--- YAMAHA DT230-LANZA について ---

’94型SEROWをレース仕様にしていた間、通勤の足代わりにヨシから LANZAを借りて乗ったのが発端で自分もLANZA購入を決意。
2ストのくせに車高が低くおまけにセル付きでどこでも楽に走れる。しかしサスストロークを犠牲にした為ジャンプは苦手らしいが、そんな事は しない(出来ない?)のでどうでもいい。
でもDT−200WRと比べると明らかにデチューンっぽいサスは気になる。 マシンの方向性が変わったからだとか色んな説が囁かれるが排気量が30cc もアップしたのにとガッカリしたライダーも多いと聞く。
しかしどこでも気軽に乗れるところはすごく気に入っているし既に一緒に空も 翔んだ仲だ(?)現在唯一の愛車として通勤や林道ツーリングの相方として活躍している。



−−− YAMAHA DT−230 LANZA SPEC.−−−
ENGINE
4TP/4TP(2-Stroke)
DIMENSION
2140(D)/800(W)/1200(H)mm
WEIGHT
114(DRY)/130(WET)kg
TYRE SIZE
3.00-21 51P(F)/4.60-18 63P(R)
MODEL
1997
COLOR
BLUE/WHITE

−−− REMODELING PARTS −−−
ACERBIS
BUSH GUARD(BLUE)
HARDY
ALUMINUM HANDLE−PRO(BLUE)
RC−ENGINEERING
SUS CLUTCHES CABLE(BLUE)


↓ ↓ ↓ 「STREET X LINE」 Ver.↓ ↓ ↓
2007.10.21



バイクアルバムへ

Darkside-Area(blog版)へ戻る