過去3回出場の実績のある「勤労1号」。エンジンのオーバーホール、車体の点検などはすでに済んでいるが、セッティングはぶっつけ本番。不安材料は、直前のテストでフレームにクラックが入ってしまったこと。溶接してはあるものの、マシンの疲労は否定できない。
これが究極のワンオフマシン、手づくりゼロハンカーの「勤労1号」だ! テスト走行 左リア部
右フロント部 リア中央部 車体左側 シフトレバーはこうしてエンジンに繋がっている。この構造はほとんどのマシンに共通。クラッチに関してはバイクのクラッチレバーをこうして流用しているマシンと、クラッチペダルをつけているマシンとがある。
エンジンを後ろから見たところ アクセル&ブレーキペダルと、ステアリングシャフト先端部 マフラーは自作

前のページに戻る  次のページに進む

backインデックスに戻る