ヘキサゴンレンチ表紙

ヘキサゴンレンチについて

ヘキサゴンレンチ 六角棒レンチ アーレンキー PBでは Hexkeyといいます

 ヘキサ 「6」という意味のギリシャ語です  ヘックス 六角形という意味です
 なぜこれが使われているかというと
 ドライバーでは構造上カムアウトという浮き上がり現象が発生するため、締め付けトルクに
 限度があるが、確実な締め付けトルクができるのがヘキサゴンタイプ とあります
 W124でも色々なところで使われています

トランクストッパー デスビ
トランクストッパー デスビキャップ

 トランクストッパー(4mm六角)とデスビのローター(3mm六角)です
 このぐらいなら L型六角棒レンチでも簡単に外せます

ファンカップリング ステアリング
ファンカップリング ステアリング外し

 ファンカップリング 8mmの六角 ステアリングセンターボルトは 10mmの六角
 使われています
 このような固いものには ヘキサゴンソケットでないと歯がたちません

ヘキサゴンソケット L字型六角棒
ヘキサゴンソケット L字型六角棒

 その都度買い足していった ヘキサゴンソケット
 サイズは 3mm 4mm  5mm 6mm 7mm 8mm 10mm

 色々サイズが混ざっている L字型六角棒です

ボールジョイント 拡大写真
ボールジョイント 図解写真

 ボールジョイントタイプと呼ばれるものがあります このように障害物があっても
 傾けて使えるというものです 写真のPBは30度までだそうです
 
こんなことがありました

ウオータポンプ 拡大写真
ウオーターポンプ 拡大写真

 あるときに頼まれてウオーターポンプの交換をしました(写真は別のときのものです)
 本体外すのに二箇所ヘキサゴンが使われていました これが硬いのなんのって(^^;
 L字型ヘキサゴンレンチでしかアクセスできないしパイプで延長もできません
 なんとか外しましたがこの時に 良いL字型ヘックスレンチが欲しいと思いました
 
追加です ようやっと PB BAUMANNヘキサゴンセットを購入しました

L型ヘキサゴンレンチ 拡大
L字型ヘキサゴン 拡大写真

 一大決心をしまして(笑) ワールドインポートツールへ行きました
   「World Import Tools」 のホームページです
 なぜ一大決心かというと普段は「ストレート」や「アストロ」で間に合わせています
 一流品の揃っている「ワールドインポートツール」へ行くのは稀なんです(目の毒です)

 L字型ヘキサゴンレンチなら最初から 「PB」と決めていました
 サイズ別にカラー化されたもの、ボールジョイント付き などがありますが
 一番オーソドックな ロングタイプボールジョイント無しを購入しました

 経験上傾けて使う機会はあまりないです(値段が高い!というのが一番の理由ですが)
 ちなみに 「211H−8」はロングタイプの8mmまでということです
 もう少し高いものは 「211H−10」という10mmまで揃っているものがあります
 詳しいことは上記のホームページで調べて下さい

 これで安心して ウオーターポンプの交換ができると思います
 最高速号はまだ交換していません(2004年10月現在)

 2005年11月にようやっとウオーターポンプ交換しました
 その様子はこちら  「M104ウオーターポンプ交換」 をどうぞ
 折角買ったPBのL型ヘックスキーでは歯がたちませんでした(^^;


  次はもう少し角が多い  「トルクスレンチについて」 です  


BACK     HOME     NEXT