◆オービスじゃないヤツら◆

◆TOP  ◆前へ  ◆次へ

◆道路には、オービスに似たような、色んな機械が付いています。

◆これらはどれも、今の所、速度取締りには使われていません!


◆Nシステム◆  (赤外線自動車ナンバー自動読取装置)

一番オービスと間違えやすいのがこれ。
盗難車両や手配中の車両の捜査に、使用されているようです。

全ての車のナンバーを撮影しているため、通過すると大抵赤くポッと光ります。

※いずれ速度取締りに使う…と何年も言われていますが、当分その気配はなさそうです。

 
↑↑よく見かける、4連タイプのもの。明らかにオービスではありません。

 
↑↑3連式。これもオービスとの見分けは簡単です。

 
↑↑2連式でLHと非常にそっくりな、やっかいなタイプ。 パトランプがないので、それで判断。

 
↑↑2連式。 3×4の格子タイプ。 三角屋根は雪対策。(オービスにもあります。)

 
↑↑2連式。 3×5の格子タイプ。

 
↑↑2連式…の、かなり旧式。あまり見かけません。

 
↑↑2連式で、左が2ツ目のタイプ。

 
↑↑2連式。 上の左右逆のタイプ。

 
↑↑最近見かける新型。前後とも撮影可能なタイプらしい。

まだまだ形の違うものが多くあります。撮影でき次第、掲載します。

◆Tシステム◆  (旅行時間計測システム)

『ある区間を通過するのにどれくらいかかるか』を調べている機械。

カメラ付きのタイプはナンバーを撮影し、その車の区間通過時間を測定していますが、
今は速度取締りには使われていません。

渋滞情報や、 「●●まで何分」などの表示に利用されています。

カメラがある物は、通過すると赤く光るものもありますが、
ずっと赤く光りっぱなし の物も多いです。

 
↑↑多く見かけるタイプ。画像の物は、常に赤く光ってます。

 
↑↑変わり種?Nとの複合っぽいですが未確認。左のは裏からのものです。

 
↑↑これもTシステムの一種。コンパクトにまとめられています。

 
↑↑これもTシステムの一種。カメラはありません。

 
↑↑このシャワーみたいなのも、Tシステムの一種。よく見かけます。

◆過積載監視システム◆

名前の通り、トレーラーなどの過積載を取り締まってる機械。
2〜4個のゲートがある のが特徴。

更に、路面に重量測定の機器が付けてあるので、通るとガタガタします。

カメラが赤く光って見えることも多いですが、普通車には全く無関係 な機械です。

 

◆監視カメラ◆

道路の高い所の、あちこちに設置されているカメラ。

様々な監視に使われていますが、通常、速度取締りには使われていません。

但し、ローリング族 など 意図的に暴走行為を繰り返した場合、
検挙の証拠 にされることはあります。

 

◆TOP  ◆前へ  ◆次へ