GSミーティングin Belgium2004レポート

0.はじまり

 ドイツに転勤し、はや3年になります。

20023月末のベルギーのGSミーティングに行って以来、

毎年参加しているこのミーティングも今年で3回目になりますが、

今年は帰国することが確定しており、今回が最後の参加になります。

 

昨年は6月の開催でしたが、今年は一昨年と同じくイースターウィークの開催。
4/9~12
4日間で、場所はAntwerpの東40kmほどのKasterleeという小さな町です。
今年の準備はリヤタイヤ交換のみ。

履いていたTKC80はまだ4分山でしたが、ケチらずに交換。

どうせまた*チュルを走るので。

*俗にツルツル滑る泥系の路面を言う

1.4/9(第1日)

 

この日は金曜日でした。イースターウィークの初日でドイツは祝日です。 

昨年のミーティングは6月で、しかも欧州は記録的な猛暑。

それに比すれば寒いのは当たり前ですが、天気もあいにくの曇り。

装備はオンロードツーリング装備とし、オフ関係のウェアは

持参することにしました。

コースは例年通り、A67A60A61とつなぎKoblenzからBonnをかすめ、

Koelnの西でA4につなぎ、Aachenの先で国境越え。

その後A2,A13とつなぎGeelの郊外で下道に降りました。

しかし寒かった。。。道中さすがに氷点下になることはありませんでしたが

目的地までの距離は約500km、延々走るとかなり冷えます。

1時間ごとに休憩し、休憩ごとに暖かいコーヒーをすすりながら走りました。

 

現地についてもやっぱり曇り。

結構寒いです。

取り急ぎテントを張りました。

周りを見回すと例年どおりたくさんのGS

中には怪しげな機体もちらほら。

これはご覧の通り、サイドカー。

これでヌタヌタ道を走るんです。

この隣のテントのおじさんは、サスの交換をしていました。

車載工具だけで出来てしまうんですね。GSってエラい。

取り急ぎオーガナイザーのテントで登録を済ませました。

この写真の左の人は一昨年のオーガナイザーのRudiの奥さん。

私を覚えていてくれました。

ビールを調達。濃いめのベルギーのビールはなかなかおいしい。

アルコール度は4%未満の物から11%のものまでいろいろありますが

ここにあるのは5~6%程度の3銘柄のみでした。

写真のPDAIOデータのCFGPS2を装備、マイクロソフトの

AutoRoute2004という地図ソフトをインストールしてあります。

カーナビほどの機能はありませんが、地図上での現在位置表示が出来ます。

問題は防水。所詮OAグッズなので、フィールド使用だと壊しそう。

で、サランラップ巻きにしました。

これは白ビール。

ドイツの白ビールとはかなり異なります。

銀河高原ビールは「ドイツの...」と謳っていますが、むしろこのベルギーの

白ビールに近いです。

これもまた別名柄。ドイツのピルスに近いですが、少々甘め。

アルコール度も4.8%と普通。

ビールの話はこのくらいにしてGSの話に戻しましょう...と思ったのですが、

この後はなし崩し的に飲み会に突入、そのまま寝てしまいました。


next