CRM50-4号改造記-
ディンプルドインテークマニホールド


馬力計測トップへ

ディンプルドインテークマニホールド
 以前からネット上で多孔プレートなるものが取り上げられております。
2ストロークの弱点でもある“燃料気化”の悪さを改善するパーツで、
これを装着すると低速トルクが向上し、燃費もアップするそうです。

 原理としては、吸気に対して平行に装着したパンチング板が、
吸気に対して乱流を起こし、その乱流が燃料気化を促進するというものです。
(他にも、クランクケースからの吹き返しを受け止める効果が期待できるそうです。)

 しかしながら、吸気に対し多少の抵抗となるため、
高回転領域での流量低下が起こらないか不安もありました。

 そこで私が単なる思いつきで試したのが、
「ディンプルドインテークマニホールド」というものです。

<原理>

ゴルフボールの表面にある凹みをディンプルと呼ぶそうですが、
この凹みは

1ゴルフボール表面に微小な乱流を起こす。
2乱流がボールにまとわり付く空気の層流を消す。(注)
3この結果、空気抵抗を低下させる。

という機能を持つそうです。

注:正確に言うと、物体表面の層流を乱流に変えることで、
境界層剥離という抵抗増加現象を防止し、抵抗を減少します。
乱流境界層は、層流境界層に比べて境界層剥離が起こりにくいそうです。

 乱流を起こしつつ、空気抵抗を減らす。コレは期待できそうです。

<材料、方法>

CRM50インテークマニホールド
ラウンドバー(スチールバー)丸、直径3mm程度
電気ドリル

早速、CRM50-4号のインマニを外し、ラウンドバーで凹みをほりました。


写真が非常に見づらいので、そのうち撮り直します
ちなみにインマニはアルミ製。柔らかいため、非常に削りやすいです。

<結果>

 装着後、明らかに低速トルクがアップしました。
アクセルをちょっと開けただけで、
今まででは考えられなかったようなトルク感が感じられます。

ところが、グラフにしてみてちょっとがっかり。
低速は多少良くなっているのですが、高回転はむしろ悪化してます。

  (緑:装着後)  (赤:初期化)

  左:馬力   右:トルク

計測した日が違うとはいえ、天候はほぼ同条件でしたし、計測場所も同じです。
皆さん、いかがなものでしょうか?

 しかし、トルクのグラフを見て、ちょっと感動しました。
低回転でのトルクが20〜30%増し、しかも、5000rpmの谷も解消されています。
(さらに、最大トルクも多少上乗せされました。)

<考察、結論>

 今回は思いつきの作業だったせいで、
ディンプルはほぼゴルフボールと同サイズ、深さは多少深い位と、
ある意味適当なサイズで開けてしまいました。
しかしながら、インマニの流速はゴルフボールの飛ぶ速度と明らかに異なります。(注)
ディンプルを、吸気速度に対して適切なサイズ、深さで開ければ、
高回転でのトルク低下も防げるのではないでしょうか?

このあたりは試行錯誤で詰めていくしかないのでしょう。

注:ゴルフボールの初速はプロでおよそ70m/sと言われます。
CRM50の場合、吸気速度は単純計算で約10〜30m/s程度と思われます。
また、吸気は気圧も多少低下しております。

<参考文献、謝辞>

 多孔プレートはいろいろなページで取り上げられていますが、
私は hime様のページや、もとあき様のページを参考にしました。


前(初期化)へ       改造記 目次へ       次(ノロジー)へ
 

目次

馬力計測トップへ

管理人へのメール

micrmjp@yahoo.co.jp



このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ