愛車紹介-GB400TTの馬力


馬力計測トップへ




ハンドルネーム:たち様
ページ:GB400TTとRCのページ  

GB400TT
たち様のGB400TTです。
男山様(GB250 CLUBMAN)共々ご参加いただいたのですが、
別格の性能を見せていただけました。

さて、気になる馬力ですが

本人希望により非公開

青:馬力   赤:トルク

何と、およそ××馬力!
一体どんないじりをされていらっしゃるのでしょうか?

<チューンのポイント>
GB400TT

まず、エンジン自体が別物です!
XR600RヘッドとHRCのXR630キットのカム
JEのピストンによりボアアップ済みです

給排気系も見直しされており、
XLR/XR250R用 FCR35Φ
オイルクーラー(サーク製4.5inch10段)
手曲げのステンレスワンオフエキパイ+ヨシムラマフラーのサイレンサー
等々が装着されております。

チューンのポイントはパワー追及のみではありません。
車体関係もかなり手が入ってます。
特に、純正の弱点ともいえるパーツは、ことごとく手が入ってます

リアサスはオーリンズサス
スイングアームベアリングのニードルベアリング化
フロントサスのイニシャルアジャスター装着
サンセイハンドル
ドライカーボン製フロントスタビライザー
ステアリングステムベアリングのテーパーベアリング化
フロントCP3369キャリパー
RK EXCELのリム F:2.15 R:3.00
アルミフロントフェンダー
カーボンチェーンケース
エアロバイザー

等々、もうノーマルはフレームとクランクケースのみでは?
というほどのチューンです。
GB400TTと呼んで良いものやら
別の車名が必要なのではないでしょうか?

羨ましいのは数々のカーボンパーツです。
ここまで自由にカーボンを扱えるのを見ると、技術力の差を感じてしまいます
たち様のGBがこのステージに至るまでには、いろいろな経験があったようです。
その辺りはたち様のページGB400TTとRCのページ へ





  前(GB250 CLUBMAN)へ      愛車紹介へ      次(KDX200)へ

目次

馬力計測トップへ

管理人へのメール

micrmjp@yahoo.co.jp



このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ