セキュリティシステム


ケース

今回購入したセキュリティシステム。
CELL−AUTO PRO GUARD PR−100
カーショップで13,000円位で購入しました。


付属品

箱の中身です。

  1. 本体

  2. フラッシュライト

  3. ボディーセンサー

  4. 電源コード

  5. ヒューズ付き赤コード

  6. 両面テープ

  7. 「盗難警報器装着車」シール

  8. 取り扱い説明書

 振動センサーが振動を拾ってその信号を本体に送りフラッシュライトを発光、
その後警報を鳴らす仕組みみたいです。

 

取り付け記

 説明書ではセンサーは外側に付けるようになっていましたが、見た目が悪いので
内装を外しセンサーを取り付ける事にしました。
 センサーを付けるためBピラーのトリムを取り外します。
トリム上下に丸い隠し蓋が付いていますので、マイナスドライバー等で下側をこじり外します。
中にトルクスネジがあるので車載工具等を使い外します。
 ネジが外れたら内装外し等を使い丁寧にトリムを剥がします。
その時にシートベルトが付いてきて邪魔なのでカバーの切れ目に沿って外すとトリムに切れ目が
あるのでシートベルトが、トリムから分離できます。

隠し蓋

隠し蓋拡大図

ねじ

蓋を外した図

カバー

カバーはこの様に外す事が
出来ます。


 次にセンサーを付けるため鉄板部分を清掃し、センサーを張り付けます。
その時にシートベルトや可動部と干渉しないように十分気を付けましょう。
センサーケーブルを配線留め具等使用して動かないようにします。
 その後キックパネルを外しその中にセンサーケーブルを通します。

中身

センサー取り付け前

センサー取り付け

センサー取り付け後

 下部にプリテンショナー用のガス発生器が見えます。

パネル取り外し

外したキックパネル。
Bピラートリムを外した後内装外しを使い剥がします。


 助手席側のパネルを外し本体を取り付けます。
位置は一応秘密にしておきます。
 説明書の通りでは、外して下さいと言わんばかりになっていましたから
外から見えないところに取り付けました。
 センサー入力用のジャックがすぐ外せる形状だったのも隠す動機の一つです。  

 
本体を設置したら電源周りの配線をしました。
取り説では、ヒューズから電電を取るように指示されていましたが、
ヒューズボックスは運転席側にあるので、
私は増設したオーディオ用の電源から取り出しました。
 常時12V出ている所から取らないと意味がありません。
この装置はエンジンが掛かっているときのパルスを拾って起動、
停止を制御しているみたいです。

 その後作動表示用のフラッシュライトを取り付けます。
本当はダッシュボード上面に取り付けたかったのですが、
電源コードを隠すのが面倒だったのでここに落ち着きました。

フラッシュライト 取り付けたフラッシュライト

戻る