この環境ではメニューが使用出来ないようです。m(__)m

次世代ブルーワイ ドミラー Q&A


このホームページに掲載されている記事・写真・図表・技術情報などの無断転載を禁じます。

★【DIY加工取付方法】は次世代ブルーワイドミラーが2007.05.20に公開した取付方法です。 
(他社に無断盗用、公開されていますが、現在取り止めを求め交渉中です)
★枠入れ方式は次世代ブルーワイドミラーが開発した取付け方法です、技術盗用を禁止します。
★純正ヒーターユニット移植は次世代ブルーワイドミラーが開発した取付け方法です、技術盗用を禁止します。


Q:次世代ブルーワイドミラーは色が濃いとの事ですが、見にくくなりませんか?

 A:今までのブルーワイドミラーはガラスの成分にブルーの着色材を使用してたので、色を濃くする と光の浸透率が悪くなり暗く見にくくなっていましたが、次世代ブルーワイドミラーはクリアーのガラスにブルーの成分を真空で蒸着するため色が濃くても暗くなりません


Q:800Rと680Rとではどちらがワイドに見えるのでしょうか?

 A:800Rより680Rの方が視界がワイドに広がります。


Q:以前購入した際は裏面がメッキでしたが、最近購入したのがメッキでは無いのですが、性能は同じですか?

 A:一部の車種から裏面にコーティングを1層増やしたver2”裏面のメッキの上から皮膜保護コーティング ”に変更しています。性能はまったく変りません。生産管理検品チェックの為のものです。


Q:購入の際に裏面コーティング有のver2や、裏面コーティング無のver1を指定して購入することは出来ますか?

 A:裏面コーティング有のver2や、裏面コーティング無のver1を指定して購入することは出来ません。 お使い頂く上での性能差や見た目などは変りません。

   裏面コーティングは、生産管理の検品チェックの為のものですので、性能はまったく変りません。  


Q:ミラー透過率75%以下は違反と聞いたのですが本当ですか?

 A:
国土交通省の自動車検査基準にはそのような記載はありません。陸運事務局の基準にも数値で示した基準は設定されていません。サイドミラーに関しては、「後方50mの視界を確保出来ているか」という記載です。 どうしても御不安なら所轄の陸運事務所に確認してみてください。 当方の次世代ブルーワイドミラーは陸運事務局に品物を持ち込み、検査官にチェックしていただき、問題なく車検を通ると認証して頂いています。  安心してお使いください。

全国の陸運事務局連絡先一覧 → http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/sikyoku/index.htm


Q:市販のブルーフイルムを使っていますが、その上に取付け可能でしょうか?

 A:現在使ってるフイルムがしっかり付いてるのであれば、その上から貼り付けても問題ないと思いますが、よりしっかりと付けたい場合は剥がしてからの取付けをお勧めします。


Q:純正のブルーミラーですが、次世代ブルーワイドミラーに交換することによるメリットはあり ますか?

 A:
まず第一に考えられるのが 視界の広がりです・・・・純正は1000R〜1200Rのミラーです。湾曲率を600Rにすることによって確実に視界が広がります。
   第二に色合いです・・・・純正ミラーは製造コストに制限があるので、ただの着色ガラスです。 
   次世代ブルーワイドミラーは蒸着方式なのできれいなブルーで見やすく、おしゃれにドレスアップできます。


Q:自分で撥水加工、親水加工は可能ですか?

 A:市販の撥水材、親水材の説明書をご確認ください。 ブルーワイドミラーには使用不可になってると思います。    

一般に売られている商品は塗りこみ式のため、蒸着面への侵食が考えられます。ご自分で施工された場合のクレームはお受けできません。
こちらで、社外市販製品(撥水剤、親水剤)との対応確認は行っていません。  


Q:撥水効果、 親水効果はありますか?

 A:商品自体には撥水効果、 親水効果はありません。 別途【撥水加工】を承っています。(1台分1000円)

解説:当方の撥水加工は製作段階で真空釜に次世代ブルーワイドミラーを入れた状態で、撥水成分の蒸着を行うモノです。 特徴としてミラー全面に均一皮膜を形成できます。  その為、ブルーの皮膜を犯すことなく撥水加工を行えます。(2種類の撥水成分を蒸着させ、耐久性と持続性を確保しています)  撥水加工品の使用方法は基本的には、ノーメンテです。

一般に売られている商品は塗りこみ式のため、蒸着面への侵食が考えられます。ご自分で施工された場合のクレームはお受けできません。
こちらで、社外市販製品(撥水剤、親水剤)との対応確認は行っていません。  


Q:撥水加工を施工した場合、どのくらいの期間撥水していますか?

 A:メーカーの公表では1年以上(JISの耐久試験にて実証済み)持続します。通常使用では1年以上は問題なく撥水されています。

使用環境、使用状況にもよりますので期間を保証するものではありません。


Q:オークションで購入しても撥水加工の施工は可能ですか?

 A:可能です。落札後に撥水加工の有り無しを選択可能です。


Q:純正の超音波ミラー機能は使えますか?

 A:はい、問題なく使用できます。 

解説:超音波ミラーは撥水加工との相性がいいです。 


Q:純正のミラーヒーター機能は使えますか?

 A:はい、使用できます。 

解説:ミラーヒーターは次世代ブルーワイドミラーに熱が伝わるまでの時間にタイムラグがありますが問題なく使用できます。
    純正ヒーターユニットを移植する方法も公開しています。 サポート外になりますが取付けの参考にしてください。
    (http://nextstage.ehoh.net/torituke/newpage1.htm


Q:取付けは両面テープだけですか?取付けは簡単ですか?

 A:はい簡単に取り付けできます。次世代ブルーワイドミラーの裏面に貼ってある両面テープの剥離紙を剥がしてもらって純正ミラーの上に位置を合わせて貼ってもらうだけです。  安価なフイルム製品のように、シワに気をつけながら・・・水で濡らしてハケで気泡を押し出しながら・・・などという面倒な工程もありません。女性にも簡単に作業できています。


Q:キレイに確実に取付ける方法はありますか?

 A:@まず重要なのは、仮合わせです。両面テープの剥離紙を剥がさずに、どの位置に貼り付ければ良いか確認してください。位置がずれてしまうと両面テープの接着面が少なくなりますので、位置の仮合わせは必ず行なってください。
A次は脱脂です。汚れ、油分などがあると接着が弱まり、最悪の場合、ミラーが落下する事もありますので、純正ミラー鏡面部をしっかりクリーニングしてください。(特に純正ミラーに撥水剤、浸水剤等の表面処理を行っている場合は確実に取り除いてください)

いろいろ書いてますが、取付け自体は両面テープで貼るだけですので簡単です。ご安心ください。


Q:貼り付け前の下処理の方法を詳しく教えてください。

 A:強力な両面テープを使用していますが、貼り付けるミラーに油分、シリコン成分等が残っていると、どんな強力両面テープでも貼れません。 油膜取りやアルコール、等でしっかり脱脂してください。 シリコン成分を含むガラスクリーナーで下処理した場合は脱脂になりません、ご注意ください。

★詳しくわからない方は、カー用品店で販売している「シリコンオフ」で下処理する方法がお勧めです。(商品の説明書に従いしっかり脱脂してください) 


Q:両面テープ だけで取付けは大丈夫ですか?

 A:上記の通り、 強力な両面テープを使用していますので、完全硬化後は問題なく走行できます。


Q:一度貼った 次世代ブルーワイドミラーを剥がすことは可能ですか?

 A:強力な両面テープを使用していますので、完全に密着後は無理だと思います。  


Q:標準で付属している両面テープで、仮合わせの時点でガタガタして接しない部分がある場合はどうすれば良いですか?

 A:基本的に、メーカーが公表している標準タイプの純正ミラーに取付ける設計になっていますが、グレードや左ハンドル、右ハンドル、オプション等の違いにより湾曲率が異なり、両面テープが接しない部分がでる場合があります。 接してない部分の両面テープに市販の両面テープ等を重ね貼りして高さを調整して頂き現物合わせで調整して下さい。
(重ね貼りする場合はミラー下部分のほうに貼ることで装着後の見栄えが良くなります)  


Q:運送中に破損した場合は、すぐに代替品を発送してくれるんですか?

 A:保険の入金を待たずに、 代替品を発送手配いたします。 (保険申請、審査の日数は必要です)

面倒な保険手続き(書類記入、破損現品の返却手配、申請等)はこちらでを行います。破損の場合は梱包を開けた時点でご連絡ください。 
お客様は引き取りに来た保険調査員に品物を渡して頂くだけでOKです。


解説: ゆうぱっく発送のみ対応。他の運送会社を指定した場合は、保険処理終了後の発送になります。
    運送中に片側が破損していた場合でも、絶対に使用しないで連絡下さい。 使用すると保険適合外になります。  


Q:一部は枠入方式ですが、他の車種でも枠入れは可能ですか?

 A:湾曲率の問題や枠形状の問題などもあり、一部の車種のみになっています。枠入れの商品には適合表にのマークがあります。

解説:縦横の比率、湾曲率の比率、枠の形状等を考慮して枠入れ可能車種を決定しています。 


Q:湾曲率500R等での製作は可能ですか?

 A:車検に通る湾曲率は600Rまでになります。 車検対応製品の製作のため、限界湾曲率の600Rでの製作になります。


Q:適合車種に無い車種の製作は可能ですか?

 A:型紙をお客様に製作して頂くようになりますが、製作可能です。 

 特注製作依頼はこちらから→ ←クリックしてメールを送ってください。

解説:ワイドな視界で好評の【湾曲率600R】での特注製作です。 クリアーブルーで好評の次世代ブルーワイドミラー、是非お試しください。
    お気軽にご相談ください。   純正ミラーの大きさにより価格(19800円〜)は異なります。  形状により製作できない場合もあります。


Q:次世代ブルーワイドミラーと他のメーカー等で販売されているブルーワイドミラーは同じ商品ですか?

 A:他メーカーの商品と、次世代ブルーワイドミラーは違います。名前を似せて価格を同じように設定している類似品もありますのでご注意ください。

   
■POINT■ 次世代ブルーワイドミラーは”裏面鏡”です。純正ミラーも”裏面鏡”です。  純正ミラーと同製法で製作しています。

解説:湾曲率(ワイドに見える比率)やブルーの色合い(画像を加工処理されている場合もあります)などしっかり確認してください。
    当方は商品に自信があるため、ユーザーから頂いた画像や感想を記載しています。 使用ユーザーのホームページへのリンクもしています。
    
    いろいろなメーカーからブルーワイドミラーが販売されていると思いますが、鏡には”表面鏡”と”裏面鏡”があります。
    国産車の純正ミラーは”裏面鏡”です。 もちろん、次世代ブルーワイドミラーも”裏面鏡”です。  購入する際に必ず確認してみてください。


Q:取り扱い説明書はありますか?

 A:商品には同梱されていません。 商品発送の際に、取扱説明書のリンクをお知らせしますので、そちらでご確認下さい。  
   撥水加工を選択した場合は撥水加工の説明書は同梱されます。


Q:もう少し安くなりますか?

 A:
工場直売、人件費削減、広告費削減、webでの取扱説明書の公開・・・等できる限りの努力しています。 現在はホームページでの広告、利用者のクチコミで宣伝してもらってる状態で、利幅も少なく設定しています。 一度使って頂ければ価格に納得して頂けるように、材料、ブルー蒸着にコストをかけています。  いい商品を作っていけば、必ず利用者が宣伝してくれると信じて高品質を最優先で製作しています。 使っていただければ、必ず納得していただける価格だと思いますので、よろしくお願いします。