直リンク厳禁です

伊勢崎

昭和51年10月8日 開場 
舗装路 500m 幅員30m 曲率半径52m

大井オートレースが48年3月で廃止されたが、その直後から群馬県榛名郡榛名町が、
まずオートレース誘致に動き出し、次いで同年7月伊勢崎市も誘致に名乗りを上げた。

そこで群馬県が調整した結果、伊勢崎市に軍配があがったのである。
48年11月、伊勢崎市臨時市議会においてオートレース誘致を議決し、

49年10月オートレース誘致に関する公聴会で賛成が得られ、
50年10月6日近代施設が備った伊勢崎オートレース場が完成し、その落成式が盛大に挙行され、
3日後の10月に華々しくオープンした。
大井レース場の閉鎖から3年半にして移転が実現した事は異例のハイスピードであった。


竣工式

開場

開場初レース

レース風景

初のナイター

伊勢崎は全くの更地に理想的なレース場を建設したわけであり、
群馬県を中心に埼玉 栃木の3県200万人以上の周辺住民を擁し成功間違いなしと見られていた。

特に投票システムの機械化を建設当初から採用したのはオートレース界では最初の快挙であった。
また交通対策としてレース場前の駒形バイパス2車線を4車線に完成するなどレース場周辺の混雑緩和に努めた

さらに大井競馬ナイターの成功により昭和63年に伊勢崎市はナイターレースの構想を打ち出した。
数々の照明、騒音テストを重ね平成元年6月にナイターオートは開催された。
ナイターの成功は ビギナーファン増加 入場者数増加により大成功を収めたのである。

ぶっちぎりの青春 表紙へ
オートレース歴史館へ