愛車紹介-CRM250-3回目


馬力計測トップへ

ハンドルネーム:もとあき様 (3回目)
ページ:MOTOAKI'S ROOM  

CRM250

もとあき様のCRM250です。

12月、1月に引き続き、3回目の計測です。
初回は低速重視設定で、怒涛のトルクと35馬力の出力、
2回目はトルクの谷を解消して36馬力の出力と、
順調にセッティングを進めております。

今回はインシュレーターの交換、プラグの改造など、
さらなる高回転の出力向上を狙ったセッティングで計測しました。

さて、気になる馬力ですが、

CRM250の馬力
青:馬力  赤:トルク

約38馬力、順調に伸びております。
前回までとの比較です。
CRM250の馬力
青:今回  緑:前回  赤:初回
今回も、前回以上に高回転の伸びがアップしました。
前回同様、MOTOAKIマジックですね〜。

<今回のチューンのポイント>
今回は、高回転での吸気向上のため、
インシュレーターを交換されたそうです。
これにより高回転での吸気抵抗が減少し、
高回転の伸びが生まれたようです。

もう一つのポイントは、プラグの接地極の改造です。
プラグの接地極は火花を生み出す重要なパーツですが、
これ自体が火花の伝達を妨げる要因になってしまっているようです。
メーカーも様々な対策を行い、燃焼を妨げない接地極形状を追及しておりますが、
一般のプラグの形状は、着火性、耐久性、コストの全てを一定水準で満たす、
複雑な方程式の解、すなわち一つの完成形だそうです。

これに対して、もとあき様の出した別解がこれです。

CRM250の改造プラグ
接地極を削合して、火花の伝播のための窓を作成しました。

多少の耐久性の低下のリスクを、日頃のメンテでカバーすることと引き換えに、
理想的な燃焼に一歩近づける事が可能になったそうです。
ヘッドの燃焼カーボンの蓄積を基に、今後燃焼の検証を行っていくそうです。
今後とも情報を期待しております。

  前(CRM250)へ      愛車紹介へ      次(D-Tracker)へ

目次

馬力計測トップへ

管理人へのメール

micrmjp@yahoo.co.jp



このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ