ポテンザカップ第3戦オートスポーツランド砂川その2編


 さて、十勝のまぐれ勝利の余韻がそろそろ冷めた8月19日。再びやってきました、オートスポーツランド砂川。今回もやっぱり、こすっています・・・ホイールとスタビブラケットが(爆)。調子良いと(?)こすらないんですけどねぇ・・・。何ででしょう???

 早速受付へ。すると、パドックにク○コカラーのシティがいます。気合入った車だなぁ・・・とその時は何にも気にせず見ています。受け付けを済ませタイヤ交換もしさぁ、誰居るんだろ???と、参加者の「名前と車名」だけ見ます。見覚えの在る名前がちらほらと・・・。Mさんの青インプレッサ、STIもどきさんのインプレッサ、ジョナさんのシビックR、KIOさんのインプレッサ。おいおい、俺の車より馬力あるのばっかじゃん・・・と見てみると車名「シティ」と言うのが居るじゃありませんか。どんなのよ???と見渡すと・・・例の気合の入った奴でした(涙)

 気を取り直し、コース図確認しに行きます。見た瞬間やる気なくしました。外周1周して、中にちょこっと入ってそれで終わり。ええ、それだけです。前回のコースの方が可愛らしく思えてきます。まさにミニサーキットです。スラロームもフルターンも無い目面しいコースに、途方に暮れつつ歩いてみます。ボケーッと歩いていると、一足先に歩いていたコリーダさんが慣熟歩行で真剣な眼差しでサイド引きクラッチ2回蹴りのドリフトしていました(笑)。その隣でつちのこさんが「やっちまったぜ・・・ボコボコだ・・・」と呟いていたらしいです(笑)。

 1本目、何と3番手スタートです。入門マニュアルクラスがスタートします。1番手のレビンが帰ってきます。緊張します。そしてよりによって猛暑です。エアコン付いてない車でしかも規定で長袖+長ズボン+ヘルメット。トドメに内装色が黒と来ています。地獄です。暑さを我慢し、テンションを上げていきます。2番手スタートのミラが最終コーナーを立ち上がろうとした時・・・悪夢が始まります。ミラが突然白煙を噴出したのです。オイルキャッチタンクのホースのすっぽ抜け+タービンブロー(多分)をやらかし、目の前でコース上にオイルを撒いてくれました。張り詰めていた緊張が一気に抜けます。コース整備の為当然競技進行はストップ。スタートライン上でコースクリアーになるのをひたすら待ちます。ようやくコースクリアーになり、スタートします。1コーナー軽くブレーキを当て、進入。ここの旋回速度には自信があります。そのままアクセル全開でストレートへ。しかしここであまりスピードに伸びがありません。VTECと比べても明らかに遅いです。そしてギャラリーコーナーを抜け、内周区間へ。ストレートから中に入る左コーナー。ここでコースを間違えそうになります。予定より早いブレーキでした。それからは再び外周に戻りゴール。1分19秒台。一応トップです。まぁ、3台しか走っていないので・・・。暑いのでさっさとヘルメットを脱ぎ、窓を開けたまま観戦に行きます。次々とライバル達がスタートしていきます。先ず、ク○コカラーのシティがタイムを塗り替えます。1分17秒台。続いてアルトワークスがコンマ差の19秒台。そしてMさんの青インプレッサが17秒台。さらに、舗装はE39ギャランと並び滅法弱いと言われるパルサーGTI−Rが17秒台を出してくれました。

 2本目入る前、慣熟歩行を行います。しくじった所で立ち止まり、何度もイメージを反復してみます。さて、結果は・・・・

 2本目が始まります。順番が近いのですが、ヘルメットはかぶりません。暑さは未だ衰えず、緊張と暑さで具合が悪くなりそうです。1番手のレビンがスタートします。それと同時にヘルメットを着用します。すると、不思議とテンションがあがってきます。流石にサーキット仕様とは言え、ミニサーキットでGTI−Rには負けたくはありません。ミラが最終コーナーに近づいてきます。運転席の窓を閉めようとしたその時・・・・再びミラが白煙を噴きました。今回は完全にマフラーから吹いていました。再び競技が中断します。オフィシャルが竹箒を持って走っていくのを呆然と見ていました。「また時間かかるんだろうなぁ・・・」そう思ったとき、既にヘルメットに手が掛かっていました。アナウンスで「おおっと!Shin07ヘルメットを脱ぎました!!」ってのが聞こえてきます。ドアを開け風通しを良くし、しばらく待つとオフィシャルが引き上げはじめます。いよいよスタートか。と気負い、ドアを強く閉めてしまいました。アナウンスで「怒っているか!!」と言ってた見たいですが、決してそうでは無いので。念のため。

 いよいよスタートです。1コーナーは1本目よりアクセルを開けて。後は、失敗したところを繰り返さない。そんな思いで走りました。結果は出ました、1分17秒前半。この時点でトップに躍り出ます。いよいよ卒業か???と思いましたが世の中やっぱり甘くはありませんでした。ク○コカラーのシティが1分16秒前半を叩き出します。Mさんの青いインプレッサも負けじと16秒中盤のタイムを叩きだします。そして、アルトワークスも16秒後半のタイムでゴール。とどめにGTI−Rがコンマ差で17秒台前半のタイムを出し、終わってみればクラス5位・・・。これが現実か、と思わせる第3戦でした。

1位 シティ Sさん 1分16秒16
2位 マッシーインプレッサ Mさん 1分16秒50
3位 モーターランドタイムアルト1号 Hさん 1分16秒83
4位 2&4パルサー Wさん 1分17秒05
5位 4G92Insideランサー Shin07 1分17秒25
6位 インプレッサSTIVer21 STIさん 1分18秒15


ポテンザカップ2001Topへ