一応バナーです(^^;

ドライブの時に聴きたい曲(CD)を集めてみました。
個人的な意見としては「運転の邪魔にならない」、「曲や声が気にならない」って感じの曲がgoodだと思います。
高すぎる声もダメなので・・・・静かな曲や激しい曲も外してます。
なぜか女性ヴォーカルが中心です。
こうして、アーティスト拾い出してみると、BlackMusicがすきと言いながら古めのDanceが多いかも。

(注)もちろん曲は置いてないので聴けませんよ(^^;

アーティスト名 / アルバム名 / 曲名
―CHIC―


<C'est CHIC>
JPS一押しのアーティスト。もちろん私も好きです。
彼らの2ndアルバムです。
'70年代後半のディスコシーンを象徴するアーティストだそうです。 軽快なテンポの曲が多いので楽しく聴けます。
解説の中で「ミディアム・クール」って言葉が使われていますが、ピッタシ。簡単に言うとクール過ぎない。
けども、クールなだけじゃなくて適度な「ノリ」も備えています。
そのノリも激しすぎず弱すぎず。「汗をかかないノリ」だそうです(笑)
曲の雰囲気もよく、イロんな意味で「オシャレ」なアーティストです。

'60年代'70年代のダンスってすごく好きです。これからもう少し集めたいです。
だって雰囲気とかノリがめっちゃイイ感じじゃないですか。

作品(アルバム)
C'est CHIC (2ndアルバム)
Chic Freek and More Treats / NILE ROGODERS (アーティスト名は違いますが、彼らの作品と同じと考えてよいと思います)
他にもあります。けど知らない・・・(^^;
「sorry...」
―CUT'N'MOVE―


<INTO THE ZONE 91-96>
こちらもJPS推薦のアーティスト。
DANCE&POPって事です。デンマーク出身です。

始めっから終わりまでテンポよく聴けます。
更に全ての曲がイイ感じのノリを維持してます。
彼らのアルバムは必ず「テーマ曲」から始まるらしいです。
「今から始まる」って感じが結構好きっす。
POPな部分を残しながらPOP過ぎない。

作品(アルバム)
INTO THE ZONE 91-96
まだ他にもあるはずです。
「INTO THE ZONE 91-96」
―mimi―


<mimi>
彼女の2ndアルバム。実は元日本人です。
'80年代後半よりアメリカを往復。後に「日本ではやり尽くした」と単身渡米。
そして、幾多のチャンスを物にし、成功した日本人。
そして現在もソウルを歌い続けるディーヴァ。

ブラック・ミュージックと言っても問題ないでしょう。
日本人と言うか、国外の人間がこの分野で認められるのって、半端な事じゃないです。
いくつものバンドに席を置いていて、更には凱旋コンサートまでもやってるそうです。
一度聴いてみる価値ありでしょ?
あっ、もちろん歌詞は全て英語ね(笑)
一つ文句を付けさせてもらうと、同じ曲は3曲もいらないかな。

マツダのCMで使われていた「TIME AFTER TIME」は彼女がカバーした曲です。(このCDに入ってます)
原曲はシンディー・ローパー。イイ曲です。

作品(アルバム)
Joy Love Happiness (1stアルバム)
mimi (2ndアルバム)
個人で出してるのは多分他にはないと思います。けど、バンドに属してるのでそっちなら・・・実はよく知らない(^^;

カバー曲 (アルバム名 / アーティスト名)
「TIME AFTER TIME」
原曲 --- / シンディー・ローパー (CD持って無い・・・)
「sorry...」
―Rythem Avenue―


― 1993年アンナ、ミカエル、アンドレアス、ヨハン、ペレにより結成。
  結成当時、アンナのポップで張りのあるソウルフル・ヴォイスが話題となり
  ”大型実力派新人登場!”とクローズアップされる。 ―

<12 Steps Down The Avenue>
オススメな1枚です。いい曲多いですね、静かでいてノリのいい曲が中心。
スローテンポですがバラードってわけじゃありません。いわゆるR&Bです。
スウェーデン出身の5人組です。

やっぱしR&Bでしょ、聴き続けるなら。
ってよりも、R&B自体の枠組みや、曲等が昔と比べてすごく変わってきてると思います。
R&Bの枠組みってものは元々広くて判り難かったのが、近年では更に判り難くなってきましたね。
それと、本物のR&Bを聴くなら、'60年代後半から'70年代が良いようです。

「miss you」って曲が好きです。
The Rolling Stonesの曲のカバーです。原曲を聴いてみるのも楽しみの一つですね。
もちろんそれぞれのアレンジが加わってます。

作品(アルバム)
12 Steps Down The Avenue (1stです。他は不明。多分これだけでしょう)

カバー曲 (アルバム名 / アーティスト名)
「miss you」
原曲 The best of Rolling Stones / The Rolling Stones (現在はこれしか手元にないです)
「12 Steps Down The Avenue」
―sunzet―
<RIZING→>
デンマーク出身のダンスな3人組。
最近の系統とは全く異なり、'70代を意識したダンスサウンドを現代風にリメイクした感じです。
個人的には、このような作品と、最近の系統とは分けて欲しいです(^^;
イイ曲多いです、やっぱこんなノリ好きです。
少しノリがキツイかも知れませんが、問題はないでしょう。
ピアノがいたる所できいてます。
それとジャケットの画像は取り込みミスじゃないので・・・

作品(アルバム)
RIZING→
全く不明、情報なしです。
「RIZING→」
―The Scarlet―

― 想い出はいつも生まれ変わる。
  最強のプロデューサー集団、ザ・スカーレットが名曲の数々をリメイクしたカヴァーアルバム。
  大ヒットシングル「哀愁のワイバン」を含むデビューアルバム。 ―

<STILL FIRST>
JPS大推薦で私も大好きです。
JPSが持ってるCDを車で初めて聴きました。 一度目に聴いた時に少し気になって、「もう一回」って言って聴きなおし、 どうしても欲しくなって速攻で捜しに行きました。すぐに見つかったから良かったです。
でも、なぜかその後一度も見てません。いったいどこいったんだろ?いいアルバムなのにね。

昔のヒット曲のリメイクが中心です。
と言うか、「プロデューサー集団」なんだから、自分たちが手掛けた曲ばっかカバーしてるんですね。
だからって事はないですが、結構長く聴けます。(懐かしい曲が入ってるかも?)
特にドライブにオススメです!すごくカッコイイです!お買い得です!
お金出すだけの価値は十分あると思います。
個人的な好みでしょうが、捨て曲が全くありません。
最近じゃ特にお気に入りのアルバムです。

「WHAM BAM」(哀愁のワイバン)って曲がめっちゃgood!他にも何人かがカバーしてるようです。
原曲もまだ聴いた事がないんですが、ぜひ聴きたいです。
こちらも集めちゃいたいくらいです。
こんな感じのアルバムから広げていくのが楽しいですよ。
多くのカバーがあって、気に入った曲の原曲やカバー曲探したりしてね。

「STILL FIRST」
作品(アルバム)
STILL FIRST (1stアルバム)
他には作品はないと思います。


カバー曲 (曲名 / アルバム名 / アーティスト名)
「WHAM BAM」
原曲 Silver / Silver (ラストアルバムからのカットらしいです)
「HEARTS」
原曲 Balin / Marty Balin (ソロ時の初アルバム、1stシングル)
「ON THE BEAT」
原曲 B.B.Q.Band / B.B.Q.Band (1981年作、1stシングル)
「DON'T TAKE AWAY THE MUSIC」
原曲 Sky High! / Tavares (1960年デビュー)
「IN MY HOUSE」
原曲 Only For You / Mary Jane Girls (2ndアルバムからのシングルカット)
「YOU MAKE ME FEEL BRAND NEW」
原曲 Rockin' Roll Baby / Stylistics (3rdアルバム)
「BROTHER LOUIE」
原曲 --- / Stories (不明・・・)
「HIGHER AND HIGHER」
原曲 --- / Jackie Wilson (不明・・・)
「MAKIN' IT」
原曲 --- / David Naughton (不明・・・)
「MICKEY」
原曲 --- / Toni Basil (不明・・・)
「WALKIN' IN RHYTHM」
原曲 Flying Start / Blackybyrds (8枚のアルバムを出してるので、その中の一つ・・・・)
「I MISS YOU」
原曲 Meeting In The Ladies Room / Klymaxx (ラストアルバム)