PopMan サポートページ 
since 1999.9.29
お知らせ

2001/9/4

iアプリ版メールソフト[iPopMan]を公開中です
iアプリ対応機種をお使いの方は、ぜひ一度、お試しください。
iPopManは転送を行うのではなく、純粋にメーラーとして使えるソフトです。
PopManと組み合わせれば、どこからでもメールが読める環境ができあがります。
iPopManのページ
2000/10/17
メモサービス[Groves]をオープンしました
ネットワーク共有型メモサービス[Groves]をオープンしました。ぜひ一度、お試し下さい。
iモード用のブックマークの作成、掲示板の設置ホームページの作成などが、
iモードとPCの両方から行えます。
[Groves]のページ
What's New

2001/11/14

Ver 1.01を公開しました。
バグフィックスバージョンです。機能追加はありません。
Content-Typeヘッダーを含まないメールを受信すると異常終了するというバグを修正しました。
ご報告ありがとうございます。>あいはらさん
2001/9/4
Ver 1.00を公開しました。
メール分割時に、分割番号を挿入するようになりました。
また、添付ファイル削除機能を改善しています。
やっと、バージョン1.00に到達できました。結局、2年以上もかかってしまいました。とほほ。
ご意見・ご要望をいただいた方、そして応援してくださった方、本当にありがとうございます。
今後とも、PopManをよろしくお願いします。
2001/3/14
Ver 0.98を公開しました。
どんな携帯・PHSにも対応できるカスタムフィルター機能を追加しました。
カスタムフィルター機能を使えば、指定したアドレスへのメールを、自由なサイズ・分割数で分割して送信できます。
2000/12/5
Ver 0.97を公開しました。
リモートメールボックス機能を拡張しました。新着分のみのメール一覧取得などが行えるようになります。
2000/8/16
[Groves]に"PopManリモコン"を追加しました。
[Groves]を使って、PopManのコマンドメールを送信することができます。
「メール一覧の取得」と「転送の停止再開」のコマンドメールに対応しています。
これで、iモードから、メールアドレスなどの文字入力をしないで、コマンドメールを送信することができるようになりました。
2000/7/21
Ver 0.96を公開しました。
正式にLinuxに対応しました。今回のバージョンアップでは、機能の追加はありません。
最近、どの雑誌を見ても常時接続環境の話題がありますよね。
PopManのユーザの方でも、常時接続環境のマシンにインストールして使用されていたりするかもしれません。
そうなってくると、やはり、Linuxで動かせるってのがメリットになるかなと考えて対応しました。
実は、自分でも必要になったからなのですが。(^^;
2000/6/20
Ver 0.95を公開しました。
コマンドメールを使って、転送機能を停止・再開できるようになりました。
コマンドライン版でも、Webコントロール版でも利用可能です。
以前のバージョンの設定ファイルをご利用になるには、confディレクトリ以下をにコピーしてください。
ソースの一部公開に向けて準備中です。詳しくは、ドキュメントをご覧ください。
2000/5/11
Ver 0.94を公開しました。
以下の機能を追加しました。 シェアウエアとなりました。詳細については、Readmeファイルをご覧ください。
シェアウエアと言っても、機能制限・期間制限などは一切ありません
本当に気に入っていただけたら、送金をお願いします。

本来なら、ユーザの方それぞれに金額を決めてもらって、その額を送金していただくのがよいと思います。(もちろん、0円ってのもOK)
大道芸人が帽子にお金を入れてくださいって言ってるような、そんなイメージです。ただ、現在、そういうシステムは存在しません。(知らないだけ?)
なので、こちらから金額を決めさせていただきました。

以前のバージョンをお使いの方でも、この趣旨に賛同していただいて
送金していただけると、すっごくうれしいです。

2000/4/10
Ver 0.92を公開しました。
バグの修正とドキュメントの変更です。
2000/2/23
Ver 0.91を公開しました。
以下の機能を追加しました。
2000/2/17
Ver 0.90を公開しました。
以下の機能を追加しました。
過去のWhat'sNew
 
 
PopManとは

PopManは、POPサーバのメールボックスを監視し、新着メールについて、 さまざまな処理を行うプログラムです。現在のバージョンでは以下の処理を行うことができます。
 

(メール転送)

転送条件に合致したメールを別のアドレスへ転送します。 すべてのメールを転送することももちろん可能です。転送条件には、差出人宛先CC題名本文を指定できます。同様の方法で、転送除外条件を指定できます。また転送時に、添付ファイルを削除するなどの特殊処理ができます。
コマンドメールを使って、出先から転送機能の停止・再開が行えます。
(メール自動応答)
特定の差出人からのメールがくると、あらかじめ作成しておいた メッセージ(不在通知など)を送信します。
(リモートメールボックス)
コマンドメール(一覧の取得、指定メッセージの転送)によって 外部のメール端末(携帯やPHS)からメールボックスを閲覧する ことができます。到着通知メールの送信も可能です。
(携帯・PHSへの特別対応)
iモード端末(@docomo.ne.jp)へメール送信する際には、メールを分割して送信します。
H”端末(PメールDX端末)(@pdx.ne.jp or @di.pdx.ne.jp)へのメールも分割して送信します。
他の端末には、カスタムフィルターを利用することにより対応できます。
カスタムフィルターを使えば、自由なサイズ・分割数で分割して送信できます。


PopManには、2つの使い方があります。目的に応じて、使い分けてください。

(Webコントロール版)

      Webブラウザから、設定、起動・停止が行えるので、お気軽に使用できます。
      ただし、複雑な設定は行えません。
      (はじめての方は、まず、こちらからお試しください。)

(コマンドライン版)

      設定ファイル(テキストファイル)を編集して設定します。起動・停止は、コマンドラインから行います。
      複数の転送先に振り分けるなどの、複雑な設定も行えます。

ちなみに、APOP対応です。
 
 
ドキュメント

すいません、今はまだ、これしかありません。(^^);;

ダウンロード

Windows版

popman101.zip
Linux版
popman101.tgz
<注意>
"popman100tgz.zip"というファイル名で、ダウンロードされますが、
ダウンロード後に、"popman100.tgz"にファイル名を変更してください。
サポート掲示板
サポート掲示板を見る
サポート掲示板へ書き込む
PopManへの、ご意見・ご要望などをお聞きするためのサポート掲示板を設置しています。 などの情報をお待ちしています。お気軽にどうぞ。
なお、込み入った話なのでメールでという方は、こちらまでどうぞ。mail_icon