GSX-R1000K5製作記 まこと号



嫁のK6が出来上がり、最初のセットアップで2回ほど乗車して
めちゃ欲しくなりました(汗)
タイムは当然セットアップが進んでるK3のほうが上でしたが
何せ乗ってて楽しい。車体がコンパクトになったので
色々出来るっていうか、積極的にバイクを操作してる感覚に
ハマリかなーーーり気に入りました
僕達のレースのコンセプトはプロでもないので、やっぱり楽しい
のが一番 
しかし、K6のレースベースの新車はもう手に入りません
と、ここでレース仲間で去年K5のレースベースを購入した
ものの、仕事があまりにも忙しくなってしまい放置してある
K5があったので、それを購入 もうこれは運命だー!と
自分で勝手に解釈してK3を売って買うことを決意

で、K3をヤフオクに出したもののこの時期に動くのは
遅すぎたみたいです 去年の11月位なら売れてたのに・・だー(汗)
K3が売れないからやっぱりもう一年K3でレースかなぁと
悩んでいたら、ともこの一撃が飛んできました

ともこねぇねぇ、もしさ年末に転倒しちゃってバイク廃車になったら
    翌年はレースやらないの???

まこと:いや、何とかして直すか中古買ってレースはやるさ(汗)
ともこじゃぁさ、そのK3廃車と思えばいいじゃん♪
    そうだそうだ、もうそれ(K3)は無い無い
まこと:・・・・・・・
ともこカエーー イソゲー サッサトウゴケー

グハ(汗)

で、買うことにしました。
これが1月末の出来事で、ここから約2週間 車両の引取り
パーツの手配 カウルの塗装と一気にことを進めました
自分でやったんだけど、よく2週間程度で全部出来上がったなぁと(笑)
細かいパーツなんかは、まぁ間に合うんだけどマフラーとかは
納期が遅いので通常だと待たなくてはなりませんでした・・が!
TsファクトリーのたかしさんもK6を購入しており、さらに
手元にまだ装着していない、ヨシムラのマフラーがあり
まだつける予定が無いから譲るよ〜と ナイスでーーーす
ありがとうございます〜〜 助かりました

K5の装着パーツは取合えずともこ号K6と同じ
なので製作記はK6製作記参照でお願いします(笑)

ここでちょうど、K6用に発注していたバックステップがありました
えーと、、K5につけちゃいました(爆)

2月5日茂木でシェイクダウンです
とは、いってもまたまたシャシである程度は回してもらった
ので、いきなり12000回転スタートです
シャシで2時間近く回すと、、タイヤはこうなる場合もあります

負荷を任意に設定(何馬力程度で慣らしをするか)出来るのと
さらに重り(60K程度)を乗せるので、サーキットをダラダラ
走行するより、きっちり慣らし運転が出来ます
普通ここまできっちりやれるお店は無いでしょう・・
有能なエージェントが居るので頼んでます(爆)

しかしこの日はかなりな混雑 寒いのにフルグリット
さらに転倒者続出 一周で4つもイエローフラッグを見たのは
初めてでした 戻ってくるのに13秒位かかった周もありました(汗)

一度全開走行で確かめたかったのですが、あまりの混雑に
全然タイムでなくて参考になりません。この時のベストが2秒6

でもレースまで時間も無いので、大体のフィーリングと予想で
セットを進めます
やっぱりリアサスのセットこれが走行中に出来ることと言ったら
ダンパー調整程度
イニシャルを締めるのにも時間がかかりすぎるし、まして車高の
調整ともなると一度サスを外さなくちゃいけないので、手間が
かかりすぎます
はい〜決定 オーリンズ購入です
決してノーマルサスは悪くないです、動きも別に不満は無いし
カチっとしててダンパーの効きもグット
しかし今後のことを思い購入です
それとフロントのバネレート これをどうするか悩みました
0.975にするか、0.95にするか・・・
なにせキットパーツのスプリングは不当な価格?(汗)高すぎます
取合えず0.95を購入 サスも底付きしてるので油面もちょいUP

ストロークセンサー役に立つな〜(笑)
戻ってきてから来週に向けて整備開始
まずはオーリンズの手配 たかじゃさんに頼みすぐに納入してくれる
とのこと、ありがとうございます〜

帰ってきてからまずは走行後各ボルト類の緩みや、液漏れ関係の
チェック

オイルキャッチタンクはヨシムラ製じゃなくて、サプライ製
K5を購入した時に全オーナーが持っていたパーツも全て
買取ました(笑)

K3から移植したのは、ステアリングダンパーとフロントメッシュ
ホース


しかしここでステアリングダンパーがかなり抜けてることが発覚
なんかグチュグチュ音がします(汗)
これは走行日があまり無い3月にオーバーホールすることにします

フロント周りを外して

リアサスも取り外しリンクも外します
リンクはグリスアップ程度

以前掲示板でも書きましたが、サス長さの問題
前に寸法を測ったのとまた違う(爆)
これ、車高調整部分の調整誤差なのでしょうか? 今度はノーマル
サスとまったくの同寸法・・・ん〜〜〜ボルトピッチのちゃんとした
適正数字ラボに確認したほうがいいですねぇ
本に載ってた数字と、知合いが装着した時の数字と、現在
3つとも違う(汗) マヨワセルナー
新しいオーリンズってダンパーもハイスピードとロースピードってのが
あるんですねぇ、、、ワカリマセン(汗)
取合えずノーマルサス長さにあわせて装着

げ、、すっげーギリギリ だめだこりゃ(笑)
ボルトを緩めて調整

なんかかっこ悪いなぁ・・まぁしょうがないか
しっかしこの位置 触りづらいです

ダンパーの調整も工具必要じゃん 前の形のほうがいじりやすかった
なぁ
イニシャルをノーマルと同じに設定して1Gを測定してみると
なんだかオーリンズのほうがサスが入ってしまい、車高が低くなる
ん〜〜〜〜 まぁこれは走行しながら要調整ですねぇ

5日の走行ではファイナルは15/42
K6は16/43これではロングだったので16/44でもいいんだけど
チェーン引きを後ろにしたいので、41丁を購入
15/41に変更です

何気にキットパーツのオートシフター サイドスタンドのスイッチを
使う簡単なやつで、金額も8000円 取合えず装着してみました
このタイプはR1000乗りは不評なんですよねぇ
K5はカットタイミングもPCからいじれるので、取合えずためして
みます。ダメだったら、ヤフオク行きです(汗)

次はフロントフォークをばらします
本当は一度ステムもばらして組み直ししたいのですが、ここでは
吊ることが出来ないので断念
今度たけちゃんにお願いしよう〜っと

相変わらずR1000の倒立フォークバラシは力とタイミングが
必要です 一人じゃできませーん
力持ちが居るとすごく楽です
今日はあつしさんと一緒にやったのですが、簡単にストッパーを
はめ込んでくれます
いつもは苦戦するんだけどなぁ、一発でスコっと入れてくれます
前にそうさんとやったのですが、そうさんは入れれませんでした
ダメだなぁそうさん(爆)

フォークオイルを抜いて新しいオイルを入れます
手元にあったのがヤマハのカートリッジオイル 一リッター1800円
程度 これで両方のフォークオイル交換が出来るので充分です
ショウワとかカヤバのオイルって高すぎるし違いが分からないので
各メーカーの純正オイルを使ってます
でもスズキのL0ってのが中々お店に置いてないので、いつも
カワサキかヤマハの純正カートリッジ用オイルになっちゃいます(笑)




ちょっと分かりづらいのですが、右と左の差 これオイルロックピースのせ
いで最後の方でスコっと止まり、そこから力を入れて押し込まないと
ダンパーが圧縮してくれません。やっぱりオイルロックピースは
外した方がセット出しやすいかな?
今回は取合えずこのまま組みましたが、今度外そうかなぁ?
スプリングを0.95に変更
組み付けます
油面が純正101mmなので、あまり大きな変更は走行性能が変わって
しまうから、ちょい変更の98mm

ここから一気に押し込んで

カラーとボルトの間にストッパーを入れてもらいます
この作業がタイミングと力が必要なのです。相方がダメだと
いくら押してても入れてくれません。
ソウサンハハイリマセンデシタその2(爆)
あつしさんは両方のフォークを一発でしかも5秒以内に入れてくれます
器用な人は何をやっても器用だなぁ

突き出し量も悩みましたが、もうちょっとペースを上げてからじゃ
無いと分からない部分があるので、これは純正値でセット
最後に純正値の車体姿勢と同じにして、取合えずこれで走行してみます

さ、明日はK6のステアリングダンパー装着だ 忙しい(汗)
次は自分のバイクなんだ、逃がさないぞともこ(爆)


K5セッティング→