ECUをバラしてみました



戻る


前期EP82 NORMAL ECU
ECU
ECUの内部はこうなっています、富士通テン製です。
クロック
水晶は8MHzです。


中期EP82 NORMAL ECU
ECU
ECUの内部はこうなっています、富士通テン製です。


後期EP82 NORMAL ECU
ECU
ECUの内部はこうなっています、富士通テン製です。


えーと、前期と中後期で基盤が違いますが、メインは同じなので
どちらも8bitと思われます。ただし、実はこれだけでも雲泥の差があります。
前期のECUはダイアグノーシスコネクタからの情報の取り出しが出来ません
中後期のECUは情報の取り出しができます。
テクトムのMDM-100なんかでデータの抽出ができるかどうかという差があります。

EP82後期ATとEP91は同じカプラーで3極です
EP91は16bitですから、中後期EP82のATだけが16bitの可能性ありです。


EP82前期ベース、某社ECU
tuning ECU
サブ基盤を搭載しています、下のECUよりも石が多めですね。
裏側
結構泥臭い配線引き回しです。
サブ基盤アップ
サブ基盤への配線部分のアップです。


EP82中期ベースTECTOM ECU
tuning ECU
チューニングECUの内部です、サブ基盤を搭載しています。
サブ基盤
サブ基盤のアップです。


TYPEユニット品番1ユニット品番2ロット番号日付
EP82前期89661-10040MA-5450009853900314/01N
EP82中期89661-10100MA-597001202093080201RB
EP82中期89661-10100MA-597001205893080401RB
EP82中期89661-10100MA-597001325393102001RB
EP82後期89661-10100211000-055001836194082501RF


戻る