ぺーじ2 ぺーじ3 ぺーじ4 ぺーじ5 ぺーじ6 ぺーじ7 ぺーじ8
ぺーじ9
1)がちゃんこ!
 そもそも、スピットを買う気なんてなかたんです。
2年前に買った、Mini1.3I。それが、当てられ事故で、わずか数ヶ月で全損になったこと
からコトは、はじまります。
 もちろん,大好きだったんです。そのMini。最初は、ブレーキが急に利かなくなるし、
高速走行中に、アクセル戻すと,左にハンドル取られるし。でも、出足は、バイクにも負
けないし、Mini独特なハンドリングは、それだけで、愛することが出来たんです。
 でも、どう考えても修理できそうに無いくらい、めちゃめちゃに潰れた車体は、かえって、
それほどの未練を感じることはなかったんです。さて、次を探すか、ってなぐあいです。
2)スピット発見!
 保険もほとんど100%に近いくらい出たし、さて次のMiniを...と雑誌を物色している
と、どれも、94年インジェクションは、予算オーバー!かといって、安いMiniは、安かろう
悪かろうじゃないか?と思って、(そんなことないよね)悩んでいる時に、飛び込んできた
んです。目に!「74年式スピットファイアー1500 78万円!」早速,東京のはずれから
横浜まで、足が無いので,会社の軽トラで見に行きましたよ。
 そこは、英車のかけらも無い、要は変な車屋でした。だって,スピットの横にはシティー・
カブリオレ。奥には,サニートラック,更に,黒塗りキャデラック。
 で、肝心のスピットは?と見れば、「ん?案外綺麗ジャン!」25年前の車と言う事で
心配していたんですが,とても綺麗だったんです。そこで、おやじが「それ、オールペン
したばかりだから」と,妙な笑顔で話し始める。「実はね、あの中古車雑誌,値段間違
えてんだよ。ホントは,98万なんだけどどうする?」すかさず,私は「現金で買うんだよ、
安くしてよ!」するとどうでしょう!「じゃあ、全部込み込みで、98万で良いや」だって!
 なんか胡散臭い,と思って、その日は、「じゃあ,近々ハンコ持ってまた来るよ。」
と言って,その店を後にしたんです。しかし、寝てもさめても,スピットの事が頭から離れ
ない。「こりゃ、ほれたな。」とつぶやくと、3日後には、売買成立!
 すると,店の親父が「わざわざ来てくれたから、タクシー代でもう一万引いとくよ」
なんだかなー。と思いながら、帰りは,代車(マーチ)を借りて帰ったんです。
3)スピット納車!
 それから,1週間とちょっと、いよいよ納車の日を迎えたんです。
代車のマーチで早速店につくと、すでに、アイドリング状態のスピット?「すぐ乗って帰れ」
と言わんばかりの体制?おまけに、ボディーカバーまで貰って、さあ出発!
 走り出すと,さすがに,音がでかい!振動がすごい!しかし,ちゃんと走る。さすがに、
高速のって走る気にはなれなかったけど(はじめての左ハンドルだもんね)結構な渋滞中
でも問題無くうちにたどりつきました。さあ駐車場に入れるかと思ったそのときでした...
4)バックに入らん!
ギ,ギアが,バックに入らん!「やっぱり旧い車にはこつがいるんだな」と何度かやってる
うちに、入ったんです。もちろん、ノブを,押して前に入れるのは知っていました。しかしこ
んなにはいらないのか?
 でもとにかく、手元に来た「スピット君」は見てるだけで嬉しく、そのうち、友達にもみせび
らかしたくなりました。
 そこで、山梨に、18年来友達のTR3Aに,乗っている男の所へ行きました。いやー結構
喜んでくれたんですよ。で当然、「運転させろ」と言う事になりますやねぇ。
そこでやはり、「トラのシフトは、カチカチ入るもんだよ!しかも、バックに入らないし」と言
うこと。そこで、すかさず「BRG行って、パーツとってちゃんとしたほうがいいよ」と住所をも
らい、家路に着きました。
 とにかく、納車待ちの間かっておいたHAYNESのマニュアルと現状をにらめっこです。
シフトブーツの中を比べてみると全然違う!とくに、一番下の,ブッシュ。マニュアルでは、
下半分が半球状になった、固いプラスチックなのに対し、現状は、ゴムブッシュを中に入れ
るためにカッターナイフで切ったような、いわゆる,「ゴムの塊」がつめこんであるだけという
ありさま。
 すぐ、「BRG」に電話!「あーこれ在庫有ります。明日発送します。」えー!25年前の車
のパーツが、今日の明日に届くの?って、ホントに届きましたよ!もうびっくり!
 早速、購入先の横浜の店に直行!「ハイ!コレに付け替えて!」と開口一番に私。
すると、店のオヤジ「よくあったねえ!これ探しても無かったんだよ!」私「いやー昨日頼ん
で今日着きましたよ!」と皮肉。もちろん、無料で付けさせて、早速シフトチェンジ。
「やっぱり、トラのシフトは,コウでなくっちゃ!」と、友達の受け売りを叫びながらその店を
あとにしました。(たぶんもう行かないかな)
 すいすいカチカチ、軽いシフトフィールに、嬉しさ倍増!もう何処までも走っていけそう!
そんなさなか、「スピードメーターが動いてない」のを発見してしまいました。もうひとつ、
最初から、燃料計は止まっていたので、2つめの「SMITH」がこわれました。
 「でも、すみすだから、しょうがない」とそのまま走ることにしました。
だんだん、<夏>という、やっかいなものが、近づきつつある、というそんな季節の事でした。