紅葉の時期もすばらしいが、草花が急いで咲き乱れる季節もすばらしい。


八幡平、熊沼

熊沼
鏡のように雲を映す八幡平の熊沼。遠くに見えるダケカンバであろう白い枝木がきれいだ。バイクでアスピーテラインを走っていて偶然気がついたこの瞬間の景色。

雪解けの進む八幡平

八幡平
雪解けの進む八幡平。6月中旬でもこのくらいの残雪。所々雪解けの水で道路が濡れている。下界は暑くてもこのあたりは肌寒いくらい。

ブタナの咲き乱れ

県民の森
ブタナの咲き乱れ。一面の濃い黄色に思わずバイクを止めた。後先考えずにこの中に飛び込みたい。そんな感じの花畑。この後、いっせいに綿毛に変わる。でも、この花をブタナっていうのは少し可哀想。

冬の厳しさを知らせるアオモリトドマツ

八幡平
酸性雨に負けたか、風雪に負けたか。枯れ木が目立つ。どの木も一定方向に傾いている。凍裂がおきるのか、雷に打たれたのか裂け目のある木が多い。冬の厳しさを感じる風景だ。

ムカシヤンマ。

ムカシヤンマ

エゾオヤマリンドウ。

エゾオヤマリンドウ

八幡平の鏡。

八幡沼
なんかいい感じだよね。上が鏡かしたが鏡か。風の無いとき。実際はもっと湖面がきれいでした。水がみせる風景。映し出される物も選ばれたものか。

八幡平と安比を結ぶ林道にて

八幡平
緑のトンネル。横から何か出てくるかな?テンや狐、狸、熊。トトロも出てくるかもしれません。バイクのエンジンを切ると鳥の鳴き声、木の枝の振れる音。水の流れる音が身体に染みるように聴こえてきます。道を流れる風は涼しく、やっぱりさわやかなのだ。

岩手山登山道から七滝

七滝

金沢清水

座頭清水(金沢清水)

金沢清水
環境庁名水100選に選ばれている金沢清水。松尾村の水源ともなっている。地下から湧き出す水は水草の緑を輝かせる。自噴している場所もいくつか見られるそう。岩手山に積もった雪が融けて染み入り、このような場所から湧き出てくるのだ。

八幡平


5月23日の八幡平。

八幡平

八幡平アスピーテライン

アスピーテライン


アスピーテライン

八幡平
熊笹の中、斑に紅葉が始まった。この年は幾分赤い色が少なかった。早く霜が降りた所為だときいた。

もちろん紅葉

まったくもって真っ赤に、紅葉したもみじ。木の葉の隙間から青い空を覗き込む。秋の空色は赤をきれいに見せる。

はじめは秋への入り口に見えたが段々冬への近道という感じに見えてきた。