韓国オートバイ事情(1)


文と撮影 Aya

こんにちは。
2000年4月16日から19日にかけて韓国ソウルへ行ってきました。
長期滞在を含めて何度も韓国を訪問しているわたしですが、韓国のオートバイのことに関してはあまり知りませんでした。そこで、今回は韓国ではどんなオートバイが走っているのだろうと意識して街を歩いてみました。
 
 

街角に出てみると…

大通りに出てみると、走ってる走ってる、バイクがたくさん… ソウルのど真ん中ということもあって、いかにもお仕事風といった風情のバイクがほとんど。「これから遊びに行きます」風のバイクは見かけなかった。平日のソウル市中心部だもん、当たり前か。
90年代初頭はヘルメット被っている方が少なかった記憶があるが、交通安全意識が高まってきたのだろう、今回見た限りでは被っているライダーが圧倒的に多かった。特にクイックサービス(後述)と思われるライダーは安全意識が高そうで、フルフェイスのヘルメットにライディングジャケット、ライディングシューズという装備の人が多かった。ジーンズの上にニーパットを装着しているライダーも数名見かけた。
 

クイックサービスが大流行

  

日本のバイク便に相当するものを、韓国ではクイックサービスというそうな(大林自動車無料サービス誌『MOTOR DATE』4月号より)。
写真を見ていただければわかるかと思うが、荷物の積み方が尋常ではない。たいていのバイクには頑丈そうな鉄パイプのリアキャリアが装着されていて、巨大な荷物をガンガン積んでいる。葬式の花輪みたいなものまで積んだバイクも2回見かけた。
 

韓国のオートバイメーカー

90年代初めの頃ソウルの街角で見かけるオートバイといえば、DAERIM HONDAHYOSUNG SUZUKIであったが、最近はDAERIM(デーリム:大輪自動車)、HYOSUNG(ヒョーソン:暁星機械工業)となっていて日本のブランド名が取れている。一人立ちして生産するようになったのだろう。現在この二社が韓国内でオートバイを生産している。他に三輪オートバイを生産しているところもあるようだが……

大林自動車のホームページ
GIFアニメーションの後に韓国語・英語・西語・中国語を選択できる。が、西語・中国語は準備中のようで押しても押しても現れず。英語版はうまく機能していない(Netscapeだから?)。韓国語でもいいからとにかく見てみたいという方は製品情報(ロードモデル)へ直接どうぞ。

暁星機械工業のホームページ
表紙から韓国語か英語を選択できる。
 

韓国の自動二輪免許

現在韓国の二大メーカーで生産されているのは50ccクラスから125ccクラスまで。ロードスポーツ、ビジネスモデル、スクーターが生産されている(オフ車はHYOSUNG RX125のみ)。何故125ccまでなのかというと、韓国の二輪免許事情による。
原動機免許及び自動車免許で125cc未満まで乗ることができる。125ccを越えるオートバイを乗るためには二種小型免許というのを取得しなければならない。つまり、現在韓国内で生産されているオートバイはすべて自動車免許で乗れる車種なのである。
そのほかに、排気量に関わらずオートバイは高速道路乗り入れ禁止なのも、中型排気量以上のオートバイがまだ生産されていない理由のようだ。
 

次のページへ 1 2 3