一応バナーです(^^;

”車速感応型4WS”について

右の2つの写真を見てもらえれば分かるでしょうかね?奥側がフロントタイヤ、つまり手前がリアです。 角度が少し違いますが、後輪が左右に少しだけ向いているのが分かるでしょう?
低速時にはこの様に前輪と後輪がにいわゆる”逆相”にきれます。(前輪が右なら後輪は左)
写真は撮れませんが、逆に中速時には前輪、後輪が同じ方向に向く”同相”になります。(前輪が右なら後輪も右)
最近では中高速時の”同相”のみの4WSはあるようですが、これが本当の4WSです(笑)
(注)馴れなければ危険(?)とか言う理由で現在は使われないシステムです・・・・よく曲がってイイんですがね。
現在主流の4WSは普段の低速時は普通の車と同じで、高速時の安定性の為に同位相だけを装備してるものが多いです。

では、この4WSだと何がイイのか?
低速時の小回りは抜群です。 後は中高速時の車線変更の安定性ですね。
低速時は軽自動車までとは言わないまでも、普通の車以上に曲がります。 車庫入れもクネクネと曲がって曲がり過ぎるくらいです(笑) ホイルベースが長いのにそれを全く感じさせず、3ナンバーサイズでなのにその大きささえ感じさせません。
一度馴れてしまえば普通の車が曲がらない車に感じてしまうし、ステアきる量が全然足りません。(勿論ステアリングのギア比も関係してきますがね)
ある意味では確かに危険ですかね?(苦笑)


MX−6 MX−6