消防艇

消防艇とは、消火用のポンプと油火災用に泡消火剤、放水砲などを装備した車両で、船舶火災、沿岸火災、油流出事故、水難事故などで活躍します。水難事故用の小回りの利くモーターボートを利用した救助艇、指揮艇などもあります。

川崎市消防局

第4川崎丸 総トン数:37t エンジン:いすゞ V170T×2(440PS×2) 消防ポンプ:単段ボリュート×2(1MPa×11,400L/min×2) 放水砲:6,000型2門、3000型2門、4000型1門 吐水口:65mm×12 泡原液槽:3,000L 製作:1979年  

第5川崎丸 総トン数:36t エンジン:GM 8V-92AT×3(720PS×3) 消防ポンプ:単段ボリュート×2(1MPa×11,000L/min×2) 放水砲:3000型2門、5000型3門 吐水口:65mm×12 泡原液槽:4,000L 製作:1990年

日立市消防本部

ひたち 総トン数:31t エンジン:GM 8V-92TA×2(600PS×2) 消防ポンプ:単段渦巻式×1(10,000L/min×1) 放水砲:5000型伸縮式1門(リモコン式)、5000型2門(リモコン式)、3000型2門(リモコン式) 吐水口:75mm×5、65mm×12 泡原液槽:1,750L×2 製作:1991年

倉敷市消防局

みずしま 総トン数:35t エンジン:日デ RE10TA06×2(500PS×2) 消防ポンプ:横形単段渦巻式×2(1.5MPa×10,000L/min×2) 放水砲:5000型電動式1門、5000型2門、3000型2門 吐水口:65mm×12 泡原液槽:4,000L 製作:1986年

広島市消防局

ひろしま 総トン数:55.63t エンジン:カミンズ VT12-800M×2(749PS×2) 消防ポンプ:多段ボリュート×2(1.45MPa×16,000L/min) 放水砲:4500型(リモコン式)2門、3000型1門 吐水口:65mm×12 泡原液槽:3,000L 製作:1979年

鹿島南部地区消防事務組合消防本部

 

かみす  総トン数:68t 主エンジン:MTU 12V396TE84(1,750PS×2) 消防ポンプ:単段ボリュート型(1.3Mpa×15,000L/min) 放水砲(リモコン式):7000型1門、5000型2門、3000型2門 吐水口:65mm×8、75mm×8 泡原液槽:9,000L 製作:アイ・エス・ビー

市川市消防局

ちどり  総トン数:19t 主エンジン:日産RE10TA(82PS×2) 消防ポンプ:渦巻き型(1.3Mpa×5,000L/min) 砲水砲(リモコン式):5000型2門、3000型2門 吐水口:65mm×12 泡原液槽:2,000L 製作:1990年 隅田川造船

那智勝浦町消防本部

はくりゅう 総トン数:19トン 主エンジン:デトロイトディーゼル8V-92TI(190PS×2) 消防ポンプ:2段渦巻き型(1.5Mpa×6,500L/min) 放水砲:5000型(リモコン式)2門、3000型1門 吐水口:65mm×12 泡原液槽:2,000L 製作:1987年 勝浦船渠

この消防艇の所属は消防署ですが、消防団員の手により運用されています。(団員に漁師などが多く、船の扱いに慣れている人が多いそうです)

神戸市消防局

たちばな 総トン数:46トン 主エンジン:GM 12V-92TA(825ps×2) 消防ポンプ:単段ボリュート型(1.0Mpa×11,000L/min) 放水砲(リモコン式):5000型1門、3000型2門 吐水口:65mm×14 泡原液槽:980L×2 製作:1991年

Rescue119 Home page(c) Takeshi Hosoda