楽器

地方(じかた)

地方

男は直垂姿で折烏帽子を被る。
女は水干、朱袴で立烏帽子を被る。

     

唄

笛 笛

笛(篠笛)

太鼓

太鼓 太鼓

太鼓(平太鼓)

こきりこの竹

こきりこの竹 こきりこの竹

こきりこの竹
「筑」は「竹」の意味である。放下師(大道芸人の一種)が用いた楽器で、 五箇山ではすす竹を七寸五分に切り、指先で回しながら打ち鳴らす。

銅拍子

銅拍子 銅拍子

銅拍子
神楽舞で使用

鍬金

鍬金 鍬金

鍬金(こきりこで使用)
田畑を耕す鍬の先にひもをつけ、うち鳴らす。田楽としての特徴的な楽器である。

鼓 鼓

鼓(小鼓)

棒ざさら(摺りざさら)

摺りざさら 摺りざさら

棒ざさら(摺ざさら)
田楽などで用いる楽器の一種。竹を細かく切って束ねたもので、 これをささらの子にこすりあわせて音を出す。 「ささら」は「〈さらさら〉と音がする」ということから呼ばれるようになった。



サイトマップ

トップページ


e-mail:calm@p1.tst.ne.jp