道具ちょっとアイテム紹介


テスコム 電動バリカン TC39
 剃髪、坊主頭の人ならば、バリカンというものをもっているのだろうが、ぼくは6,7年前に壊してしまっていたので、それ以来手元にバリカンはなかった。もっとも、バリカンで刈るという必要性もないくらいに短いか無かった髪形だから。2mmくらいならば、下の髭剃りでも問題なく、多少問題があっても4,5mmくらいまで剃れる。しかし、今回、3週間ほど伸ばしてみてどのくらい我慢が出来るかやってみたのだが、大体6,7mmにうなじなどの気持ち悪さ、風呂上り、髪がぬれているという感触に耐えられず剃ろうとおもったのだが、さすがにこの長さだと、痛い思いをしかねないので、あらかじめバリカンを買っておこうとおもった。
 近くのホームセンター(ホーマック)でバリカンを探すと、スキカルはなく、7000円位のものと、4000円位のもの、3000円位のものなどがあり、さらに安いのは売り切れていた。僕は2980円で売っていたテスコムの電動バリカンTC39を買うことにした。
 買ってみての感想だか、悪くはない。充電してから僕の頭を刈るには十分なバッテリー容量だ。しばらく、必要となることは無いだろうが・・・。
 久しぶりのバリカンで頭を刈る感触も悪くないね。(笑)

 Gilette
Fusion5+1
Gilette
Fusion5+1 Power
Schick
HYDRO5
剃り心地
深剃感
 肌荒れ
経済性
評価

Schick HYDRO 5
 久しくSchickの製品はつかってなかったが、試供品をもらったのでつかってみた。Schick HYDRO 5剃り心地は少し引っかかりというか摩擦感があって、剛毛で肌が乾燥している感じの自分にはちょっとあわないかんじ。
 そりあがりは良好、つるっとする。深剃が出来ているということ。なので肌への刺激強いのかもしれない。
 刃と刃の間への毛詰まりがあって、何らかのシェービングフォームを利用したほうが良いかなと。また、刃の劣化に伴って肌荒れもするので刃の交換時期は早い。コストパフォーマンスにはちょっと難ありかも。

Gillette Fusion5+1
 Fusion5+1。5+1が示すとおり、5枚刃+1枚刃。頭を剃る際に時として問題になるのは刃と刃の間での毛詰まり。そのあたりに問題がなければ快適な剃髪タイムを楽しむことができる。
 持った感じはM3Powerと比較して太めであるが重さは感じない。しっかりと握れるのでこの太さは適正化されたと思う。振動はM3Powerより幾分力強くなった気もする。剃り味はやさしく深剃りができるというか、結果的には綺麗に剃れているという感じがする。肌と刃の摩擦も荒くなく滑らかである。刃数が多いために、毛と刃の当たる力が分散したためなのかもしれない。ただ、毛詰まりは時として生じる。3mmくらいまで伸びた毛を剃るとなると一苦労である。これは3枚刃のM3Powerのほうが良いかもしれない。また、際剃り用の1枚刃はあまり使い物にならないのかもしれない。耳周り、鼻の下などに使ってみたがあまりよくはない。横滑りなどで怪我をしないように配慮されている所為か思うように当たらず剃れない。
 3mm以上に長くなった髪を剃るにはそれほど良さはないがそれ以下の長さの髪を剃るならば最良といえる。コストパフォーマンスではすこし疑問が残るが、剃髪にこだわりを持っている人なら、納得するのではないだろうか。

 で、しばらく使ってみたが+1のほうの刃はまったく使わない。剃り味はなかなかいいと思います。ただ、刃の価格が高いのにもかかわらず、剃り味が悪くなるまでの期間はそれほど長くない。この点はマイナス。

Gillette M3Power
 新製品、ジレットからなにやら面白そうなものが発売されるとの事。M3Powerとはどんな感じなんでしょうね。電池で振動するとか。キャンペーン中でゲームをやり、2000点以上取るとイスみたいなものの応募資格をもらえる。一応、登録と応募はしてみた。
 で、早速買って使ってみた。所感は頭の上を走るときバイブレーションは気持ちいいのだけれど、それで余計にそれているのかどうかの判断は僕には出来なかった。ただ、今まで剃りづらかった頭のちょっとした凹みにも対応できているようで全体にかなり上手くそれたことは事実。確かにね、いつもよりつるつるというかすべすべっていう感じはするんだ。深剃りに効果があるのかもしれない。バイブレーション効果と深剃り効果、買って見て試してみるのも面白いと思う。

電池の消耗具合と効果から評価するのはまだ早いかな。なんだかんだで一年近く持っている。

 でも自己流剃髪が趣味?な人には面白アイテムとしてもお薦め。
本体大きさはマッハシンスリータイプのものより2〜2.5cmくらい長い。重さはそれほど感じなかった。

HeadBlade 初めての人用セット?
海外での存在は知っていたけど日本代理店が出来た。
http://hb-japan.com/

宣伝文:社長であるTodd Greene が自らの頭を快適に剃り上げるために作り出されたヘッドブレード。従来のT字型シェーバーの柄の部分を丸く曲げ、そこに中指をはめれば手の中にジャストフィット。その手で頭を撫でるように刃先を滑らせば簡単に頭髪を剃り上げることができます。

・・・面白そうなので買ってみようかと。Tシャツも面白いかも。

と、早速注文・到着・使用。
ジレットマッハシン3に慣れた自分には少し使い勝手が悪い感じ。この機械、少し不器用なのです。それは一方方向にしか剃れないこと。握りを換えればいいのですが指を固定する部分がそれを邪魔をします。
自分の場合、後頭部が出っ張っているのですが、その部分にこの装置を使うとそこで刃が跳ねてしまい・・・久しぶり(2年ぶり?)くらいに出血しました(笑)。初心者は逆剃り方向に刃を向けないほうがいいかもしれません。
しかしながら、本体の形と剃り味は悪くありません。きれいな曲面所ではなかなかいい感じで剃れました。
初心者がはじめて使うのに勧められるか・・・。自分なりの剃髪の仕方が確立していない段階で用いて、自分に合うようだったらいいかもしれません。慢性剃頭の人向け。

これは剃頭にしている人のシンボルとなるような装置かもしれません。デザインはオブジェ的において置いても見る人が好意的興味を持ってくれると思います。
頭剃り機械とTシャツ柄本体拡大

最初へ