信州の鉄道写真館(飯田線)

飯田線

(画像をクリックすると拡大されます)


豊橋から飯田へ向かう「特急WV伊那路」。運用は静岡運転所の 373系×3連で、373系は他に大垣夜行や「WVふじかわ」でも運用 されている。WVの名の通り、窓が広く景色が見やすい設計になっ ている

   <切石〜飯田>


飯田駅に集合した車両たち。右から「快速みすず」用の長野色に 塗色された115系×3連、「WV伊那路」用の静岡運転所の373系× 3連、飯田線の普通電車に運用されている静岡運転所の119系

    <飯田>


「臨時特急・伊那路」として運用された神領区の381系×4連。 現在は運用されていない。左側は119系普通電車
    <飯田>


中央アルプスをバックにのんびりと伊那谷を走る119系普通電車 この辺りは「田切地形」といって台地を河川が開析した地形であ るために、列車は何度も大きなカーブを切って、段丘を下ったり 上ったりする
  <七久保〜伊那本郷>


トップページへ戻る