフトした新しい時代(ニューエイジ)に入っているのです。しかし、あなたがどうであるかは、あなた自身の選択にかかっ ているのです。あなたが与えたものは、あなたに返って来るのです。あなただけは、恐れに満ちた古い時代にい続けることもできます。

 すでに扉は開かれています。・・・・・あなたが決めてください。

戻る

エゴの活動開始[2002/12/11]

 今朝もいつものように、朝のまどろみの中で思考を重ねていた。

と、そのとき、どこかでカーテンを開ける音がした。最初はそれをただ聞いていた。しかし、その直後に覚 めていく(一般的な意味で)目が覚めていくのを感じた。その私は目覚めを観察していた。自分の内部から外に向けて、知覚がアンテナを伸ばし始めていた。そ れに伴って外に向かう思考が活動を開始した。

『これだ!』私は、ユウレイカ(ギリシャ語の heureka、英語の eureka )と叫びたいほどだった。

この外に向かう知覚と、それに伴う思考がエゴの活動なのだ。おそらく、これを読んでいる人にはわかりに くいと思うが、石原加受子 著『自己主張が楽にできる本』(実務教育出版 1300円)を参考にしてもらいたい。

引用 ////////////////////////////////////

 最近、私は盛んに「自分を中心にしてください」と言っている。こう言うとたいていの人は、「なんてこ と言うのよ、他人のことを考えない自己中心的な人があふれているから、社会がこんなに荒れてしまっているのに、あなたは油に火を注ぐようなことを言ってい るのよ」と言わんばかりの反応を示す。
 仕事も結婚もうまく進まない、という男性がいた。<中略>

私が、
「自分を中心にしてください」
と言うと、彼は怪訝な顔をした。彼は、職場のみんなから「我儘だ」「喧嘩っ早い」「身勝手だ」と言われている、と腹を立てていた。そんな彼に「自 分を中心に」と言ったので、彼は「自分の思いどおりに事を運ぼうとするたびに争いになるのに、お前はこれまで以上に自己主張をしろと言 うのか。そんなことをしたら、なおさら嫌われてしまうじゃないか」というような表情をした。<中略>

 彼の主張は一貫していた。それは「自分の周囲には性格の悪い奴、非常識な奴がウヨウヨしていて、そん な奴らが自分をいかに不当に扱っているか」ということだった。
 彼が相手への批判や批難ばかりに目を向けており、それが不満を生み出していることは明らかだった。彼の話からは、彼 がそのような不満に対してどんな処理の仕方をしているのか、どんな対処をしているのかということは一向に見えてこなかった。<中略>

 私はひとしきり彼の話を聞いてから言った。
「いま、あなたがおっしゃったことは、すべてが他者を中心にした考えではありませんか」
 彼は「?」というような顔をした。
「あなたがいま述べたことのほとんどは、相手がどうしたかということですよね。あなたの目に相手がどういうふうに見えるか、相手がどういう言動をとったか ということに終始していませんか」
 私はこれを『相手を中心にした考え方』という言葉で表現している。(『自己主張が楽にできる本』P2〜P4)

///////////////////////////////////////

 つまり、ここでいう『相手を中心にした考え方』というのが、今朝、気づいた『それに伴って外に向かう 思考』なのだ。これがエゴの正体なのだ。そして、エゴが創られるのは、共依存的な禁止令からだ。

 

引用 ////////////////////////////////////

子どもの善悪の判断とは、まず親の判断そのものになります。(P86)

 自分が大事にしているおもちゃを、乱暴な友達が「貸して」と言ってきたとき、壊されるかもしれないの で「イヤ」と言うと、「貸してあげない子はいじわるよ」と叱られます。このとき、この子どものおもちゃを大事にしたいという自分の心は、否定されてしまう のです。
 親の目で自分を見ることは、自然に子どもの心に内在化されていきます。すると、私たちの心は、監視する自己と、監視される自己とに分かれていきます。そ して、もはや監視する自己の起源を意識することはできなくなります。(P86)

 そして、しだいに外界に適応している自分は嘘っぽく感じられ、適応していない部分のほうが本物の自分 のように感じられるようになります。こうして、自己は「偽の自己」と「真の自己」とに分かれていきます。(P88)

「人と接するのがつらい(人間関係の自我心理学)」◇根本橘夫著◇文藝春秋

///////////////////////////////////////

親の禁止令によって創られた、この「偽の自己」こそが、「相手を中心にした考え方」であり、エゴなの だ。
禁止令は、親の価値観だけではなく、社会通念、社会規範によっても作られる。

 そして、私達は、知らず知らずに「偽の自己」と「真の自己」の両方を生きているのだ。どちらをより多 く生きるかで、その人の『生きにくさ』の度合いが決まってくるのだ。

 

戻る



森田療法[2002/12/18]

 今読んでいる大原健士郎「とらわれる生き方、あるがままの生き方」は、森田療法について書かれた本で す。

その中にこんな記述があります。

引用 /////////////////////////

 精神分析医が雷恐怖を治療しようとすると、おそらく過去の心的外傷(トラウマ)を幼年期にまでさかの ぼって分析しようとするだろう。これはどうかと思うね。
 行動療法家が雷恐怖を治療しようとすれば、雷鳴が轟き、稲光りがする小高い丘に連れていき、傘をさして立たせて、体験的に雷に馴らさせようとするだろ う。
 しかし、これは本当に危険なことで、感心しない。
 その点、森田療法は、くだらない分析をしたり、特別な状況を設定するのではなく、日常生活の中で治していこうとする特徴がある。つまり、危険のあるとき には、それを回避し、危険が去ればもとの健康な生活に戻るというわけだ。
(P197)

////////////////////////////

 これは、ネオ・モリタセラピーをやっている著者の贔屓目もあるのでしょうが、精神分析がくだらないと いうのは、理解不足だと思います。
 確かに、カウンセリングでは回復までに何年もかかることがあるようで、その点森田療法では比較的早く回復し、社会復帰できるというのはよい点だと思いま す。

しかし、一方では、こんな記述もあります。

引用 /////////////////////////

 私がロサンゼルスに留学していた際、私のボスでシュナイドマンという自殺を研究している学者がいた。 その人が、自殺したい人は金持ちに多いのか貧乏人に多いのか調べたんだね。
 一般的には、金持ちは豊かで何ひとつ不自由ないが、貧乏人はお金に困っているから貧乏人に多いだろうと考えたのだが、結果は逆に出た。豊かになって人生 目標を失うと、ちょっとしたことにも動揺する。貧乏であっても人生目標が設定されていれば、その目標にまい進できる。
(P192)

////////////////////////////

この記述を共依存の視点を踏まえて読むと、単なるワーカホリックなどの依存状態で自己肯定感を維持して いたから、お金持ちになり仕事に依存できないと自己の存在意義を失うということだと考えられます。

 つまり、森田療法の回復とは、共依存を強いる社会に適応できる程度に回復するということなので、根本 的な不安の解消にはなっていないということです。

ですから、こんな記述もあります。

引用 ////////////////////////

 人間を価値づけるのは、やはり行動とその実績だよ。(P79)

 私は次から次へと自分でやることを見つけ出した。それで自然に治ったのだろうと思う。(P61)

///////////////////////////

実績に価値があるとしたら、常に成果をあげ続ける必要が生じます。それは、常に比較と勝ち負けを意識し 続けなければなりませんから、そこに穏やかな心は存在しえないでしょう。また、行動と実績に依存している状態といえますね。

森田先生自身も「不安な自分」で生きなさい、というアプローチをしていたようです。(P25参考)

 つまり、森田療法には、すべては愛と不安のどちらかがすべての動機になっているという視点がないわけ です。だから、不安を動機に行動し、実績を上げることで仮の肯定感を作ることで社会復帰させるわけです。

引用//////////////////////

 人間だから、生きていく上には不安も悩みもつきまとう。建設的なことにその不安だとか悩みを使えばい いものを、(P207)

///////////////////////

 神経症の程度の重い人は、まず森田療法で社会復帰し、その後『存在意義不安症』を治すというのもいい かもね。(^^)

戻る


◆ 名言

◆ 修 行日記

◆ ニューエイジな生き方

◆ バシャール

◆ 神との対話

◆ 本 棚

◆ リンク集

◆ 目 次


● Site Map

日 記 Index

▲ Page top

あなたからのメールは最高の贈り物です。(^o^)

トップページへ

幸せ感じるニューエイジな生き方のサイト 「さんたのはっぴーわーるど」