←前へ  次へ→

 SCENE 23 

追い越し禁止の砂浜

石川県にある、有名な「なぎさドライブウェー」に夏に行くとこんな標識が立っている。これは何年か前に年賀状に使ったモノ。年賀状を送ったバイクに乗らない友達には「自分で持っていって立てたのか?」と質問された(笑)

なぎさのドライブウェーは、夏には海水浴場になり、沢山の車が海沿いに駐車しているし、当然海水浴客とかも多くなる。車も当然増えるので、こんな標識が必要になると言うことでしょうね。この時はまだシーズン前なので、丁度準備が出来たところと言う感じ。

バイクで波打ち際を走ると砂に埋もれて、、、下手をするとコケる。四輪駆動のクルマなら波打ち際の海水を切って走るのも楽しい。が、その後エンジンルームは砂まみれになる。しかしまあそれも楽しいというものです。環境には悪いかもしれないけど、、(笑)

初めてここを走ったのは、10年前。野郎2人で能登半島をキャンプしながら一周した時ですね。まだキャンプツーリングもはじめたばかりだったけれど、焚火やったり、海辺の魚屋でウマイもの買ってきたり、下らない料理考えたり、、、、。キャンプツーリングを好きになった切っ掛けだったのかもしれない。

その時はまだ自分のテントも無かった。自分で持っていたのは安物のシュラフと安物のマットくらい。あとはその友達が全て用意してくれた。今考えると信じられない装備(笑)。それでも3泊している。知らないというのは幸せなのでしょうね。

それ以来、狼煙とか輪島とかは行っていない。また余裕が出来たら行ってみたいものです。この時は、輪島の朝市に昼頃行くと、「もう終わりだから、、、、」って、おばちゃんが甘エビを安くしてくれて、、、結局1キロを1200円くらいで買った(最小単位がが1キロだったから)。しかし甘エビ1キロって、いくら好きだと言ってもどうやっても2人では食えない量。生でジンマシンが出来るくらい食って、そのあと僕が持っていた炭焼きコンロで焼いて食う。それでもだいぶ残ってるので、砂浜にばらまいてウミネコの餌付けをはじめる始末。そのうちトンビも登場するしカラスもやって来る。いやいや粗末にするつもりはないけれど、、、、。


↓「千里浜国民休暇村」千里浜なぎさドライブウェーについてはこちらでどうぞ。
http://www.qkamura.or.jp/noto/

↓「日本の渚100選」いくつ走りました?僕は60くらいか。
http://www.mlit.go.jp/event/beach_selection/beach_selection_.html

↓「イラスト・ここは能登半島」ってのがあった。まあまあ
http://www2.incl.ne.jp/~sanaen/

↓「ニッポンレンタカー」のドライブルート。よく出来てる、が重い(笑)
http://www.freeroad.co.jp/freeroad/noto2.htm


←BACK / 旅ノ記憶MENU / NEXT→