SUZUKI GSX-R(1984)
のシルエットに震えた。その集合サウンドに惚れた。公道に舞い降りた耐久レーサー。

 1983年のモーターショーで衝撃デビュー。
● サーキットで生まれ、サーキットへ昇華した「R」
1983年耐久チャンピオンマシンであるGS1000Rのコンセプトをそのまま受け継いだ、と言われるとおり、忠実に400でレーサーを再現した姿に、ユーザは狂喜した。しかも当時クラス最高の59psという馬力。車重がわずか152Kgという軽さ。それにより2.75Kg/psというパワーウェイトレシオは、RG250ガンマさえも凌いだ。実際の走りも、Born In Circuitのコピー通り、乗る人を「4サイクルガンマ」と言わしめた。

● フロント
耐久レーサーイメージそのもののデュアルヘッドライト。この後、多くのマシンが採用するほどインパクトが強く、人気の一因であった。
● エンジン
水冷DOHC4バルブエンジンは、ユニットだけだと66kgという軽さ。GSX400FWより10kg以上も軽量化されているのである。
● メーター
RG250ガンマとほぼ共通のメーターレイアウト。レッドゾーンは12000回転から。
● リアビュー
CMCタイプのフルフローターサスペンションをオンロードで初採用。「GSX-R」と車名が誇らしげに入ったマフラーも人気の要因で、簡単に社外品に換える人はいなかった。

 DATA & HISTORY
● 主要諸元
○エンジン形式:水冷4ストローク4気筒DOHC4バルブ ○排気量:398cc(53.0×45.2mm) ○最高出力:59ps/11000rpm ○最大トルク:4.0kgm/9000rpm ○始動方式:セル ○変速機:6速リターン ○全長×全幅×全高:2090×710×1185mm ○軸距:1425mm ○タイヤ(前):100/90-16 54H (後):110/90-18 61H ○ブレーキ(前):油圧ダブルディスク (後):油圧シングルディスク ○燃料タンク:--L ○乾燥重量:152kg ○定地燃費:--km/L(60km/h) ○車体色:白/青、黒/赤 ○発売当時価格:629000円





絶版上等!へ戻る