このページの写真ですが 個人のモノでは 許可を頂いて掲載しているモノとネット上にあったモノ
勝手に持ってきたモノとが混在しております。
 個人、法人の方で 著作権等においての関係から削除を希望される場合
お手数ですが その削除希望を掲示板の方からメールにて送信願います。
(青文字の 「管理人 吉村」をクリックすれば メールが送信できます)
お詫びした上でただちに削除作業に取り掛かりますので・・・・

また 入手可能かどうかについての表現につきましては
個人輸入などは除きます・・・今の所 「日本に代理店がない」
「代理店はあるが この車種は扱っていない」というだけで 
「入手不可能」と表記してみます、
(コンセプトモデル、参考出品に関しては コメントしない場合もあります)
またその判断は 僕個人の判断なので 間違いがあれば是非 ご指摘のほどを・・(ずうずうしい)
ですから個人輸入する覚悟があれば入手可能なモノも混ざっていると思います。
「コンセプトモデル」「試作車」「新車販売アリ」
「中古市場のみ」「日本産」「外国産」
「一台一台が手作り作業バイクショップの作品」など分かり難いですが・・

そして「ほぼ入手不可能」・・と言う場合は
「中古車市場ですら見かけなくなった商品」という意味です。

それとリンク先が最新のアドレスではなく 表示されない場合 ご容赦してください、
でも その画像を載せていたサイトがそこにあった事は事実ですからWEB上で
探せる場合もあると思っています。 



面白いバイク

最初に・・・
バイク関係にあまり知識がなく 「自分の免許で乗れるの?」という疑問を
お持ちの方の為に分かりやすく免許区分を・・
一般の方が購入可能な場合は僕の知る限りこのマークを写真の下に入れたい。

大型免許
(2輪なら排気量に上限ナシ)
中型免許
(400ccまでのバイク)
小型免許
(125ccまでのバイク)
原付免許
(50ccのバイク)
普通免許
(普通自動車の免許)

ファイナンス・サイエンス・テクノロジーの方面で興味深い情報が多数得られるサイトです。
テクノバーン

スタイリッシュなスクーター情報が得られます
CYBER SCOOTER

こちらも様々な驚きの乗り物が特集されています
Diseno-art.com





 HONDA フォルツア125
2015年 夏にイギリスで発売予定とか・・・
馬力は125ccクラスにもかかわらず14.4PSもあるとの事、その上 燃費が
メーカー公表値で52.3km/l (WMTCモード) 
※ただし 45km/lと書いてあったサイトもあった、

YAMAHAのマジェスティSの馬力(15PS)と同等のパワーで この燃費は驚異的
(マジェスティSの燃費は 37・1km/lで排気量は155cc)
日本で発売してくれるのを待つばかりなのだが 問題は販売価格だと思います、
(40万円を超えるようなら ヒットは厳しいかも?)
ウワサでは 2016年に日本で発売とあるが 実際はどうなのだろうか?

でも もし販売価格も抑え目ならスゴイと思っています、 
 125ccという経済的に負担の掛からないクラスで
高出力で低燃費、しかも 車体デザインもカッコイイ・・・
この車体デザインを損なわない形のルーフをどこかが作れば まさに屋根付きバイクの理想になるかも知れない・・・
HONDA フォルツア125



BULLDOG(ブルドッグ)
HONDAが発表したコンセプトバイクのようです、
無骨なバイクって やっぱりカッコイイ!
これは400ccとの事ですが 車体を一回り 小さくしながらも
デザインはそのままで できれば250cc以下の車体で発売して欲しいです。
HONDA ブルドッグ




FELINE One
YACOUBAは「FELINE One」と命名したコンセプトバイクを公表した様子
このバイクは801ccの3気筒エンジンを使用し170馬力を発生するらしい、ギアボックスは6速との事
ただ かなり具体的な数字も出ていますが CG画像のようなモノしか見つける事が
出来ませんでした、ちゃんとした会社が予測で出したデータなのかよく分かりません。
FELIE One




Krugger MotorcyclesによってカスタムされたBMW K1600
弾丸バイクと紹介してあったサイトもあった、
本当にそんな感じがします、美しいバイクに思えました。



名前不明のカッコイイバイク
CGのみのコンセプトバイクだと思います、たぶん 乗り難いと思うし
問題アリそうですが 文句なくカッコイイです。




どこからか拾ってきたバイク
一瞬 モペットかと思いましたが ペダルがないし
なんか自転車をベースに改造されたカッコイイバイクのようです。




HUMMER BIKE
ハマーバイク(?) これはCGどころか イラストだけなんじゃないか、
と思います(たぶん 横からの図だけだと思う)
なんかPS250に似ている感じですが カッコいいです。




The Monocasco Concept Bike
特に理由はありませんが 単純に美しいと思いました、
エレガントというかシックいうか とにかく上品なバイクのように思えました。

The Monocasco Concept Bike



MOVEO 
最初見た時は ただのクラシカルなスクーターかと思いましたが
なんと 持ち運び事が出来るみたいです、ポイントは持ち運びが出来る割には
走行時のスタイルが優雅な印象なので 面白いと思いました。

Moveo



どこからか拾ってきた上品なバイク
一瞬は電動アシスト自転車?と思いましたが とても上品な細身のバイク、
ヨーロピアンスタイル?っていうのかな・・よく分かりませんが
工業製品というより美術工芸品のような美しさを感じます。




Ostoure
ペルシャ語で伝説という意味の「Ostoure」と名付けられたバイクのプロトタイプは
2輪駆動のようです、ヘルメットには内蔵されたモジュールとBluetooth通信や、
ヘッドアップディスプレイもあり、複数のラジエータを装備しるらしいけど 詳細は不明です。
見ているだけでドキドキしてしまうスゴイ乗り物ですね。

Ostoure



Apriliaのコンセプトバイク
これも拾った画像ですが なんかすごく僕好みです、
やっぱりデザイン大国はイタリアです




MOTOR COMPO
1981年発売のモトコンポがEVバイクになって戻ってきた!、
このバイク 車に積んだ場合は カー電源としても使用可能だとかで
すごく面白いと思いました、今の所 市販の予定はないそうだけど
モトコンポには熱狂的なファンもいるし 是非とも発売して欲しいです。

HONDA 「MOTOR COMPO」

                                       TOPページに戻る


Indian Gorilla V4 Motorcycle
なんだか全然分かりませんが すごくカッコイイ・・
インディアン・ゴリラ・・って そのネーミングも素晴らしい!
でも 乗りにくそうですけど・・・(笑)

Indian Gorilla V4 motorcycle



拾い画像
ちょっと僕好みのバイクです、「bikeworld.com」というサイトも
見てみたけど この車両の詳細はわかりませんでした、
でも なんかいいなぁ・・・




VW Folding Electric Bike
フォルクス・ワーゲン社が発表した電動バイク、
ぱっと見 電動アシスト自転車に思えたけど ペダルがないので
電動バイクだと納得、ただ この車体に十分なバッテリースペースがあるようには思えないのだが
省スペースで強力なバッテリーが開発されると予想してのデザインなのだろうか?・・

VW Folding Electric Bike



BMWのコンセプトスクーター
どっかから拾ってきた画像です、BMWがこんなスクーターを
企画しているとは意外でした・・このテのビックスクーターは
日本のメーカーの独壇場だと勝手に思っていましたが
なんか すごくカッコ良く思えます、特に青いラインの入ったタイヤがスタイリッシュ!


                                TOPページに戻る



HONDAのコンセプトバイク(?)
かのHONDAが作った(作ろうとしている?) コンセプトバイク
CGなのか 写真なのかが分かりませんが
これこそ大友克洋の「AKIRA」に出てくるようなバイクに思えました・・
有名な金田バイク以外にも 様々なバイクが出てきましたが
漫画なので そのディテールまでは 正確には描かれてはいなかったけど
こんなコンセプトバイクを見ると さすがに唸ってしまう(笑)








拾ってきたカッコイイバイク達


CHICARA ART 4
1966年製のホンダのバイクをベースにカスタムした車両
このバイク イラストではなく 実在します、製作者は
伝説のカスタムバイクデザイナーの永田力(ながたちから)氏
僕は知りませんでしたが 世界的にも評価の高い人だそうです。

chicara.com

                                            TOPページに戻る

 


どこからか拾ってきた画像3連発・・
車高の低いバイクが好きな人にとっては 魅力的なバイク達でしょう。






PS-Pod
なんだか 分からないけど 面白いバイク・・
2輪ではあるけど そのタイヤの太さで 自立できそうな感じです、
どんな乗り心地なのか 一度でいいから乗ってみたいです(笑)

PS-Pod



Three inline wheels bike?
よく分かりませんが 3つのタイヤが直線上に並んだバイク・・
これ 走る上でどんな意味があるのかな?・・と思いましたが
まぁ面白いからOKです(笑)

Three inline wheels better than two?



Yike Bike
これ ほんとカッコイイ!!! ぱっと見た目は
自転車に見えましたが どうやら電動バイクのようです、
腰の位置にあるハンドルでバランスを取るようなので 慣れが必要な感じですが
持ち運びもできるようで いいなぁ・・と思いました。
なお この生産元のHPでアップされている動画で使われている曲もすごくイイ
なんていう曲なんでしょうか?知っている人がいたら教えてください。

Yike Bike

                                           TOPページに戻る


もたぽんこ
掲示板に投稿してくださった「タケイ・H」さんからの教えていただいた乗り物
長さ1000mm、幅400mm、高さ500mmと超ミニサイズの電動バイク
ナンバー取得も可能で 公道走行もできるとの事、
最高速度は30〜35kmで航続距離は15〜20km 
昔 HONDAが発売していた「モトコンポ」と同じようなコンセプトで作られたような気が少ししました。

アパックス・パワー もたぽんこ



RevoPower The Wheel
自転車を原付バイクにするエンジン内蔵車輪

これ本来 日本でもし使うとしたら原付免許
が必要となりますし 
そうなれば紹介するカテゴリーも「モペット」のコーナーになりますが
余りにも面白いので 先頭での紹介とさせてもらいます、
メカとしてのデザインも素晴らしいけど その発想やら 性能もなかなか、
2サイクルエンジンが内臓されたホイールですが
普通の26インチ車輪のマウンテンバイクなどに15分もあれば 装着可能だそうです、
最高速度は時速32キロ! そして 1リットルで なんと85キロくらいは走れるそうです
この前輪部の重量は重さ5kgくらいだとか・・・
僕はこの部品の事 最近知りました ただ 2006年くらいには米国で発売される予定・・と
書いてありましたが その後 誰かが日本に持ち帰った・・とかは聞かない・・
値段も現地価格で399$との事だったので 日本円でも5万円弱(?)
もしかして 発売は結局されなかったのかな?・・・
アイデアも良いし 性能も聞いた通りなら 本当に素晴らしいけど・・・

RevoPower The Wheel:自転車を原付バイクにするエンジン内蔵車輪

こちらのブログにも詳しく書いてあります



Confederate C120 Renaissance Fighter
なんだか分かりませんが これこそ まるで映画「ターミネーター」シリーズに
出てきそうなバイクです、いや〜本当にメカニカルなデザインで
カッコイイですね、憧れる・・・

Confederate C120 Renaissance Fighter



Concept Cars: Victory Vision 800
これもナンだかよく分かりませんが
面白いデザインです、なんか直感的にはバッファローとかスペインの
闘牛のようなバイクだと思いました・・
皆様はどう感じただろうか?・・

Concept Cars: Victory Vision 800
                                                   TOPページに戻る

 
左 スーパーカブ110(新色のコルチナホワイト) 右 スーパーカブ110プロ小型免許
いまさらですが HONDAのスーパーカブ110を紹介します、
左のスーパーカブは新色が追加された事もあり 紹介しようと思いました。

僕はもうスーパーカブに乗り出して14年が経過しました、
49ccのカブ、85ccのカブ、105ccにボアアップしたカブなどを乗り
それぞれにルーフを付けました。
特に パワーがあり 乗っていて 楽しかったのは105ccのカブでしたが
所詮は ボアアップ品・・構造にムリがあったのか 乗り方が荒かったのかは
分かりませんが エンジンは焼きついたし 焼きつく前も燃費は悪かった、
カブは素晴らしいバイクですが 細かい所を言えば 改善点はありましたが
その殆どを改善したと思えるのが このカブ110!
ギアは4速だし 燃料タンクも容量が増えた、馬力は上がり、
その上 燃費も良くなった・・
「もう次に作る屋根はこのカブが土台で決まり!」と思っていたら
更に 作りこんだ「カブ110プロ」が発売されていた事を
発売から4ヶ月後に知る(遅すぎ・・・笑)

お金とヒマがあれば このカブ110プロをベースに
理想のシティーコミューターを作ると 心に決めました。

HONDA スーパーカブ総合ページ



DIY Super-Aerodynamic Modified Honda 125cc Motorbike
(簡単に言えば ホンダの125ccバイクに自作でカウルを付けたバイク)
見た所 タイホンダのカブ(たぶん WAVE125のようなバイク)に
自作のエアロカウルを装着した画像のようです、
下から足で支える感じですが 強風の場合は 少し苦しいような・・・
でも このフォルムはなんか キレイな感じです。

DIY SuperAerodynamic Modified Honda 125cc



NightShadow's Maiden Voyage
このバイクが載ってた所には
下に載せてあるジャガーのカタチのバイクもありました・・
なんか こんなバイクを専門に作る人か会社があるのでしょうか?
でも こんなの乗っていたら 目立つでしょうね(笑)

NightShadow's Maiden Voyage





Terminator Salvation Concept
(映画 「ターミネーター4」で出てきたバイク型ターミネーター)
僕はこの「ターミネーター4」は劇場に観に行きましたが
正直 映画そのものは ピンとこなかった・・でも 印象に残ったのは
このバイクが出てきたシーンです。
いや〜カッコよかった・・というか 怖かった・・というか・・
こんなのに追いかけられたら と思うと ほんとゾッとします(笑)

Terminator Salvation Concept
                                                 TOPページに戻る


Vespa built a four seater 'Stretch Scooter'
なんだか よく分かりませんが
ベスパのリムジン?(笑)と言いたくなるような長いベスパのようです。

Vespa built a four seater 'Stretch Scooter'



ミレット原付免許
今 流行の電動バイク・・2010年から販売予定らしい・・
充電時間は2〜3時間だけど 航続距離が35キロ・・デザインは素晴らしいが
性能面は割りと平凡な性能のモノに思える・・
が・・しかし 注目したのは ペダルがついていて自転車のように使える部分!
(だから これは“モペット”の部類かも知れない・・下のコーナーに移動させるかも?)
電動バイクのユーザーが心配している事の1つに
 「使用中にバッテリーが切れたら?」・・というのもあると思います。
でも この製品の場合は 最悪は自転車のように
漕いで進める事もできるから 近距離での移動なら 使い勝手もいいかも・・
それと もう一つの目玉は その値段!
充電装置込み、税込みの値段が15・69万円という低価格・・
電動バイクは燃料費は安い・・でも車体が高い、
そして バッテリーが切れたら 動かなくなる・・・そうした不安を払拭すべく世に出てきた製品だと思う。

プロッツァ ミレット



ノースター2WD原付免許
こちらもペダルのついた電動バイクですが 「ミレット」と違うのは
駆動方式・・なんと前輪にも動力を伝える事が可能で(手元のスイッチで切り替え可能)
2WDの電動バイクという事です、そしてデザインも素晴らしいと思うのですが
値段はいくらなんだろう?僕が調べた所では どこに書いてあるのか
分かりませんでした・・販売元に問い合わせてみれば もちろん 分かると思うのですが・・

九州システム ノースター2WD



「EVE-neo(イーブ・ネオ)」
HONDAが発表した電動バイクのコンセプトモデル
なんとなく ヤハマのギアに似ているような・・・?(気のせいかな?)
ある意味 ホンダらしくない? 
下記から飛べば スーパーカブの電動バージョンのコンセプトモデルも見れます。

電動スクータのコンセプト・モデル「EVE-neo(イーブ・ネオ)」



「FREE POWER S500」原付免許
2008年10月に越谷にオープンしたショッピングモール、イオンレイクタウン
そのイオンレイクタウンに店舗を構えるオートバイショップ「MOTO STYLE e-CUBE」
(モトスタイル・イー・キューブ、以下イー・キューブ)が、電動スクーターの販売とレンタルを行っているそうです、
車体サイズは全長1520×全幅650×全高985mmで、車重は40kgと
バッテリーはフットボードの下に搭載し、走行距離はフル充電で50km程度
デザインやトータルでエコライフの提案をしている部分は 女性の方にも馴染みやすい感じだけど
この車両・・29万円という値段が 少しネックかも

イー・キューブが販売・レンタルする台湾製の電動スクーター「FREE POWER S500」
MOTO STYLE e-CUBE



Elmoto Electric Bike
この乗り物 最初は 電動アシスト機能(または自走出力アリ)のあるMTBかと思いきや
ペダルがないのでバイクである事に気がつきました。
いや〜でも カッコイイです。

Elmoto Electric Bike



Scarpina(スカルピーナ)の2輪バージョン 原付免許
レスク株式会社 という所から発売予定の「スカルピーナ」
このスカルピーナという車両をベースに後輪のタイヤを増やして 3輪のモノは
「エコキャリー」と呼ぶそうです。(詳しくは乗り物ギャラリーで・・)
デザイナーイタリアの方を起用し 洗練されたデザインに思えます。
また この会社の経営者は バッテリーに関して 相当にお詳しい方なので
電動バイクを買う際は そうした部分も気を付けると 買って損をしないモノに乗る事ができると思います。
しかしモデルのお姉さん めちゃくちゃキレイです(笑)

レスク株式会社 スカルピーナ



Wooden Vespa
これも説明は必要ないと思いますが 本当に木材で形成したボディです、
木目のフィルムが貼ってあるとか そんなモノではなく
本当に木を使っている所に真剣さを感じています、こんなの大好きです。

Wooden Vespa
                                       TOPページに戻る


I care concept
まさに近未来バイクという感じですね、一見 後輪が2輪の車両に見えたけど
2輪のようです カッコイイというか 洗練されたフォルムのバイクです。

I care concept



Cat 1 Uber bike
これは あのジャガー社が作ったバイク?と思いましたが
なんか違うような・・・でも これ 実動車のような気がします・・・
もし こんなのが 走ってれば目を引きますね

Cat 1 Uber bike



ペスパに付いた面白いサイドカー(笑)
特に説明の必要はないと思います、貧乏なテロリストが
乗っていそうなワーゲンのワゴンのカタチをしたサイドカー(笑)
こんなジョークを平気でやってのけるガイジンはキュートだと思う。



Ikoo Electric Scooter
最初 この画像を見た時は 電動アシスト自転車かと思いましたが
これは完全な電動バイクらしいです(保安部品が見当たりませんが・・)
英語のページなので詳しくは分かりませんが どのくらいの航続距離があるのでしょうか?
でも なんかデザインがステキですよね。

Ikoo Electric Scooter



『Mission One』
米Mission Motors社が、最高時速約241キロメートルの電動オートバイを開発中らしい、
もし本当なら、世界最速の量産電動オートバイになるそうです。
ただ 値段ですが 1台6万9000ドル予定来年販売を開始する予定らしいけど・・・

詳しくは下に
世界最速を謳う電動オートバイ
                                         TOPページに戻る


HONDAが、開発中のハイブリッド二輪車の画像
同社が発売したハイブリッド四輪車『インサイト』とよく似たハイブリッド式ドライブトレーンを採用しており、
2年以内に発売される可能性もあるという。詳しくは下の記事を!

HONDAが開発中のハイブリットバイク



HONDA “ストリーム” のワイパー付き大型スクリーン装着車原付免許
現在のジャイロシリーズの原型となる3輪スクーターで 現在は 生産終了モデル
都会的なデザインに憧れてはいました。
 これにワイパー付きの大型スクリーンがあったとは知りませんでした、
このスクリーンがHONDA純正のモノか社外品かは 僕には分かりませんでした




海外のページで見つけた折りたたみ式バイク
デザインもカッコイイし これはCG画像ではないし
是非とも身近で見てみたいと思いました。

Jukung Kami



イタリア製トロンとも言うべき、フェラーリV4スーパーバイク
このイスラエルの工業デザイナーAmir GlinikによるFerrari V4 スーパーバイクが
本当に市場に出るかどうか 果てしなく疑問ですが
フェラーリがバイク・・というのは ある意味 興味深々です。

Ferrari V4 スーパーバイク
                                         TOPページに戻る


SUZUKI ジェンマ中型免許
2007年の東京モーターショーで展示されていたと記憶していますが
ショーモデルがそのままのカタチで発売されるとはおもっていませんでした。
シート高も低く 小柄な女性でも両足が付きやすく デザインだけではなく
これまでの中型スクーターにない乗り心地を実現しているとの事・・
2008年 7月末に発売が開始・・・
こんな車両にFRP工房ゾロさんの屋根が付けば・・と、つい考えてしまいます。(笑)

SUZUKI ジェンマ(GEMMA)



CLONE50(クローン50) 原付免許
この製品(現時点では 開発中らしい)を見て まず思い浮かべるのは
映画「AKIRA」で登場する金田バイクだと思います、
株式会社ビーエスユーという会社があり このページの下でも紹介した実動の金田バイク開発にも
関係している所のようです、ただこの会社の技術や独創性などは特筆すべきモノがあり
様々な理由から「金田バイク」の市販は凍結しているようですが その代わりに
50ccの金田バイク似である「クローン50」を受注生産の予定だそうです。
僕が見る所 HONDAの「ズーマー」がベースになっているようですが 本当に販売されると
素晴らしいと思います、こんな会社には是非とも頑張ってもらいたいものです。

株式会社ビーエスユー


  
バイクではありませんが 面白い形のヘルメットを紹介します(笑)
左のは竹(?)素材で作ったモノに見えます、
で 右はガイコツのカタチっぽいメットです。
ゴーグルの部分まで一体になったデザインですごく気に入りました(笑)
詳細は不明・・・購入可能かどうか、誰か知っていたら教えてください


                                     TOPページに戻る


FC-Dii(エフシーディ)
メタノール水溶液を燃料とする燃料電池二輪車


LUXAIR(ラクシア)
エンジンとモーターのパラレルハイブリッドモーターサイクル。
加速時にはエンジンからの出力に加えモーターがアシスト、巡航時にはモーターが発電機に切り替わり、
バッテリーに電気を充電。また減速時にも回生ブレーキにより充電を行う。
後輪駆動部には超薄型パワーユニット(YIPU)を内蔵し、
加速時や押し歩き時にアシストを行うほか、リバースも可能。

第40回東京モーターショー2007に出展するヤマハ発動機の出展モデルについて


  

  
海外のサイトで見つけたコンセプトカー達・・
BBSに方に書き込んでくれたAIBOさんという方に教えてもらったとても面白いサイトを紹介します。
海外のサイトですが 本当にワクワクします。
Diseno-art.com
特にこの中にある
Concept carsStrange vehiclesのコーナーの画像は必見です・・
全部見るのに大変なくらいです。
                                          TOPページに戻る


ENV(Emissions Neutral Vehicle)
発売されるとしたら たぶん原付免許
英Intelligent Energyが発表した、水素燃料電池で駆動するバイク
ENVは、着脱可能なPEM(Proton Exchange Membrane)型の燃料電池システム「CORE」を搭載し
加速時などに大電力が必要となるため、鉛蓄電池をあわせて利用するハイブリッド方式を採用
最長4時間の連続走行、最高時速50マイル(80キロメートル)の高速走行性能を実現したとのこと・・・
なんか いいなぁ・・・

ENV
  




YAMAHA GEAR250中型免許
ベース車はもちろん GEAR50ですが な・・なんとマジェスティ250のエンジン付き
malossiのパーツをつけて283ccの車両もあるとか・・・
max power 21.3ps max speed 143.5km/hとの事・・・素晴らしいの一言です。
こんな車両を製作してくれる素晴らしいショップを紹介します。
ソニック・クラフティ
こ・・この250ccエンジンを積んだヤマハの「ギア」に
ヤマハモーターエンジニアリング株式会社の屋根を付ければ・・・(エキサイティングです!)



(たぶん・・普通免許
だと思う・・)
Dodge Tomahawk
以前から画像は知っていましたがナンなのか分かりませんでした、
これは2輪ではなく4輪なので(4輪バイク?)免許区分は普通免許だと思う・・・
前輪の2輪の部分はそれぞれのタイヤが独立したサスのような感じで
なんとも不思議な乗り心地ではないでしょうか?
とりあえず 走行中の動画が見れるページを紹介します。

Youtube-Dodge Tomahawk
                                            TOPページに戻る


普通免許
ELE-ZOO(えれぞー)
一見 ただのズーマーに見えますが 電気駆動システムを採用した電気スクーターらしい、
PUES Corporation
僕個人の考えですが HONDA伝統の低燃費49ccエンジンと電気モーターを組み合わせた
ハイブリッドスクーターなんてあればステキだと思っています。



  
コンセプトモデル3連発・・・
しかし なんで僕はこんなコンセプトモデルが好きなのだろう・・・?
そして こんなバイクが発売されない事になぜ 憤りを感じるのだろうか?
発売されない理由は簡単です、「売れないから」・・・でも 僕にお金があれば買う・・・
と、いう事は僕のセンス(美観)はヘンだという事だと思う(笑)





どっかから拾ってきた画像・・・
笑った・・・・しかし 素晴らしい!これ本当に走るのだろうか?
こういうの作る人ってバカ(※)が多いから たぶん 実働車のような予感が・・・
実は乗ってみたいような・・(笑)

※・・「愛すべきバカ」という意味です。(笑) 



Hot Wheel
海外のHPで発見 1輪車か2輪車か よく分からないけど なんか面白い!

Hot Wheel
                                         TOPページに戻る


原付免許
余りにも 今更過ぎですが イタルジェットのドラッグスター50です、
確か 1998年頃には 本気で購入するつもりで 試乗までしたスクーター・・
50ccなのに 乗り出しが40万円オーバーだったが それでも欲しかった。
この125ccや180ccもあったが 僕はこの50ccのバランスの良さに惹かれました。


 
やっぱり「ROSSO(イタリアン レッド)」でしょ!

ちなみに オプションで70ccへのボアアップも可能でした・・そしてオシャレなアルミのマットや
とにかくデザインの国 イタリアを感じさせてくれるバイク・・
また このドラッグスターの250ccバージョンも出るとか?・・(日本での発売は未定だそうです)



ドラッグスター250 中型免許
Italiet Dragster .com



EV-X7 (コンセプトモデル)
これ 下でも紹介している「スティングレイ」かと思ったら
中身は全然違うようです・・そもそもこれ電動バイクらしい・・“SUMOモータ”という高効率モータの採用で
従来のモノに比べて トルクが2倍 走行距離が2倍になったとの事・・
一度でいいから乗ってみたい。

株式会社 アクスル
                                       TOPページに戻る


Y2K Turbine Superbike
またまたガスタービンエンジンのバイクです(笑)
このエンジン音は「ドドド・・」でもなく「バルンバルン・・」でもなく
「キィーーーン」という音らしいですよ・・・そして最高速度がなんと402km・・(マジ?って感じです。)

Y2K Turbine Superbike



中型免許
2輪駆動バイク ROKON Ranger(ロコン) 輸入販売あり
よく調べてはいませんが 160ccの4ストエンジンの2WDのバイクです。
前に日本製の2WD山岳救助用のバイクを見た事がありますが 
これはメイドイン・アメリカらしい(エンジンはHONDA製のモノもあるらしい)

潟mースウエスト・2輪駆動バイク ロコン

 


BMWが発表したコンセプトモデル・・
BMWって 「C−1」といい 本当に面白い乗り物を作る会社だと思いました。




原付免許
RINOX リノックス
「わずか30分の充電で、70kmもの走行が可能!」と紹介されている電動バイク
技術とデザインの国 イタリアから発売・・
RINOX  リノックス



拾ってきた正体不明のバイク・・
ジェットエンジン?・・・(タービンエンジン)が動力?・・・
実動車に見える・・
なんか こういう事する人って マジでやるから面白い・・

                                              TOPページに戻る


原付免許
Di Blasi R7
2ストロークエンジンで排気量49ccではあるけど 割とキュート!(笑)
日本で言う所の「モンキー」みたい・・・でも ここまで小さくできる“折りたたみバイク”は素晴らしい!
モトリーノデルベント



原付免許
SACHS MADASS 50
カフェカブミーティングでも見かけたバイク・・・ドイツのバイクらしいが
とにかくカッコイイ・・一応 HONDAのエンジンのライセンスを取得しているとの事・・
ただ 遅い・・というウワサがある・・・でも 僕は好きだなぁ・・

買える所はたくさんあると思うけど 一応紹介しておきます。
株式会社 ホノラリー




国内入手不可能
これは 海外のサイトで見つけたモノです。
この写真では屋根は確認できないけど なんか かっこいいです・・

Rotoraser




意味なく スズキのバイクを・・・2003年のモーターショーモデルらしいが
近未来的なデザインがいい・・・でも モーターショーモデルは
そのまま発売する事はまずないのが悲しい・・

SUZUKI G−STRIDER

                                       TOPページに戻る



DERBIが発売予定の近未来スクーター中型免許
「ただのカッコイイ スクーター?」と思うなかれ
なんと前輪がダブルディスク!!!(アンビリーバボー)
しかも 見た感じジレラランナーくらいの車格なのだが これで250ccエンジン搭載・・
一体どんなパワーで走るのか・・・乗ってみたい(笑)




またHONDAさんがスゴイ事をしようと企んでいる(笑) 先進安全研究車「ASV−3」というシステムで
スクーターの名前ではない・・まぁ発売は当分ないと思うけど・・
詳しくはここで↓

先進安全研究車「ASV−3」



原付免許
ヤマハの電動スクーター「EC−02」です。 シルバーとブラックがありますが 僕は断然 ブラックがいい・・
でも 電動スクーターって 音もなく近づいてくるから 「ぶつかりそうになった」という報告を良く聞く・・
最近では 水洗トイレに「水の流れる音」発生装置がついているものもある・・
この電動スクーターにも「エンジンの音」発生装置が必要かも・・・。

ちなみに電動スクーターの変遷は


                                             パッソル
となるらしい・・・
パッソルより前のモデルは確かショーモデルで 一般販売したのはパッソルが初だったと思います。
「EC−02」はまだ 街で見かけた事はないけど パッソルなら何度かは見た・・

「EC−02」



「スティングレイ」というモノらしい・・中型免許
僕のサイトともリンクしてくださっているRyoseiさんから教えて頂いたサイト 
屋根付きではありませんが、余りにも面白いので・・・(笑)
大友克洋氏原作の「アキラ」で金田君が乗っていたバイクに似ている・・と思ったのは僕だけ?
これちゃんと販売しているみたいです。ただ189万円は・・(笑)

スティングレイ

                                         TOPページに戻る



AKIRAバイク コンセプトモデル(実働車)
僕のこれまで AKIRAバイクの記述には間違いがあったかも・・

BUS社製 「アキラ」の金田バイクは確かに存在し 鈴鹿サーキットなどでも
デモ走行は行われた・・ただ この写真はNEO−FUKUOKA氏という個人のユーザーが
プロデュースしたものらしい・・7念の歳月をかけてアキラバイクを作ってくれるバイクショップを探した結果のモノらしい・・
NEO−FUKUOKA氏のHP

NEO−FUKUOKA

東京モーターショーにて参考出品された際の報道記事


これは「アキラ」からのイラスト・・・21年前(高校3年の時) 僕はこのイラストを
体育祭の大きな絵として白黒で描いた・・案外好評でした。



HONDA 「モトラ」原付免許
僕が高校生の時 初めて“本気で欲しい”と思ったバイクです、
○4サイクルエンジンの特徴である経済性、耐久性などに優れた空冷49cc単気筒4.5馬力エンジンを搭載。
○通常の3速に低速3速をプラスしたサブミッション付。高低レンジの切換えはワンタッチレバー操作。
など 性能もスゴイけど 案外知られていないのは 
燃費がカタログ性能ではありますが 1Lのガソリンで100kmも走るという部分・・・
今でも大好きなバイクなのですが 中古でも高めのプレミアが付いているから手が出ない(笑)
HONDA モトラ



TOPページに戻る


ここで【モペット】について

モペットとは 自転車のように前へ進む為のペダルがありながらも
自走するだけのパワーが出せるエンジン(またはモーター)を搭載している乗り物と簡単に定義しておきます・・
ただ 現在 日本での道路交通法では エンジンを切った状態で“自転車”として運転してても
原付バイクとみなされるので ヘルメットの着用義務からなにから 全部 原付のバイク扱いらしいです。
もし エンジンを切った状態を 自転車扱いにしてくれるのなら
バイクとして走ってて 進入禁止の道路に出くわしても そこからエンジンを切り
自転車として その道路に入っていけるなどメリットがありそうだが 現実は中々難しい・・・
でも モペットはある種の“こだわり派”の方々から根強い人気がある。




どっかから拾ってきた画像ですが
その余りの 美しさに感激してしまいました。
もう所有するだけで 嬉しくなり たぶん 街中を走りたいとは思わないかも?・・




イタルジェット社の出していたモペット「ティファニー」原付免許
数あるモペットの中でも かなり洗練されたデザインに思えます。
(個人的にすごく気に入りました)




原付免許
これはたぶん HONDAが出していた「ピープル」というモノだったような・・・



原付免許
デザイン的にかなり好きなモペット・・ピアジオ社の「CIAO(チャオ)」
  

  
全て原付免許
これらの画像以外にも面白い「モペット」が満載のセンスの良いステキなページを発見しました。
モペットについて興味のある人は是非 見て欲しいページです。

MIZUIRO TOMOS
                                       TOPページに戻る


原付免許
これは確か ピアジオ社のページで見たもの・・
発売して欲しいですよねぇ・・洗練されたステキなデザインだと思う。




原付免許
プジョー社のモペット「Vougue」という乗り物・・
すごくカワイイ乗り物ではないでしょうか?
この車種だけでなく モペットの販売戦略に共通しているのは色のバリエーションを揃える事のように思えます。

VOGUE




原付免許
FK310-STDII


原付免許
FK310-LAII
見た感じほぼ自転車に見えるフキプランニングのモペットです。
このビーチクルーザータイプのモペットなんて 本当にカッコイイ!
フキプランニング

ただ 多くのモペットが2サイクルエンジンで給油の際はメーカー推奨の2サイクルエンジンオイルを
ガソリンスタンドで入れるガソリンと混ぜて入れないといけない部分が多くの人には面倒に思えるかも・・

でも モペットを心から愛している人に言わせれば その面倒な部分すら味のウチのようですね(笑)




TOPページに戻る