独逸軍艦 機関部データ集

第4章 公試成績



巡洋戦艦 モルトケSMS Moltke。黒煙濛々で公試中の状況。


4-1. 排水量・速・出力


4-1-1. 戦艦

Name D Dt Vd Vt Nd Nt Qd Qt Wm Qt/Wm
Kaiser Friedrich III 11,097 11,785 17.5 17.2 107 13,000 13,618
Kaiser Wilhelm II 17.6 108 14,132
Kaiser Wilhelm der Grosse 17.1 107 14,175
Kaiser Karl der Grosse 17.8 117 14,020
Kaiser Barbarossa 17.7 113 14,512
Wittelsbach 11,774 12,978 18.0 17.0 104 14,000 14,483
Wettin 18.1 114 15,530
Zaehringen 17.7 107 14,875
Schwaben 16.8 105 14,394
Mecklenburg 18.1 112 15,171
Braunschweig 13,208 14,394 18.0 18.7 111 16,000 17,705
Elsass 18.7 115 16,812
Hessen 18.2 109 16,486
Preussen 18.6 117 18,374
Lothringen 18.7 113 18,114
Deutschland 13,191 14,218 18.0 18.2 117 16,000 18,500
Hannover 18.6
19.1
118
122
20,000 19,620
22,492
Pommern 18.9
19.2
120
122
20,540
20,248
Schlesien 19.1 123 21,818
Schleswig-Holstein 19.2 128 23,456
Nassau 18,873 20,535 19.5 20.0 124 22,000 26,244 1,355 19.3
Westfalen 20.2 121 26,792 19.7
Rheinland 20.0 123 27,498 20.2
Posen 20.0 123 28,117 20.7
Helgoland 22,808 24,700 20.3 20.8 125 28,000 31,258 1,773 17.6
Ostfriesland 21.2 126 35,500 20.0
Thueringen 21.0 117 34,944 19.7
Oldenburg 21.3 120 34,394 19.3
Kaiser 24,724 27,000 21.0 23.4 279 28,000 55,187
Friedrich der Grosse 22.4 272 42,181
Kaiserin 22.1 268 41,533
Koenig Albert 22.1 262 39,813
Prinzregent Luidpold 20.0 21.7 272 26,000 38,751
Koenig 25,796 28,000 21.0 21.0 251 31,000 43,300 2,167 20.0
Grosser Kurfuerst 21.2 254 45,100 20.8
Markgraf 21.0 251 41,400 19.1
Kronprinz Wilhelm 21.3 256 46,200 21.3
Bayern 28,600 32,200 22.0 22.0 263 35,000 55,967 2,617 21.3
Baden 22.0 265 56,275 21.5
Scharnhorst 31,859 38,900 29.0 31.6 265 125,000 160,000 2,516
Gneisenau 30.7 160,500 45.1
Bismarck 41,700 50,900 29.0 30.1 265 138,000 150,170 4,156 36.1
Tirpitz 42,900 52,600 30.8 163,000 39.2

Name: 艦名、斜体はWW1後の建造を示す
D: 常備排水量 [t]、または基準排水量 [T]
Dt: 公試排水量 [t]、または [T]
Vd: 計画速力 [kt]
Vt: 最大速力 [kt]
Nd: 計画推進軸回転数 [rpm]
Nt: 最大推進軸回転数 [rpm]
Qd: 計画出力 [PS]、レシプロ機関は指示馬力、タービン機関は軸馬力を示す
Qt: 最大出力 [PS]、同上
Wm: 機関部重量 [t]、または [T]
Qt/Wm: 機関部重量当り最大出力 [PS/t]、または [PS/T]

<解説>
ヘルゴラント級までがレシプロ機関、カイザー級以降がタービン機関搭載です。一般的に、レシプロ機関では締切(カット・オフ)を極限まで伸ばしても、計画出力の20%増以上とすることは困難です。これに対して、タービン機関では初段のノズル開口数の増大、あるいは過負荷弁の開放による中段以降への給気により、50%増ないし100%増とすることが可能です。上表において、公試における最大出力がナッサウ級で最大28%増、ヘルゴラント級で最大27%増であるのに対し、カイザー級で最大97%増、ケーニヒ級で最大49%増、バイエルン級で最大61%増となっているのは、これを裏付けるものです。1916年5月31日のジャットランド海戦(独逸ではスカゲラック海戦と呼称)の北上戦において、シェーア本隊の先頭小隊が一時的に約23ノットを発揮し得たのは、これが主因と考えられます。

なお、竣工が第1次大戦の開戦後となったケーニヒ級からバイエルン級までの各艦の公試は、通常使用するバルト海のコースが安全でなくなり、水深の浅い(約35m)ベルト標柱間で行なわれたため、公試出力に対して最大速力が低く出ています。

機関部重量当り最大出力を見ると、バイエルン級までは22PS/t以下ですが、1935年起工のシャルンホルスト級(約45PS/T)や、1936年起工のビスマルク級(約36PS/T)ではヴァーグナー式高温高圧缶の採用によって著しく増大しているのが判ります。

ビスマルクの公試では9,300kcal/kgの重油を焚いて10/10全力(138,000PS)のとき軸馬力毎時当りの燃料消費量0.325kg/PS-hを記録しています。このときの機関(主缶+主機)全効率は21.0%ですから、第1次世界大戦直前の金剛級〜伊勢級の16%前後から5ポイント程度改善されたことになります。
前提:
 1PS-h = 635kcal
 機関全効率E = 軸馬力毎時/軸馬力毎時当り入熱 = 635/9300×0.325 = 21.0 [%]


4-1-2. 大型巡洋艦/巡洋戦艦/重巡洋艦

Name D Dt Vd Vt Nd Nt Qd Qt Wm Qt/Wm
Kaiserin Augusta 6,056 6,318 21.0 21.6 126 12,000 13,612
Victoria Louise 5,660 6,491 18.0 19.1 136 10,000 10,718
Hertha 19.0 139 10,312
Freya 18.3 130 10,397
Vineta 5,885 6,705 18.9 136 10,792
Hansa 18.7 138 10,388
Fuerst Bismarck 10,690 11,461 18.0 18.7 112 13,500 13,622
Prinz Heinrich 8,887 9,806 20.0 20.4 128 127 15,000 15,703
Prinz Adalbert 9,087 9,875 20.0 20.3 120 16,200 18,600
Friedrich Carl 20.5 20.5 115 17,000 18,541
Roon 9,533 10,266 21.0 21.1 118 19,000 20,625
Yorck 21.4 119 20,031
Scharnhorst 11,616 12,985 22.5 23.5 121 26,000 28,783
Gneisenau 23.6 126 30,396
Bluecher 15,842 17,500 24.8 25.8 126 34,000 43,866
Von der Tann 19,370 21,300 24.8 27.4
27.7
324
339
42,000 79,007
79,802
2,805 28.1
28.4
Moltke 22,979 25,400 25.5 28.4 332 52,000 85,782
Goeben 28.0 330 85,661
Seydlitz 24,988 28,550 26.5 28.1 329 67,000 89,738
Derfflinger 26,600 31,200 26.5 25.8 271 63,000 76,600
Luetzow 26,741 26.4 277 80,988
Hindenburg 26,947 31,500 27.0
28.0
26.6 290 72,000
85,000
95,777 3,472 27.5
Bluecher 14,050 18,200 32.0 320 132,000
Admiral Hipper 32.5 134,000
Prinz Eugen 14,240 18,400 32.0

Name: 艦名、斜体はWW1後の建造を示す
D: 常備排水量 [t]、または基準排水量 [T]
Dt: 公試排水量 [t]、または [T]
Vd: 計画速力 [kt]
Vt: 最大速力 [kt]
Nd: 計画推進軸回転数 [rpm]
Nt: 最大推進軸回転数 [rpm]
Qd: 計画出力 [PS]、レシプロ機関は指示馬力、タービン機関は軸馬力を示す
Qt: 最大出力 [PS]、同上
Wm: 機関部重量 [t]、または [T]
Qt/Wm: 機関部重量当り最大出力 [PS/t]、または [PS/T]

<解説>
ブリュッヒャーまでがレシプロ機関、フォン・デア・タン以降がタービン機関搭載です。公試における最大出力は、ブリュッヒャーで最大29%増であるのに対し、フォン・デア・タンで最大90%増、モルトケ級で最大65%増、ザイドリッツで最大34%増となっています。

機関部重量当り最大出力を見ると、ヒンデンブルク以前 (約28PS/t) から への増大が顕著ですが、これは主としてヴァーグナー式高温高圧缶の採用によるものです。

ザイドリッツについては、公試速力を28.1ノットでなく、29.1ノットとしている文献も有りますが、これだと排水量・出力・速力の関係が理論値と著しく乖離してしまいます。
デアフリンガー級とヒンデンブルクは、水深の浅いのが影響し、公試出力に対して最大速力が低く出ています。

いずれにしても、第1次大戦期のドイツ艦は公試において大速力発揮のため、主缶を相当無理焚きしているようで、缶の燃焼率は計画値の2倍以上(燃焼率の増大に伴い缶効率が低下して蒸発量の伸びが鈍るため)になっているものと考えられます。この時期のドイツ艦の公試写真を見ると、およそ艦種を問わず、濛々たる黒煙を吐き出しているのが判ります。


4-1-3. 小型巡洋艦/軽巡洋艦

Name D Dt Vd Vt Nd Nt Qd Qt Wm Qt/Wm
Greiff 2,050 2,266 18.0 19.1 110 5,400 5,795
Irene 4,271 5,027 18.5 18.1 113 8,000 8,223
Prinzess
Wilhhelm
18.0 102 9,732
Gefion 3,746 4,275 19.0 19.3 138 9,000 9,514
Gazelle 2,643 2,963 20.0 20.1 145 6,000 6,671
Niobe 21.5 22.1 168 8,000 8,334
Nymphe 2,659 3,082 21.2 164 8,862
Thetis 21.7 172 9,318
Ariadne 22.1 168 9,087
Amazone 2,654 3,139 21.3 165 9,018
Medusa 20.9 161 8,281
Frauenlob 2,706 3,180 21.5 160 8,854
Ancona 21.5 163 8,580
Undine 21.5 163 8,696
Bremen 3,278 3,816 22.0 23.2 144 10,000 12,100
Hamburg 23.1 147 11,582
Berlin 23.2 144 12,240
Luebeck 22.5 23.1 662 11,500 14,403
Muenchen 22.0 23.4 143 10,000 12,388
Leipzig 22.1 135 11,220
Danzig 22.8 146 12,286
Koenigsberg 3,390 3,814 23.0 24.1 144 12,000 13,918
Nuernberg 3,469 4,002 23.4 139 13,487
Stuttgart 24.0 137 13,898
Stettin 3,480 3,822 24.0 25.2 584 13,500 21,670
Dresden 3,664 4,268 24.0 25.2 594 15,000 18,880
Emden 23.5 24.1 144 13,500 16,390
Kolberg 4,362 4,915 25.5 26.3 515 515 19,000 30,400
Mainz 26.0 27.2 306 316 20,200 28,886
Coeln 26.8 307 29,036
Augsburg 25.5 26.7 540 528 19,000 31,033
Magdeburg 4,570 5,587 27.0 27.6 431 25,000 29,904
Breslau 27.5 484 33,482
Strassburg 28.2 442 33,742
Stralsund 28.2 459 35,515
Karlsruhe 4,900 6,191 27.0 28.5 444 26,000 37,885
Rostock 29.3 449 43,628
Graudentz,
Regensburg
4,912 6,382 27.0 410 26,000
Pillau,
Elbing
4,390 5,252 27.5 30,000
Wiesbaden,
Frankfurt
5,180 6,601 27.5 31,000
Brummer 4,385 5,856 28.0 28.0 366 33,000 42,797
Bremse 28.1 382 47,748
Koenigsberg 5,440 7,125 27.5 27.8 351 31,000 45,900
Karlsruhe 27.7 355 55,700
Emden 27.7 350 50,216
Nurnberg
Coeln 5,620 7,486 27.5 29.3 358 31,000 48,708
Dresden 27.8 338 49,428
Emden 5,600 6,990 29.0 29.4 295 46,500 45,900
Koenigsberg 6,650 8,130 32.0 30.1 360 328 65,000
+1,800(D)
49,600
Karlsruhe 32.2 371 68,200
Koeln 32.5 376 68,485
Leipzig 6,515 8,250 32.0 31.9 400 284 60,000
+12,400(D)
65,585
Nuernberg 6,520 8,380 31.9 291 66,000

Name: 艦名、斜体はWW1後の建造を示す
D: 常備排水量 [t]、または基準排水量 [T]
Dt: 公試排水量 [t]、または [T]
Vd: 計画速力 [kt]
Vt: 最大速力 [kt]
Nd: 計画推進軸回転数 [rpm]
Nt: 最大推進軸回転数 [rpm]
Qd: 計画出力 [PS]、レシプロ機関は指示馬力、タービン機関は軸馬力を示す
Qt: 最大出力 [PS]、同上
Wm: 機関部重量 [t]、または [T]
Qt/Wm: 機関部重量当り最大出力 [PS/t]、または [PS/T]

<解説>
全般にドイツ艦艇は、満載排水量をもって公試排水量としていたようであり、特にシュテッティン以降の第1次大戦期の軽巡洋艦は、公試において相当過負荷を掛けていたものと考えられます。


4-1-4. 駆逐艦

Name D Dt Vd Vt Nd Nt Qd Qt Wm Qt/Wm
S90-101 310 394 27.0 26.5 258 5,900
S102-107 315 406 28.0 27.5 269 5,900
G108-113 330 440 28.0 29.2 346 6,600 6,013
S114-119 315 415 27.0 28.0 298 5,900
S120-124 391 468 27.5 27.5 294 6,400
S125 355 454 28.0 27.7 786 6,600
S126-131 371 482 28.0 28.0 297 6,400 6,497
G132-136 412 544 28.0 27.3 287 7,000 6,783
G137 580 693 30.0 33.0 850 10,800
S138-149 533 684 30.0 30.3 320 11,000
V150-160 558 691 30.0 30.1 320 10,900
V161 596 687 32.0 33.0 670 14,800
V162-164 639 739 32.0 33.4 626 15,100 16,020
S165-168 665 765 32.0 33.6 753 17,500 17,700
G169-172 670 777 32.0 32.7 817 15,000 16,610
G173 700 778 32.0 31.4 648 15,000 15,820
G174-175 700 824 32.0 31.5 15,000
S176-179 566 781 32.0 32.9 727 17,600 17,840
V180-185 650 783 32.0 33.3 686 18,000 17,640
V186-191 666 775 32.0 33.5 693 18,000 18,000
G192-197 660 810 32.0 33.9 654 18,200 19,130
V1-5 569 697 32.0 32.9 729 17,000 17,109
G7-12 573 719 32.0 33.0 678 16,000 16,406
S13-24 568 695 32.5 34.0 789 15,700 15,986
V25-30 812 975 33.5 36.3 612 23,500 24,800
S31-36 802 971 33.5 34.2 680 24,000 23,516
G37-40 822 1,051 34.0 34.5 630 24,000 25,010
G41-41,
G85-95
960 1,147 33.5 32.8 573 24,000 22,800
34.2 619 26,300
V43-46 852 1,106 34.5 36.2 677 24,000 24,700
V47-48 924 1,188 33.5 34.4 579 24,000 25,200
V67-84,
V125-130
34.0 36.6 563 23,500 24,400
34.6 606 25,150
S49-52 802 1,074 34.0 36.6 669 24,000 25,015
S53-66,
S131-139
919 1,170 34.0 35.1 586 24,000 25,900
33.4 589 23,690
G96 990 1,147 32.0 24,000
S145-147 34.0 33.5 588 23,849
B97-98,
B109-112
1,374 1,843 36.5 35.5 652 40,000 36,727
36.0 37.4 730 40,700
V99-100 1,350 1,847 36.5 37.2 591 40,000 42,104
G101-104 1,116 1,734 33.5 33.7 556 28,000 29,400
B109-112 1,374 1,843 36.0 37.4 730 40,000 40,700
S113 2,060 2,415 36.0 36.9 45,000 56,000
V116 2,360 35.2 55,300
Moewe 924 1,290 33.0 32.0 23,000 22,100
Grief 33.6 521 24,829
Wolf 933 1,320 34.0 34.6 501 23,000 25,160
T1-4, T5-8 844 1,088 34.5 35.5 520 28,000 31,000
T9-10, T1-12 839 1,082
T13-21 853 1,098 29,000 32,000
T22-36 1,294 1,754 32.5 33.5 470 29,000 32,000
Z1-4 2,232 3,156 36.0 38.2 427 63,000 70,000
Z5-8 2,171 3,110
Z9-13 2,270 3,190
Z14-16 2,239 3,165
Z17-22 2,411 3,415 38.3
Z23-24 2,603 3,605 37.5
Z29-34,
Z37-42
3,597 38.5
38.2
Z25-27 2,543 3,543
Z28 2,596 3,519
Z35-36,
Z43
2,527 3,507

Name: 艦名、斜体はWW1後の建造示す
D: 常備排水量 [t]、または基準排水量 [T]
Dt: 公試排水量 [t]、または [T]
Vd: 計画速力 [kt]
Vt: 最大速力 [kt]
Nd: 計画推進軸回転数 [rpm]
Nt: 最大推進軸回転数 [rpm]
Qd: 計画出力 [PS]、レシプロ機関は指示馬力、タービン機関は軸馬力を示す
Qt: 最大出力 [PS]、同上
Wm: 機関部重量 [t]、または [T]
Qt/Wm: 機関部重量当り最大出力 [PS/t]、または [PS/T]

<解説>
表中、第1次大戦末期および第2次大戦期の駆逐艦は、十分な公試を実施する余裕が無いため、概略値を記載したものと考えられます。


最初のページ


目次