馬力考察−馬力とトルクの関係−トルクとは?


馬力計測トップへ

 馬力とトルクの関係−トルクとは?

馬力とトルクには、密接な関係があります。
トルク(kgm)に回転数(rpm)を掛けて、
さらに0.001396という係数を掛けると馬力が出ます。

馬力=トルク×回転数×0.001396

この関係式を見てもわかるように、トルクも馬力もある意味似たようなものです
では、なぜ2つの指標が必要なのでしょうか?


<トルクについて>

ちなみに、バイクのエンジンが発生するトルクは、
ネジを緩める力より弱い事を知っていますか?
CRM50のトルクは0.6kgmです。
これでは6Mのネジ(10ミリのレンチで回すネジ)すら
緩められません。

ところが、実際のバイクの力は凄まじいです。
原付でも、80kg+体重を乗せてぐいぐいと加速していきます。
なぜこんなことが可能なのでしょうか?

 トルクとは、単なる回す力です。専門用語では、ねじりモーメントと言います
力はギアやテコなどを用いて増幅が可能です。
バイクは、クランクに発生する小さな力をギアを使って増幅しているのです。

CRM50の場合、トルクは、
まずギアで4.1倍に増幅され、
次いで、ミッションで2.75倍に増幅されます。
最後にチェーンの部分で2.9倍に増幅され、計約33倍に増幅されます。
その力は最後にタイヤによってテコの原理で4倍に増幅され、
最終的に133倍の力に増幅されているのです。
この結果、0.6kgmのトルクは、最終的には80kg重の力にまで増幅されます。

 ところが、得るものがあれば失うものがあるのが道理。
この場合、何が失われているのでしょうか。それはスピードです。
細かい計算は省略しますが、結果として、スピードは133分の1まで減っています。

スピードを失うと、力は強くなる。
スピードを上げると、力は小さくなる。
しかし、元は同じ大きさ…。
つまり、スピードと力を両方考慮した指標があると便利だと思いませんか?
その指標が馬力です。
馬力はトルクとは似て非なるものなのです。

次へ続く。





前(グラフの読み取り)へ      トップ目次へ      次(馬力とは)へ 

目次

馬力計測トップへ

管理人へのメール

micrmjp@yahoo.co.jp



このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ