新型MacBook 

新型MacBook
いままでWindowsばかりでしたが、MacBookがモデルチェンジを機にノートブックをMacにしました。
OSがWindowsからMacOSXに変わるんですが、一応VISTAも入れる計画なので問題は無いと思います。
しかしどうせならMacOSX Leopardを使える様にしたいですね。
FusionでVISTAを仮想PCに
Leopardの新しい機能でBootCampがありますが、それを使ってWindows VISTAをインストールしてさらにLeopard上で仮想ソフトFusionを使ってBootCamp上のVISTAを立ち上げてみました。
メモリーが標準の2GBなので仮想に1GB割り当てるようになるのですが、VISTAは1GBじゃ仮想PCということもあって重いです。
いずれはメモリーを4GBに交換して(標準は1GB*2なので)もうすこし多めにメモリーを割り当てようとは思ってます。
デュアルディスプレイで26インチモニターに接続
MiniDisplay Port Adapterを使って26インチもディスプレイに繋いでみました。
搭載ディスプレイの約4倍の作業領域になるのでとても使いやすいです。
DVDを再生しながらインターネットをするなんてことが画面切り替え無しで出来ます。
APPLE製 Time Capsule 1TB
SnowLeopardを導入前にTime Machineでバックアップ用にAPPLE純正のネットワークHDDのTime Capsuleを購入しました。アップルストアで整備済品が安く出ていたので思わずポチッちゃいました。
Time Machineはとても便利です。Snow Leopardを導入後に何度かリカバリーをしましたが、Time Machineのおかげで完全復旧できました。
さらにWindowsPCとの共有用のHDDとして使用してます。
MacOSX10.6 Snow Leopard
MacOSX10.5 LeopardからMacOSX10.6 Snow Leopardにアップグレードしました。
目玉は64ビット化にあるようですが、MacBookでは32ビットでしか立ち上がりません。
導入後はSafariをはじめアプリの起動は早くなりました。
ただアプリの異常終了が多く不安定なのが気になります。
APPLE Mightu Mouse
APPLE純正のワイヤレスMighty Mouseです。
見てのとおり本当にねずみのようなデザインでかわいいですね。
ワイヤレスですのでしっぽが邪魔にならなくていいです。
ただスクロールボールは使っているうちに動かなくなるようです。
定価8800円
購入金額5000円
Apple Keyboard(テンキーつき)
MacBookをデスクトップ的に使うにはやっぱり外付けのキーボードが必要です。
本当はワイヤレスのApple Keyboardが欲しかったのですが、金額的に厳しかったので中古でUSBのApple Keyboardにしました。
数字を多用するシーンではテンキーが役に立ちますが、普段は無しでも十分でした。
中古ですので多少の傷はと思ってましたが、あまりの傷の多さに・・・買い換えたい。
Magic Mouse
APPLEの新製品Magic Mouseを購入しました。
今まで使っていたMighty Mouseと違ってスクロールボールがありません。
上面がパッドになっていて指の操作でスクロールや拡大、縮小などの操作ができます。
ワイヤレスになってますのでもちろんどこでも使えるので置き場所に悩まないところもいいですね。
Mac mini 2.26GHz 2GB 160GB
Mac miniの廉価版ではありますが、性能的には十分高性能です。
MacBookにはFireWireが付いてなかったのですが、このMac miniは付いてますのでiMoveでHDVビデオの編集が出来ます。
CDジャケットより一回り大きい程度ですのでモニターの後ろに隠せるので置き場に困りません。

モニターの出力が2系統あるのでデュアルディスプレイが出来ます。Mini−DVIとMini DisplayPortが搭載されてます。
デュアルディスプレイの時Mini−DVI がメイン画面になります。

Mac mini G4 1.33GHz
下が現行Mac mini(Core2Duo 2GHz) 上がG4 Mac miniです。
中古で仕入れました。
1.33GHz、512MB、40GBで性能的にはCore2DuoのMac miniに遠くい及びませんが、通常の使用では不自由は感じません。
AirMac&Bluetoothは非搭載ですのでUSBアダプターで対応済み。


戻る