アルゼンチン生活一般


Hola, amigos!

アルゼンチンの生活 アルゼンチンは広い国で、一国で世界六大陸の特徴を持ちあわせるほどである。そのため 、この国の生活といっても、その気候からも多様であるので、一口には無理な話である。 最近は、サッカー、タンゴで有名になってきたが、実際のところはまだ知られていない。 それで、私の住んでいる首都ブエノスアイレスを中心にお話をする。そしてまた、南米と いうイメージからすると、全く期待はずれをしてしまうのが、このメガロポリスである。

ここを訪れる多くの日本人が夢中になるのは、まず、ワイン、牛肉を代表とする食べ物( スーパーで最低1ドルから、牛肉が一番安くキロ4ドル程度)、ビル街でもいたるところ に緑がある街の美しさ、伝統あるヨーロッパ式の古い建物、そして夜歩きしても最低限の ルールを守れば・タ舛覆海箸任△襦5路線ある地下鉄(50セント)は10時までだが 慣れれば便利なバス(市内70セント)は夜中でもやっているし、タクシー代(市内30 分で8ドル程度)も全く高価ではない。(この交通費と平均的な食材が一番安いものであ るが、物価は全般的に日本と同じくらいである。)そして、人をもてなすためには必死に なるホスピタリティのあるアルゼンチン人は、知合ったばかりでも家に迎え入れ、友人と の仲間に入れてくれるのには驚くべきことである。

親日感情もある。周りの人が、日本人は正直もので勤勉だといってくれるのは、日本自身 の経済力だけではなく、第一日系社会の努力と歴史の賜物である。また、戦時中も日本に 救援物資を送ったりと友好関係にあり、1998年は日本アルゼンチン修好100周年と いうことで、MENEM大統領が訪日した際にも、ちょうど、地球の反対側に位置する国どう し手をとりあおうというスピーチがあり、これは"両極にあるものは惹かれあう"というこ ちらのことわざどおりである。

だからというわけではないが、日本とは違う点は多い。周りの人々はヨーロッパ(イタリ ア、スペイン)系が中心。宗教もカトリック。食習慣は牛肉中心。言葉もスペイン語。そ して、考え方、その表現方法も違うことが多い。特に、最初になれないのは、なれなれし く体にさわられ・驍アと、また、BESITO(ベシト)といって挨拶の軽くほおにするキスをさ れることであろう。また、何でも"どうだったか?""気に入ったか?"などといちいち質問 するので、うるさいこともあるが、これも、気に入らない点があれば、いってほしい直す からという謙虚な気持ちと、喜んでもらえば嬉しいという期待からくるので、 まじめに応対し、また、こんなことを言ってはいけないだろうぐらいのことをはっきりと 言うぐらいでちょうどよくなる。

しかし、これもたとえアルゼンチン人自身が同国人や国 のことを悪く言う際には、同調しすぎない方がいいだろう。また、日本のことも同様で、 個人として認められる前に、"日本人"または"日本の日本人"の代表として取り扱われるの は必須であるからである。 生活していくにあたって、多くの人に助けられることも避けられない。短期間であっても 、やはりそのお返しに何かすることができれば(料理、日本の最新ニュース、もちろん、 熱意をもって習慣・スペイン語を学ぶ、感謝の念を示すとかでもいい)受け入れられやす くなるのは言う・ワでもない。 多くの人が、有意義なブエノスアイレスでの生活ができるように http://www.geocities.co.jp/Milkyway/6461/"素顔のブエノスアイレス"でも応援してい ます。 (日本語で海外2000年版、アルク社から99年3月より発売!に掲載)

 
go back to home



ご意見ご要望お待ちしています。