LAST UPDATE 02/07/07


アクチュエーター検証レポート



戻る


画像は純正アクチュエーター、
アクチュエータ
純正アクチュエーター

82用はロッドの曲げか方が特殊、91用は簡素的
注意して見て欲しいが、82前中期のみ、ロッド先端に穴が開いている。
82後期からはロッド先端は突起になっている。

これらを含めたタービンの見分け方
コンプレッサー側の表示が以下のように異なる。
82前中期TOYOTA CT9
82後期TOYOTA
91前後期TOYOTA

82タービンはこういう変更があったにも関わらず、
品番には反映されていないので
中古を使う場合は要注意

強化アクチュエーター
JAM、TOM’S共に純正と全く同じ形状。
HKSが自社開発、ロッド長調整可能
しかも、ロッド先端は取り替えできるので年式を問わず取り付け可能。
しかし、少し大きいので前置きICのパイピングに干渉する。