LAST UPDATE 00/09/15
戻る


1号エンジン検証

1号エンジン、SPEC
4E−FTE、エンジン内部ノーマル
JAM、強化アクチュエーター
JAM、FCC
TRUST、プロフェック

この状態で何度かサーキット走行を重ねるうちに
エンジンブロー(多分、ピストンの棚落)してしまいました。原因はいろいろあります
ドライバーの認識不足に尽きるとは思いますが。
やはり、FCCによるブーストアップ仕様では、燃調的に非常に危ないです
この時に、せめて燃料ポンプを強化していればブローは避けられたかも知れません

半ブロー状態でJAM、ECUを投入しましたがこの時に、
ああ、最初からECU入れておけば良かったと思う位に劇的に変化しました。


第1段階ボディの検証
2号エンジンの検証