サーチエンジン・リスト

調べたいことがあるとき便利なのが、インターネット上のサーチエンジンです 。
ここではキーワード検索によるサーチエンジンを中心に、高度な巡回ロボット による検索サイトやメタサーチをサポートしているサイトなど、さまざまなURL を利用できるようにしました。どうぞご活用ください。


●空白欄にキーワードを入力して直接検索ができます(ジャンプも可)。

Yahoo Japan (ヤフー・ジャパン) 知らない人はいない?あのヤフーの日本語サーチエンジン。

Infoseek Japan (インフォシーク・ジャパン) 英語圏では老舗・インフォシーク。その日本語サーチエンジン。


Raging.com/ Altavista 系の軽量サーチエンジン

CSJ (サイバースペース・ジャパン) キーワード検索の他にディレクトリ検索も充実。

WebdeW (リクルート) 使いやすいキーワードサーチと海外サーチエンジンも充実している。


★★★★★ 英辞郎 on the Web 英単語や英熟語が「前方一致」を使うことにより簡単に検索できる。つま り英単語の最初の一部分さえわかっていればスペルチェックにも使えると いう便利なもの。用例も載っていて使いやすいです。

★★★ 和英辞郎 on the Web 上記サイトの和英版。こちらも単語を入力すれば、名詞だけでなく熟語や 用例が表示されるので、スピーディに検索することができる。

★★★ シソーラス辞書検索 ある単語に関連する語を検索するためのサービスで、同義語、広義語、狭 義語、関連語をそれぞれ表示してくれる。企画で煮詰まってきたら、発想 転換のために使えます。

★★☆ 不明解略語辞典 新聞などにも頻繁に出てくる英数文字略語の辞典。専門的な略語も多いが、 ちょっとした時に使えます。

★★☆ '98最新略語辞典 コンピューター略語に特化した辞典サイト。関連語にリンクがはられてい て使いやすい。インターネット用語もそろっています。

★★☆ ことわざ辞典 普段ことわざなんて使う人はいないかも知れませんが、自己啓発のために 2つ3つお気に入りを仕入れておくのもいいものです。

★★☆ Sankei-漢字略語・用語解説 産経新聞による漢字略語や用語の解説ページ。何気なく読み飛ばしている 用語も人に尋ねられると、意外と知らなかったりするものですね。

★☆☆ Sankei-片仮名略語・用語解説 同じく産経新聞によるカタカナ略語や用語の解説ページです。

★☆☆ 拡張子辞典 メールの添付ファイルで「なんじゃこれ?」という拡張子に出会ったこと がある人も多いはず。ここでは拡張子からファイルの種類が検索できたり、 拡張子が使えるソフトが一覧できたりします。

★☆☆ みんなで日本語辞書をつくろう! ジョーク系に分類されるかもしれませんが、普通の解説と笑える解説が混 在していて読んでいて楽しいです

Common Archiver Library 各種アーカイブのダウンロードサイト、Tar.dll等、ここからDL!

★Vector マック用ソフトも若干あります

★窓の杜 ウインドウズ専門のアプリケーションダウンロードサイト

 

ゲーム

●国内の主なサーチエンジンまで直接ジャンプできます。

TITAN (NTT関西) NTTの研究所が開設している「タイタン」はヒット率も高い。

DRAGON(ジャパンサーチエンジン) 最近リニュアルされた。日本語キーワードを英語翻訳して検索もできる。

NTT DIRECTORY(NTT) カテゴリー検索で新着情報を効率よくゲットできる。

WWWナビゲーター(インプレス) 正規表現によるキーワード検索を得意とし、新着Webへのリスト登録も早い。

InfoNavigator(富士通) Infowebが運営するキーワード・ディレクトリ併用型のエンジン。

NETPLAZA(日本電気) キーワード検索とジャンル別検索を併用している。新着Webへの対応も早い。

Hole-in-One(日立国際ビジネス) ディレクトリ検索とオプション付きキーワード検索を併用。

URL広場(ORIONS) ドメイン別キーワードなど様々な方法をサポート。新着Webへの対応も早い。

goo(NTT) 新しく誕生したロボット型高性能検索エンジン。データベースを使って検索 したキーワードを迅速に発見する。

オープンテキスト Web Index(日商岩井) キーワード検索でAND/OR検索が強力。

スーパーインデックス(日本ネット) 今年で一周年を迎えた日本ネットのスーパーインデックスサービス。

NIFTY's -Directorys(ニフティ) NIFTYとインターネットの世界を行き来する方に共通のディレクトリ構 造が嬉しい。

日経ホームページインデックス(日本経済新聞) キーワード検索に加え「テーマ別インデックス」が充実している。

URLディレクトリー(日経BP社) ディレクトリ検索型エンジンだが3階層にうまく分類されている。

ニフティファインダー(ニフティサーブ) キーワード+カテゴリ検索で詳細な検索をサポート。カテゴリ(ディレクトリ ー)も充実している。

WAVE Search(SONY INFO Plazza) NTT「日本の新着情報」によせられた全情報を対象として高速の全文検索を行 う。

インターネット探検(Panasonic) サーチエンジンとして中身の濃いディレクトリサービスを行っている。

URL TODAY INDEX(インターアクト) マスコミに登場したURLを毎日タイムリーに紹介している。

NYPディレクトリー(Nihongo Yellow Pages, Inc.) 有料の登録サービスと無料のクイックエントリーサービスがある。

検索次郎(Stellar Craft, Inc) カテゴリーサーチとキーワードサーチを併用できる。

ATLAS(CROSSWAVE) 東海地区を母体とするサーチエンジンだが新着Webへの対応も早い。

ネットアイランド(ウェイブ) 神戸沖合いの仮想人工島を母体とする検索サイト。地方色豊かで面白い。


●大学や個人運営によるサーチエンジンまで直接ジャンプできます。

千里眼(早稲田大学) 大学運営によるキーワード検索のエンジンとしてはかなり有名。

NIPPON SEARCH ENGINE (慶応大学) マジックマウスという団体の運営するキーワード検索エンジン。

ODIN(東京大学) 国内のURLをロボットで収集。高度な複合検索も得意。

Yahho(豊橋技術大学) ヤフーに追いつき追い越せを合言葉のヤッホー。

Mo-n-do-u(京都大学) 問答「もんどう」と読むキーワード検索によるサーチエンジン。

J.O.Y Japanese Open Yellowpageの略で個人のホームページ検索のみを原則とする 検索エンジン。

hothot List 個人のホームページ検索のみを原則とする検索エンジン。

史上最強のリンク 検索(日本語/英語)・テレビ局・新聞など、様々な分野に分類されたリンク集 で、とても面白い異色の存在。

Japanese Internet Catlog(Etsuko's Room) まだ新しい個人運営によるカテゴリーサーチのエンジン。今後はキーワード 対応などにも期待。


●海外の主なサーチエンジンまで直接ジャンプできます。

Alta Vista DECのロボットによる高速サーチエンジン。自動検出が原則だが登録すれば最 も早くキーワード検索を可能としてくれる。

HOTBOT 通常のキーワード検索の他に人物やURLなど特定項目を指定してのサーチも可 能。

LYCOS 膨大なデータベースを検索の母体として、高いヒット率を実現。

WebCrawler 米国の大手パソコン通信会社(America Online)の運営するサーチエンジン。

Excite キーワード検索結果をその確率順に、ヒット性の高さを数値化したものを表 示してくれる。

INFOSEEK データベースの大きさや様々な検索メニューをもった複合サーチエンジン。

OPEN TEXT 国内にも日本語版がオープンしており、その親元となるサーチエンジン。シ ンプルで使いやすいメニュー。

Yahoo!(ヤフー) AltaVistaと連携した検索も可能なため、日本のヤフーよりも先に国内のホー ムページをヒットすることがある。

MAGELLAN インターネットの海を航海する現代の「マゼラン」さながらに、使いやすく できたサイト。

Shareware.com(CNET Inc) インターネット上のフリーウェア/シェアウェアを探してくれるサーチエンジ ン。目的のソフトがあるサーバを簡単にヒットできる。WWW版のArchieといった ところ。


●サーチエンジンがあればサーチエンジン自身をサーチするものあり。

検索デスクSearchDesk
一括検索をサポートする一方でサーチエンジンに関するニュース等も発信して いる・・様々な検索方法の選択を可能とした高度な検索エンジンで特に◎印のお すすめ(一度使うとやみつきです)。

EasySEARCH
ビジュアル・サーチの使いやすいメニュー構成で内外のサーチエンジンを広く 網羅・・検索エンジンの「はしご」をする向きには最適のサイトでこれも◎印の おすすめ(これひとつで効率的な連続検索を)。

Savvy Search
英語での検索をまとめて行いたいならここも強力。サーチエンジンごとにキー ワードのヒット結果をリストを表示してくれる便利なサーベイ・サーチ。日本語 検索はこのページから、ジャパンサーチエンジンによる邦訳版にジャンプできる 。

オンライン書店URL


Home
Back