オフ会の記録


馬力計測トップへ


  03.11.16に某所で行った第一回馬力計測オフ会の計測結果です

CRM系が7台、ほか、ミッション車等あわせて15台を計測しました。
様々な御協力を頂いた皆様、感謝しております。 
参加者のパワーカーブのなかで、了解を得られたものを掲載します。


NS-1




NS-1勢は一台ずつ異なるパワーカーブを示しました。
チューンの方向性の違い等もあるのでしょうか?

直キャブ+ファンネル仕様のmeetul様、
セッティングが決まってないとの事でしたが、なかなかの成績です。
実はもう一台、9馬力以上を記録したNS-1がいたのですが、
ノイズが多くて、まだグラフになってません


RZ-50,TZR50R




ヤマハ勢はそろって8馬力前後を示しました。新旧RZ対決が見られましたが、
旧RZはストイックな高回転型、整備も行き届いた綺麗なバイクで、実力もなかなかの物でした。
一方新型RZはまだセッティングが出ていないとのこと。でも、パワーは十分出てました。

ところで、13000回転でなお伸びるとは、TZR恐るべし…
CRM等のオフ車と比べると、高回転指向なのが分かります。


CRM50




次いでCRM50の3連発です。

K.K君のCRMとMic(私)のCRMでは共に6.5馬力前後の結果でしたが、
高回転の伸びが多少違いました。
K.K君のCRMはノーマルCDI+リミッタ−カット、Mic(私)のCRMはNSRエンジン+車外CDI、
その辺りの違いが高回転での伸びの差になったのではないでしょうか?

番外のMic(私)CRM50−4号は何かが原因でパワーダウン、
キャブとエアクリの掃除はしたのですが直りません…
最高速はおよそ20km/hダウン。加速では4stスクーターといい勝負です。

CRM80





最後はCRM80です。

な〜ま様は馬力計測について色々なアドバイスを頂いた、この企画の恩人のような方です。
前期型CRM80に対し、様々な自作電気系チューン、自作吸排気系チューンをしております。
自作とはいえ、確かな技術と正確な知識はもはやプロ!
高回転での出力と伸びはチャンバー装着のM様の後期型CRMに
一歩も引かない結果を出しておりました。

一方で、チャンバー装着のM様のCRM80ですが、
中低速での出力はな〜ま様のCRM80より1〜2馬力ほど上回っております。
この辺りは社外チャンバーのコンセプトが悪路での使い勝手を重視しているからではないでしょうか?


このような感じで測定できました。
今後は許可を頂けた方を追加していく予定です。
あと、マシンの写真なども併せて載せれたらと思ってます。

我こそはと思う方、次回の馬力計測オフ会にぜひチャレンジしてください。
参加、計測してみたい、計測に興味があるという方、
掲示板に書き込み、ないしは管理人へメールお願いします。


愛車紹介へ戻る     

目次

馬力計測トップへ

管理人へのメール

micrmjp@yahoo.co.jp



このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ