バトルアタック最終戦キロロリゾート特設会場編


 さて、地方誌主催の大会も最終戦となりました。道東在住面子は前日からShin07宅に集まって一泊してから出発という事になりました。ここでちょっとした事件が。
ハカイダーさん夫婦とまるすさんが一緒に来ると言う事で、9時頃浦河出たとの連絡受けてまして頃合を見て夕食の準備をしていたんですが・・・。11時頃・・・・「今新千歳空港過ぎたんだけど〜」と連絡が・・・(汗)。ちとまて、何で今そこに居るんだ???と言う疑問が浮かんだんですが、まぁいっか(核爆)との考も。

 次の日朝早く出発。おっかなびっくりはかいだーさん達についていきます。キロロに到着前、たくろー君達と合流。ここでまたトラブルが・・・・。たくろーCC4Aがクラッチトラブル。フルードがレリーズシリンダーから抜けていました。会場に行けば誰かフルード持ってるだろう、との事でそのまま会場入りする事に。ボケーと走っていると、2〜3台後方に見慣れたEvo2が・・・。コリーダさんでした。キロロリゾートに遊びに来なさそうな車が列を作って走っています(汗)

 会場に到着し、タイヤ交換です。今回しまうまさんと腹黒部長さんコンビの悪戯が炸裂。タイヤが無い事件等色々ありました(笑)。よっしーさんが巻き添え食らってました。タイヤ交換してる最中、ふと顔を上げると見たことのある紺色のフェリオが(汗)。思わず「駄目だこりゃ」と呟いてしまってます。走る前から負けていまなぁ・・・。

 今回初のキロロの駐車場です。あんまり路面状況はよろしくありません。あちこちうねっています。コース図が手渡され、いざ慣熟歩行・・・・ん????パイロンの数があわないぞ・・・(汗)。何度見ても在るはずのパイロンがありません。オフィシャルはこれで良いんだの一点張り・・・。最悪です。 結局それらしく歩き試走車の走りを見ます。何となく、判ったような判らなかったような。そんな感じでした。

 1本目は練習です。まったり走りました。これが後々の失敗に繋がるとは・・・・。後半のSタイヤ組はなんと練習にも関わらずヘルメット装着して全開走行しています。速い人はやはり、 真面目に走っているのですねぇ。見習わなければ。

 さて、1本目です。前半ゼッケン組みにミスコースが続きタイムが挙がってきません。やっと出たタイムがCR-Xの57秒台。続いてたくろー君が58秒を出します。速い!と思ったらSタイヤでした(汗)。さていよいよスタート。いつも通り5000rpmでクラッチミート。外周を回りスラローム区間へ。ここまではいい感じです。そして、大きい8の字区間を過ぎたところで、痛恨のミスコース。定状円旋回を一周多く回ってしまいました。凹みますねぇ・・・・。そんなShin07を嘲笑うかのように師匠T村さんのフェリオがぶっちぎりの55秒台を叩き出してくれます。こんなタイム出せるのか・・・・と思ってしまいます。そして、急遽T1Rクラスに移ったハカイダーさんが57秒台を出してます。プレッシャーです。

 T2Rクラス1本目トップはKIOさんのインプレッサ。2番手にTさんのインプレッサ。3番手にこれまたインプレッサを駆るSTIさんがつけます。今回Sタイヤ組は1つのクラスです。シティからEvo6までごちゃ混ぜのこのクラス。濃い人が沢山居ます。そんな1本目は、なんとオセロ弟さんのシティが取ります。しまうまさんCR-Xが2番手。3番手はNさんのEvo6が。コンマ差でつちのこさんのレビンGT−Zがつけます。

 昼休み。待ちに待った(?)バイキングです。お腹一杯食べ、2本目までの時間慣熟歩行すれば良いのに、オホーツクの面子はシートを広げて大富豪をしています。まぁ楽しかったから良いんですけどね(核爆)

 2本目です。NさんのCR−Xがマフラーから怪しい白煙を吹いています。大丈夫かなぁと心配してみます。いよいよ2本目、これで最後です。1本目で失敗した定状円旋回も無難にこなし、帰ってきます。タイムは56秒前半。コンマ5秒及びませんでした。後から判明したんですが・・・・Shin07のランサーもマフラーから怪しい白煙噴いていました(汗)。T村さんが走り終わり、ハカイダーさんがスタートします。何か速いです。結果は・・・何と、56秒台・・・。この人とダブルエントリーは危険です(汗)。ドノーマルのランティスでこのタイムは反則ですよ〜マジで。

 T2Rクラス。ランエボ軍団の逆襲が始まります。次々と55〜56秒台を出してきます。ラストゼッケンのKIOさんがスタートするまでに順位はかなり入れ替わっていました。そして、T2R3勝目を企むKIOさんがスタート。ところが・・・ゴール前のパイロンを引っ掛けてしまい残念ながら入賞出来ませんでした。

 Sタイヤクラス。1本目ミスコースの腹黒部長CJ4Aがいきなりオーバーオールタイムを出します。しまうまさんもタイムを詰めますが一歩及ばず。優勝を意識したのか、オセロ弟さんがスラロームで豪快にパイロンを弾き飛ばします。そして、つちのこさんが何とおせろ弟さんの1本目と同タイムを叩き出します。注目の1本目ミスコースだったコリーダさんがスタートスラローム区間を抜け、180度ターンの所でパイロンタッチしたらしく、結果を残せませんでした。


 

バトルアタック最終戦

1位 BS帯広中央タイヤSKシビック T村さん 55秒29
2位 はいぱーまいべっくらんさー Shin07 56秒10
3位 課題山積打倒Shin07突撃ランティス ハカイダーさん 56秒65

                    
                      
           


ポテンザカップ2001へ