やはり私は、さぬきを目指す


(48)橙家 (詫間町) ★★★★・5

 うどんMLで 最近、とても評判のいい 橙家に 行ってきました。
詫間町は、香川県でも 西の端にあり、行きにくいのですが
「いぶき」まで行ったので、足を 伸ばすことにしました。

 橙家は、ちょうどお昼時で 店の前には 何人かが 並んでいました。
私 「私、待つのが キライなんやけど・・待つのが 苦にならん・・・」
K 「当たり前でしょ、もう4杯 完食してるんだから」
私 「そ、そうでした(笑)」

讃岐うどん屋には 珍しいかわいい外観。

私 「あの 別P君が、”橙家のうどんは 宇宙です”って 言ったらしいよ」
K 「別P君って、電車とバスだけで 讃岐うどん巡りをしてる 有名人の?」
私 「そうそう、京大の大学院生の 別P君」
 もちろん、私たちは 別P君とは、面識も なんもないんですけど(笑)
ヘンピな 讃岐の 秘境のうどん屋を 電車だけで 回っている 別P君は、
うどん巡礼者の中でも 異端児で、有名なんです。
私 「別P君は、あの 赤坂に泊めてもらった人だからねぇ・・・」
K 「赤坂のおっちゃんと、酒盛りして 終電を 逃したんでしょ(笑)」

ぶっかけおろし¥360
ぶっかけダシにレモンがさっぱりしています。

肉汁つけうどん ¥510
肉、ナス、ゴボウが入った ダシに入れて、食べるうどん。
 大将の若さあふれる、ピチピチしたうどんは とてもキレイでした。
ぶっかけおろしは、お腹いっぱいでも レモンと大根おろしで さっぱりと
食べられました。 Kちゃんの 頼んだ、肉汁つけうどんも ダシが
なんとも 言えず、複雑な味で これも かなりおいしかったです。

K 「あ〜! くうちゃん、私の 肉汁に入ってた 野菜全部 食べた?」
私 「ご、ごめん。 ゴボウは 全部食べました」
K 「ちょっと目を 離すとこれなんだから・・・」
私 「うどんばっかり食べて、栄養が 偏ってるかと 思って つい・・・」
K 「だから、私も 食べようと 思ってたのにぃ・・ぶつぶつ・・」

TOPへ   NEXT