ナメクジの溶けるわけ


 ナメクジって、塩をかけると、溶けて縮んで死んじゃいますよね。 じゃあ、なぜそうなるのか、知ってますか?
 このページでは、その理由を、わかりやすく説明します。 「何だこりゃ」とお思いの方も、どうかちょっと見てってください。

ナメクジの絵です


 皆さん、「浸透圧」という言葉は知っていますか。 濃度の違う2種類以上の溶液が接しているときに、 その溶液同士の間で起きる、「同じ濃度になろうとする力」 のことです。人間で言えば、同じような条件の店が二件あれば、 ひとつの店には集中せず、自然に分散する、というところでしょうか。 ナメクジに塩をかけると縮んでしまうことの理由は、この浸透圧にあります。

 ナメクジに限らず、地球上のすべての生物は、その細胞のまわりが、 薄い「膜」で覆われています。この「膜」によって、細胞の形が保たれているわけですが、 この膜は、「水は通すけれども、塩水のような、水に何かの溶け込んだ溶液は通さない」 性質(半透性)を持っているのです。まあ、ものすごく細かい(塩水の粒より細かく、 水の粒より粗い)ろ紙のようなものだと思ってもらえばいいでしょう。 下のボタンを押せば、簡単な図を見れます(大きな粒は塩水の粒、小さな粒は水の粒です)。

 ナメクジはいつもヌルヌルしていますよね。だから、ナメクジに塩をかけると、 ナメクジの持っている水に溶けて、塩水になります。すると、最初に書いた「浸透圧」によって、 体のまわりにある塩水と、ナメクジの細胞内の水は、同じ濃度になろうとする、 つまり、混じり合おうとするのです。しかし、外の塩水は細胞の中に入れない。 するとどうなるか。そうです。細胞内にある水分が、膜を通って外へ出ていくのです。

 細胞内に水が無くなって平気なわけはないですから、その細胞は、「くしゃっ」 というふうにつぶれてしまうのです。

 このようにして、ナメクジの細胞は、まわりからどんどんつぶれていき、 小さくなって死んでしまうのです。ですから、べつにかけるのが塩でなくてもいいわけで、 砂糖などでも(たぶん)同じことが起きるはずです。どうでしょう。理解できましたか?


気にしなくても別にどうということもないことですが、こんなどうしようもないことでも、 知っていた方が得意な気分に浸れるものです。でも、あまり得意になってしゃべっていたら、 思いっきり変な目で見られるかも・・・。


戻る

Visit No. (since 2003-03-03)