三菱ランサーMR Ver2003

ここでは、マイナーなCB4AランサーMRをいかに速く、楽しく走らすか・・・
そんなマイナーな車を、どのように仕上げたか参考にしていただければと思っております。


先ずはエンジン、給排気関係ですが・・・基本はノーマル。2002年仕様と変わりはありません。但し、もともとMIVEC−MDエンジン(アイドリング時及び巡航走行時2気筒を殺して燃費を向上させる為の機構)でしたので、カムホルダー及びエンジン制御ECUをMIVEC用に換装しています。使用エンジンオイルはカストロールRSヒートプロテクション10W−50、ミッションオイルはダイヤクィーンLSD(三菱純正LSDオイル)です。
主要変更点
・MIVEC用カムホルダー
・JUNオート強化バルブスプリング(7500回転からのサージング対策。これによって、8400回転まできっちり回ります)
・CA4ARSミラージュカップ仕様標準装備純正ECU(要はノーマルECUです(w;;)
・ビッグオンサクションパイプキット&インダクションボックス
・フライホイール・・・JUNオート製軽量フライホイール
・オリジナルアーシングシステム
・自作オイルキャッチタンク
・エアコンレス
・プラグ、プラグコードは純正
・モンスターインターナショナルCJ4Aアスティ用A-クラスマフラー(実はCA、CJアスティとはタイコ部分のみ共通なんです)
フロント足回り、駆動系です。正直言います。ノーマルだと話しになりません。曲がらない。その一言です。何せ、ボディはMXサルーンと同じ。明らかに弱いです。そこで変更なのですが・・・殆ど別物と化してます。唯、2002年仕様との大きな変更点はストラットです。何せダウンサスとストリート仕様ショックじゃジムカーナではタイム出せません。

・ショックアブソーバー・・・KYBジムカーナ4段調整車高調整式CJ4A用
・サスペンション・・・KYB直巻き8K
・LSD・・・クスコMZタイプRS工場出荷仕様
・クラッチ・・・クスコノンアスベストディスク+強化カバー
・ブレーキ・・・ウィンマックスクエストProForジムカーナCA4A用
ここからは、ちょっとハードな内容になります。
・ロワアーム・・・CE9Aエボリューション用純正
・スタビライザー・・・CE9Aエボリューション用純正
スタビライザーはCJ4ARS用の太いのも選択肢にあります。この組み合わせを体験するともう標準ロワアームは使えなくなります。
フロント周り外装、補強編です。ロワアームをエボリューション用を使用してる為にタイヤが10mm程前に移動しています。まぁそのままでも良かったんですが、ひょんな事情でエボリューションVの前周りが揃うことに・・・。EvoVは歴代Evoシリーズでも一番のお気に入り。これは装着するしかありません(笑)

・フェンダー・・・ランサーエボリューション用
・バンパー・・・ランサーエボリューションV用
・タワーバー・・・クスコオーバルタイプ
・ブレーキマスターシリンダーストッパー・・・クスコCA4A用
・サイドタワーバー・・・Jスピード筋金君CA4A用(MRには装着必須アイテムです。但し、きちんと装着したいならフェンダー脱着が必要です)
・ロワアームバー・・・クスコCE9A用VerU(これも目に見えて効果があります。但し最低地上高がかなり辛くなります。場合によっては9cmを切るのでCB4A装着時は注意が必要です)
・ウィンカー・・・CE9A用オレンジコーナーマーカー改W球仕様
鋭い方は気がついたと思いますが・・・

ボンネット・・・クスコFRPボンネットCD5A用

はい。そうです。軽量化の必須(?)アイテムのFRPボンネットです。はっきり言って軽いです。けど、FRPボンネット出たての頃の代物な為見た目はボコボコです(爆)。そんでもって「ストライカー」が付いてません。当然ボンネットピン装着必須なんですが・・・普通のボンネットピンのみでは間違いなくいたずらされます。そこで・・・クスコから出ている鍵式のボンネットピンも装着しています。合計4個のピンで固定している為、白老サーキットで約180km/h出してもびくともしません。
リア周り編です。まぁ、特筆する所は・・・ありませんなぁ。

・ショック・・・KYBジムカーナ4段調整車高調整式
・サスペンション・・・KYB直巻き5k
・ブレーキパット・・・ウィンマックスクエストProForジムカーナ。ジムカーナ時のShin07一押しのパット。残念ながら今は生産中止
・アッパーアーム・・・CA4A最終型用
・トーコントロールアーム・・・CA4A最終型用
そして、2003年度激変したサイド、リア周り補強編です。CE系ランサーのリアホイルハウス近辺が弱いのは周知の事実。これはCB4Aにもしっかり当てはまってます。しかし、キャロッセの砂利車みたくホイルハウスを2枚重ねにすると言うのは、一般ユーザー向けでは無いのも事実・・・ここから紹介するのはやって見て損は無い物ですよ。

・リアロワアームバー・・・クスコCJ4Aアスティ用
・ボディ補強その壱・・・サイドシル発泡ウレタン注入
・タワーバー・・・クスコオーバルタイプ+CD,CE系用トライアングルバー。これはクスコオフィシャルサイトではCB4A未確認となっておりますが、結論から言うと取り付け不可です。フロアの高さが違う為なんです。そこで、今回はブラケットを自作。しかし、形は出来上がってもフロアに溶接する自信が流石にありません。そこで、さんきょうさん(元北海道モンスターさん)にブラケット溶接と発泡ウレタン注入依頼。結果は・・・笑いが止らない。今でも笑ってます。それ位効果がありました。
ボディがしっかりしたので、今まで付けてたロールバーは取り外します。これだけで20Kg位あります。効果は在るのですが、ウレタン注入した現状を考えるとターマック走行では唯のバラストでしかありません。
まぁ。これは有名所です。

・リアエンドクロスバー・・・CP9ARS用純正

効果は・・・正直????です(核爆)
フロントタイヤ

02仕様最終ではファルケンアゼニスRT215(195/55R15)+ボルクTE37(6.5JR15.Off39)でした。03年前半もこの仕様でしたが、思った以上に磨耗が激しく02年32週目生産のタイヤが8000Km走らずスリップサイン一歩手前まで(汗)。そこで、かねてから予定のあった205/50R15化を実行することに。それが、今の仕様です。

・タイヤ・・・BSポテンザRE01(205/50R15)
・ホイール・・・ウェッズTC05(7JR15、Off35)