ああ知らなかった!ブエノスアイレスで失敗しないように


以下、日本人が本当にやった失敗談をあえて、 のせます。もちろん、知らなかっただけなのですから、大丈夫これからがありますから。 異文化理解の一助になれば幸いです。また、これを見てみなさんと共有できるお話があれば、ご連絡下さい。

昨年の夏休みを利用してブエノスアイレスで学びたいという連絡が大学の後輩からきましたので、いろいろと世話をしたのですが、HOME STAYをしたいという ことで、友人宅にお願いしました。少しはスペイン語できるのですが、やっぱりネイティブファミリーと過ごすのはいいことですよね。

そこの奥さんは料理がとても上手。いつもは忙しいので作らないのですが、やはり日本の学生が来たこともあって、たくさんの料理を並べてくれたそうです。

そのうちから、突然電話が! ”なんか病気みたいだけれども、はっきりいわないから日本語できいてやってくれ!多分、食べ物があわなかったのだろう” と血相をかかえている話し振り。。。。日本人の女の子に電話をかわり、”いやーーー知子さん、おなかいっぱい!”と全く態度が違うので、”一体、何を言ったの?”
”えーあんまり、よく食べたから、SUFRO!SUFRO!って。。。”
”え!”
彼女はおなかいっぱいで苦しい!(要は満足である)と言いたくスペイン語で そのままいってしまい、ホストファミリーを仰天させてしまった、嘘のような本当の話。。。

ブエノスアイレス在住6ヶ月のTさんから 以下のようなお話が届きました。少しコメントを加えて、 みなさんの参考にしてもらうようにしました。

・ブエノスアイレスっ子は甘い物好きだけど辛い物は苦手!

 ブエノスアイレスっ子と付き合う時はカレーなど辛い物は  なるべく避けましょう。
 逆にスーパーで買い物をする時は、砂糖を使った食べ物  (ケーキ・ヨーグルト・ジャム・ジュース等は日本人に  とって甘過ぎると思いますので「DIET」や「LIGHT」と  書かれた物を買うようにしましょう。

<コメント>

さすがに私の母も甘すぎる、といいましたが、やはり甘党で 気に入って食べていました。

・階数は「ゼロ」から!

 アルゼンチンのホテルやアパートでは地上階が「0」から  始まります。
 「1階で待っている」とか「ロビーは1階ですよ」とか言われたら、  間違わずに一階上に登りましょう。  何時まで待っても会えませんよ。
 また、4階なら階段で登ろうと思っても実際は日本の5階分有り  ますので疲れます。

<コメント>

日本式の1階はPBともあります。PLANTA BAJAの略で、 いわゆる0階のことです。
また、古い建物では天井が高いので2階でも4階に相当する 階段があることがあります。国立銀行BANCO DE LA NACION (五月広場)を見て下さい。

・エレベータは手動式が一般的

 アルゼンチンのエレベータは、ホテルや高級マンション等  以外では手動式が一般的です。  何時まで待っても自動には開きません。
 閉め方も2枚ドアなので奥のドアから閉めないと2枚共  閉める事が出来ませんので気を付けて下さい。
 ドアも蛇腹式ですので、手や足や荷物を挟まない様に  気を付けて下さい。
 安全性の面では、全く欠けています。  アルゼンチンでは、「自分の命は自分で守る」が基本姿勢です。

<コメント>

回転ドアも結構危ないですから、急いでいる人の前にならないように、 お先にどうぞ、の精神でいきましょう。 これで骨が折れることもありますしねー

・アルゼンチンのガソリンは良い物を使おう

 車に乗る人は、ガソリンの選択を誤らない様に!
 日本では「レギュラー」と「ハイオク」に分かれていますが、  アルゼンチンの「レギュラー」は品質が悪く、直ぐにエンジン  故障を起こしてしまいます。
 呼び名はメーカで異なりますが、迷わず「スーパー」等の  良いガソリンを選びましょう。
 日本の「ハイオク」に対する物は「エクストラ・スーパー」等の  呼び名で売られています。  ブエノスアイレス(良い空気)の町中がガソリン臭いのは、  車の台数が多い事も有りますが、この品質の悪いガソリンの  せいも有ります。

<コメント>

週末は郊外に出て、いい空気を思いっきり吸いましょう。

・道の名前を間違わないで!。

 同じ名前の道が幾つも有ります。  でも良ーく調べると、その名前の前後に他の名前が付加されています  ので、フル・ネームで連絡しないと相手は違う場所で待っていたり  しますので気を付けて下さい。

<コメント>

LUMIというガイドブックが便利。KIOSKOで$10ぐらいで 売っています。他のメーカーのもありますが、私はLUMI派なので、 連絡するときに、何ページの、、、と話しも合うから便利です。
インデックスで道の名前が調べられます。これはフルネームでも名字から ひきますので、気をつけて。普通は”A”通りと”B”通りの交わったところ、 といういいかたをしますと、A通りが中心でA通り沿いになります。
それで、もし迷子になったら、どこにいると、こういう表現でいえば、 ブエノスアイレスの人なら、どこにいるか、すぐ分かってもらえます。

・アルゼンチン国内の電話番号が一斉に変わりました。

 今年の1月24日からアルゼンチン国内で電話番号が変わりました。  因みに、ブエノスアイレス内は市街アクセス番号が"01"から"011"に  増え、局番以下も"xxx-xxxx"が"4xxx-xxxx"と頭に4が追加されました。  他地域ではまた違いますので気を付けて下さい。  名刺等にはまだ"4"が付いていない物を使っている店等が有りますので  電話をする時は気を付けて下さい。

<コメント>

とりあえず、わからなければ、旧番号をダイヤルすると、教えてくれます。

・電源プラグに気を付けろ!

 アルゼンチンでは昨年末から電源プラグ等に関する安全規制が  厳しくなってきています。この安全規制は並行輸入品の排除や  違法改造製品の排除で消費者の安全を守ろうとする物ですが、  3段階で厳しくなっていきます。
 当局は販売店への立ち入り監査等で未対応製品の販売を禁止したり  規制したりしますので、時々ACコードの入っていない電化製品が  店に残っている事も有ります。  電化製品の購入の際はチェックしておかないと、ACコードが  届くのに何週間も待たされる事になります。

<コメント>

そう、ないというのも、一応理由があるのです。 専門的な解説、すばらしい!

 
go back to home



ご意見ご要望お待ちしています。