What’s New ノア情報 MyCar紹介 不満と満足 詳細 ステレオ Fスピーカー アルミ ダミー エア Rスピーカー ナビ TV マフラー 使って 小技 ノア製品 リンク ノアフレンド

ローダウン作業

フロント・ショックアブソーバー交換 1998.10.11 実施 作業者 2人

※ この作業は大変危険を伴いますので、なるべく量販店や専門店で工賃を払ってやってもらいましょう・・・
しかたなく自分でやる場合は十分に安全確認の上実施して下さい。
(ジャッキアップして作業する場合は必ずリジットラックを使用しましょう)

交換部品
TRD Way-Do ショックアブソーバーFR 品番 48500−SR400¥12,000x2 (中古品¥7,000)

工具
ジャッキ又はフロアジャッキ、リジットラック、ラチェットセット(12、14mm)、メガネレンチ14、潤滑油(CRC−556)

交換手順
A.交換準備
1.左フロント部をジャッキアップしリジットラックをかませる。
2.タイヤを外す。

B.ショックアブソーバー取り外し
1.ショックアブソーバー下部のボルト2本を12mmのラチェットで取り外す。(取りづらい場合は、潤滑油をスプレーしてから作業します)
2.ショックアブソーバー上部のボルトを14mmのメガネレンチ又はラチェットで外します。
   この時ショックアブソーバー本体を手でおさえておかないとショックアブソーバーごと回ってしまいます。
   今回は、150mmのエクステンションバーを2本連結してエンジンルームから取り外しました。
3.手でショックアブソーバーを縮めてから下側から抜き取ります。
C.ショックアブソーバー取付け
1.手でショックアブソーバーを縮めて下側から入れます。
   TRDのショックアブソーバーは、ノーマルショックよりも長いのでショックが伸びきる前に取付位置に手早くセットしてショックアブソーバー
  下部のボルトを仮止めします。
2. ショックアブソーバー下部のボルト2本を12mmのラチェットで取り付ける。
3.ショックアブソーバー上部のボルトを14mmのメガネレンチ又はラチェットで取り付ける。

D.タイヤを取り付けて終了
.右側も同様に作業する

作業時間 1時間20分

注意点
1.交換作業時に左フロントショックが抜けかかっている事に気付きました。ショックに油にじみがあり、手で縮めると右フロントより伸びるのに
  倍くらいの時間がかかりました。
  ノーマルショック、トーションバーで車高を落としてる方は注意して下さい。
  ちなみに私は4.5cmダウンでした。(15回転緩めてあります)
2.交換に関しては特に注意点はありません。驚くほど簡単に交換する事が出来ました。

インプレッション
TRDは、フロントもやっぱり硬いです・・・
少し路面が悪いとバンプラバーカット前のリヤ程ではありませんが、突き上げが感じられます。
しかし、フラットな路面での乗り心地は問題ありませんし、コーナーではやはり良く曲がります。
前後TRDになったのですが、リヤのバンプを8mmカットしてあるので少しフロントが勝っている印象です。

スポーツ度☆☆☆☆★
乗り心地度☆☆☆★★
ルックス   ☆☆★★★
満足度   ☆☆☆★★
購入価格 ☆☆☆☆★ 
総合    ☆☆☆★★





TOPページへ


このページのホストは です。 無料ホームページをどうぞ!