明治・大正期
日本軍艦 機関部データ集

ここでは、明治中期から大正中期までの戦利艦を除く諸艦の機関部(主缶・主機)について、同時代の外国艦、特に近縁の英国艦と対比しながら、テクニカル・データの精確な分析を行い、発達の系譜を追ってみたいと思います。
典拠は下記文献で、要目や数値は原則的に建造当初のものを示します。
 海事年鑑 帝国海事協会 1903
 軍艦機関計画一班 増補再版 海軍機関学会 1908
 軍艦機関計画一班 改訂増補3版 海軍機関学会 1918
 蒸気タービン 改訂7版 内丸最一郎 丸善 1916
 蒸気タービン 再訂21版 内丸最一郎 丸善 1943
 艦船 実用機関術 訂正第8版 二瓶壽松 丸善 1922
 帝国海軍機関史 復刻版 日本舶用機関史編集委員会 原書房 1975
 J. Sothern, The Marine Steam Turbine. USA/UK, 1915
 E. March, British Destroyers. Seeley, UK, 1966
 O. Parks, British Battleships. Seeley, UK, 1970
 Conway's All the World's Fighting Ships 1860 - 1905. Conway, UK, 1979
 Conway's All the World's Fighting Ships 1906 - 1921. Conway, UK, 1985
 R. Burt, British Battleships of World War I.. Arms and Armour, UK, 1986
 R. Burt, British Battleships 1889 - 1904. Naval Institute, USA, 1988
 A. Roberts, Battlecruisers. Chatham, UK, 1997
 D. Brown, Warrior to Dreadnought. Chatham, UK, 1997
 Zeitschrift des Vereines deutscher Ingenieure, Band 52, Nr.1, 3, 4. 1908
 「世界の艦船」各号
 平賀譲デジタルアーカイブ
 その他
なお、画像は全て当研究所の所蔵品です。

序章 度量衡



防禦巡洋艦 須磨。初期の国産艦、横須賀工廠にてメートル法により建造。


序-1. 排水量と出力の単位


序-1-1. 戦艦

Name D (T) D (tonne) Dt (T) Qd (hp) Qd (PS)
富士 12,450 12,649 12,533 13,500 -
八島 12,320
敷島 14,850 15,088 15,181 15,095 14,500 -
初瀬 15,000 15,240
朝日 15,200 15,443 15,240 15,000 -
三笠 15,140 15,362 15,120 15,000 -
香取 15,950 - 15,975 16,320 -
鹿島 16,400 - 16,486 16,385 15,600 -
薩摩 19,200 - 19,382 17,000 -
安芸 19.800 - 21,600 -
河内 20,800 - 20,823 25,000 -
攝津 21,443
扶桑 29,330 - 30,662 30,600 40,000 -
山城 30,577
伊勢 29,900 - 32,062 31,260 45,000 -
日向 31,073
長門 32,720 - 33,759 33,800 80,000 -
陸奥 33,750

Name: 艦名
D: 常備または基準排水量 [1T = 1.016t]
Dt: 公試排水量 [T]
Qd: 計画出力 [1hp = 1.014PS]、レシプロ機関は指示馬力ihp、タービン機関は軸馬力shpを示す
複数行記載は異説有りを示す

<解説>
常備または基準排水量と称していても、実際は公試排水量の代表値/平均値/概略値をもってこれに当てる場合が多いことが判ります。当HPではなるべく当初の計画値と考えられるものを採用しています。
また、典拠の一部にはメトリックトン (tonne, t) と英トン(ヤードポンド法、1T = 1.016t)、仏馬力(メートル法、PSまたはCV)と英馬力(ヤードポンド法、1hp = 1.014PS)との混同が見られますので、ここでは英トンと英馬力に統一しました。
(以下同様)


序-1-2. 装甲巡洋艦/巡洋戦艦

Name D (T) D (tonne) Dt (T) Qd (hp) Qd (PS)
浅間 9,700
9,750
9,855
-
9,714 18,000 -
常磐 9,747
出雲 9,750 9,906 9,733 14,500 -
磐手 9,750
9,800
9,906
-
9,750 14,500 -
八雲 9,646
9,695
9,800
9,850
9,695 15,500 -
吾妻 9,307
9,326
9,456
9,475
9,118 16,765 17,000
春日・日進 7,398
7,578
7,628
-
7,700
7,750
13,500 -
筑波 13,750 - 13,396 19,500 -
生駒 13,750
13,830
-
-
20,500 -
鞍馬 14,500
14,600
-
-
14,607 14,636 22,500 -
伊吹 14,850 15,088 21.600 -
金剛 26,330 - 27,580 27,500 64,000 -
比叡 27,390
榛名 27,499
霧島 27,598

Name: 艦名
D: 常備または基準排水量 [1T = 1.016t]
Dt: 公試排水量 [T]
Qd: 計画出力 [1hp = 1.014PS]、レシプロ機関は指示馬力ihp、タービン機関は軸馬力shpを示す
複数行記載は異説有りを示す


序-1-3. 防禦巡洋艦/軽巡洋艦

Name D (T) D (tonne) Dt (T) Qd (hp) Qd (PS)
和泉 2,920 2,967 5,500 -
浪速 3,650 3,709 3,619 7,000
7,500
-
7,604
千代田 2,400 2,439 2,439 5,600 5,678
松島 4,217 4,285 4,278 5,326 5,400
秋津洲 3,100 3,150 8,400 -
須磨 2,657 2,700 8,384 8,500
明石 2,756 2,800 2,942 7,890 8,000
吉野 4,150 4,216 4,225 15,500
15,600
15,750
-
15,819
15,968
高砂 4,160 4,227 15,500
15,700
15,750
-
-
-
笠置 4,900 4,978 17,000 -
千歳 4,760 4,836 4,898 15,000
15,500
-
-
新高 3,366 3,420 3,451 9,400 -
音羽 3,000 3,048 2,997 10,000 -
利根 4,100 - 4,103 15,000 -
筑摩 4,950 - 4,991 5,000 22,500 -
矢矧 4,998
平戸 4,970
天龍 3,230 - 3,530 3,500 51,000 -
龍田
球磨 5,100 - 5,499 5,500 90,000 -
長良 5,170 - 5,532 5,570 90,000 -

Name: 艦名または級名
D: 常備または基準排水量 [1T = 1.016t]
Dt: 公試排水量 [T]
Qd: 計画出力 [1hp = 1.014PS]、レシプロ機関は指示馬力ihp、タービン機関は軸馬力shpを示す
複数行記載は異説有りを示す


序-1-4. 駆逐艦

Name D (T) D (tonne) Dt (T) Qd (hp) Qd (PS)
東雲 275 279 286 5,400 -
薄雲(東雲級) 279
305 311 307 6,000 -
朧(雷級) 311
-
360
363
363
366
-
330 6,000
6,500
-
-
白雲 -
340
373
342
345
-
338 7,000 -
春雨 375 381 391 6,000 -
神風 375 381 375 6,000 -
海風 1,030 - 1,150 20,500 -
530 - 605 9,500 -
浦風 810 - 907 955 22,000 -
595 - 665 9,500 -
天津風(磯風級) 1,105 - 1,188 1,227 27,000 -
755 - 828 835 16,000 -
770 - 850 17,500 -
谷風 1,180 - 1,300 34,000 -
楡(樅級) 770 - 893 850 21,500 -
若竹 820 - 900 21,500 -
島風(峯風級) 1,215 - 1,379 1,345 38,500 -
沢風(峯風級) 1,386
灘風(峯風級) 1,358
神風(2代) 1,270 - 1,443 1,400 38,500 -

Name: 艦名または級名
D: 常備または基準排水量 [1T = 1.016t]
Dt: 公試排水量 [T]
Qd: 計画出力 [1hp = 1.014PS]、レシプロ機関は指示馬力ihp、タービン機関は軸馬力shpを示す
複数行記載は異説有りを示す


次のページ

目次