やはり私は、さぬきを目指す


(8)讃岐家(高松市) ★★★.5☆

 ここで、一旦 ホテルに チェック・インしました。
うどんの昼の部を終え、夜の部まで しばし休憩です。
お腹いっぱいで、動くのも 面倒くさかったのですが、

K 「買い出し行こうよ〜。ビール欲しいし
私 「お腹の中、うどんだらけやん。 ビールなんて、よう入るねぇ」
K 「ビールは、別腹

 こうして、私たちは 腹ごなしをかねて 買い出しに行きました。
しかし、香川は お酒を置いているコンビニがなく、数件 ハシゴしました。
結局、セブン・イレブンの お兄さんに、お酒を 置いている
ローソンの場所を 教えてもらいました()

 帰り道で、本屋さんを 見つけたので、入りました。
レジのそばに 「恐るべきさぬきうどん5巻」(最新刊)
置いてありました。大阪では 置いていない レアものなので
すぐに ゲットしました。

 部屋で、しばらく うたた寝をしていたようです。
お腹も、次のうどんを 食べられる状態になってきました。
高松市内の 繁華街で、夜開いていて、おいしいと評判の
お店は 3軒あります。まずは、そのうちの1軒、
讃岐家へ 向かいました。

飲み屋街の一角にあります。普通は、飲んだ後に
ラーメンで締めることが多いですが、ここはさぬき。
飲んだあとは、うどんで締めるらしいです。ホント。

 お店の1階は、満席で 2階の座敷に上がりました。
下からは、うどんを伸ばす コンコン・・・とリズミカルな音が聞こえます。
私たちは、待つ間に、おでんを取ってきて ビールを飲んでいました。

讃岐家名物、冷なめこおろしうどん¥580
色白で、むっちりした麺に、しょうゆ味のダシと
大根おろし、なめこ、かいわれ・・とあっさりした具。
グラマーな色白美人・・という感じの麺でした。(笑)

私 「お腹いっぱいでも、ズルズルいける うどんやねぇ
K 「今晩の予定は 何軒?」
私 「欲を言えば 晩は3軒の予定やねんけど・・
K 「・・・今晩は、あと1軒でギブアップや。それ以上は、無理」
今晩の 大トリは、誉れ高い「鶴丸」に決まりました。

TOPへ   NEXT