木曽、高山、高ボッチ山ツーリング

参加者:二人

4月29日(木)pm13:00中央高速道路 諏訪湖S.A.集合。ここで、1人が合流した。
 今日はとてもいい天気だ・・
中央高速道路を南下して飯田I.C.へ向かい、国道153号、256号へ入り今日の寝床を探しながら木曽を北上。
途中、妻籠を通過するので見物したかったが少し雨でパラパラ降っていたので急いでキャンプ場へ向かった。
国道19号を北上してのぞきど森林公園キャンプ場へ入り今日はここで一泊することにした。夕食を買いにコンビニへ。帰ってキャンプ場へ戻ってきてみたら・・・寒いのなんの。

寒すぎる。ここで一泊できるのかと思いながらも20:00頃テント内に入居。メッチャクッチャ寒い・・・
寒すぎてなかなか寝れないのであった。0:00頃過ぎると寒さはピークになる。寝袋に丸まって厚着しても耐えられない・・
早く朝が来るのを願いながら無理矢理寝ようとする。けど、寝れない・・・・
 これから寒い寒い夜を越さなければならないと思うと寂しかった。
長い永い夜が終わって朝がきても寒すぎてテントから出れない状態だった。炊事場で顔を洗おうとおもったら・・・
 これは蛇口から水が出ているのではなく、凍って氷柱になっている・・
水が凍っていて出ないのだ。いったい昨晩は何度くらいだったのだろうと。辺りには組み立て中のアスレチック用木材があったので悪いと思いながらもそれらを燃やして暖をとった。キャンプ場の管理人さんごめんなさい。生きる為には必要だったんです・・
日が昇ると温かくなってきた。昨日の寒さが夢のようだった。
さて、4月30日、国道19号を北上して木曽福島へ、そこから国道361号で高山を目指した。
 山にはまだ雪があるんだなぁ
県道87号(久ヶ野朝日線)で久ヶ野町へ向かい、国道41号で高山へ向かう。高山に着いたときは暑いのなんの・・・
温度差の激しいツーリングだ。けど、寒いよりは暑い方がいい!
飛騨高山に着いたのでせっかくだから奮発して「飛騨牛の焼き肉定食スペシャル」を(2200円)食べた。美味しかった・・
 高山の里で休憩(なぜかジャンボ招き猫がいる)
合掌造りの家も見たかったのだが、入場料700円だったので今回はパスした。今度は必ず見たかったのでした。
今日の寝床予定地は平湯温泉での温泉旅館!!もうキャンプはイヤダ。(昨日の越冬キャンプで懲りていた)
国道158号で平湯へ向かい温泉街へ、飛び込みで入れる旅館(安いの限定)を探したがさすがにGWは空きが無かった。
とにかくこのままでは、また越冬キャンプになってしまうので国道158号で一気に松本へ向かいビジネスホテルにしようということになった。松本駅前でビジネスホテルを探し今日の布団を確保した。
 もう1人はグッタリモードだった・・この後1人で飲んで寝た。
5月1日今日は東京へ帰る日。県道63号(松本塩尻線)で南下、高ボッチ山を目指す。県道から林道へ入り登る。道は狭く急な坂道を登って登るとようやく開けた場所に出た。そこは高ボッチ山荘だった。
 高ボッチ山の山荘でコーヒー飲んで休憩
ここから、さらに登り鉢伏山の山頂へ向かった。今日はバイクツーリング集団が多い。そういえば、知合いも今日こっちの方面のツーリングだって言ってたなぁ・・もしかしたら会えるかも。
 鉢伏山の山頂から(あまり奇麗に写ってないけど現地は奇麗だった!)
さて、これからは下山して長野自動車道の岡谷I.C.へ向かい中央高速で東京へ帰るのであった。



5月の山キャンプは、冬装備を忘れずに!(今回の教訓)


[放浪日記Pageへ