ベトナムの旅

2003年9月28日〜10月3日、4泊6日の旅に出掛けてきました。


初日〜2日目


4日目の寺院にて

旅は初日から大変の事に・・・・・。
朝早めに家を出たのはいいが、電車の揺れが心地良く眠りこけ
乗り換え駅を通り過ぎ、名古屋駅まで来てしまった(汗)
(7〜10駅ぐらい手前の西春で乗り換えバスにて名古屋空港のはずが)
集合時間に1時間以上の余裕で着くはずだったのに何とかギリギリに空港に到着。
ここで出国手続き等を済ませ、いざベトナムへ・・・と行きたいものだが、
今回はと言うか名古屋からはベトナムへの直行便はなく、ソウル経由なのだ。
その経由場所のソウルには5時間近くの乗り換え時間の余裕があり、時間をもて遊ぶだなぁ〜これが。
そんなこんなでソウル〜ホーチミンへ時差-2時間の国に、
ホテルに着いたのが22時ぐらいだったかなぁ(笑)
疲れたよ〜〜〜〜ん。

でっここでしばしお勉強のお時間ですぅ。

アジア地図
アジアの地図

ベトナムって一体どこにあるの??

ベトナム国旗
ベトナム国旗

ホーチミンはどこかな〜?
日本からベトナムの位置がわかった所で、お次は。
日本語名:ベトナム社会主義共和国
面積:日本の88%
人工:約8110万人

白い部分はベトナムです。
縦方向の長〜い国なのよ季候も北と南じゃ随分違うみたい。
赤い点の部分が首都の「ハノイ」なのですが、
今回は南に位置する「ホーチミン」を中心に観光してきました。
戦争以後英雄の「ホーチミン」の名をとって「サイゴン」市だったのが、
「ホーチミン」市になったそうな。
今や首都「ハノイ」よりも「ホーチミン」の方が栄えてるみたいだに。


さて、初日は単なる移動のみ、社会主義国だけあって入国時は
軍服着てる人によっての入国審査には驚いた、非常に厳しいですよ・・・時間かかります。
2日目は朝8時からホテル(サイゴン)の朝食
これが毎日ちょっとずつ変化ありの◎

朝食を済ませ本日はタクシーにてアンドン市場まで。
初乗り「12000VND(ドン)」確か28000VNDぐらいだったような(笑)
日本円=¥230ぐらいで到着です。

アン・ドン市場にて
なんで庭師みたいに綺麗にキレイ?
庭師の隣はこんな。

とりあえず、しょぱなの市場なのでスルーし、
ホーチミン市内、アン・ドン市場近郊のお寺巡りを「シクロ」にて案内して貰う事にしました。
これがのちえらい事になる事とは知らず。。。。

シクロに乗車したら町はこんな感じに見える

楽しく寺院巡り。

めぐりめぐる

この線香お寺の外でおばちゃんが
売ってたのですが、
完全にぼったくられた(悲)

とにかく煙い!

この赤い香取線香風
なんと2週間ももつそうな。

いぇ〜い。

現在作成中かよ。
肩まで組んだのにね(T_T)

タテガミを触りながら願いを叶えると
願いが叶うらしいよ。
皆さんも是非。

「シクロ」の運転手兼案内人とワンショット
名前は忘れた(笑)
2時間後には犬猿の仲に。

町はあまりにも埃っぽいので
マスク必見ですわん。
完全に怪しいぃ〜

まっひとまず経験です。
単なる自転車の延長です。
ただ、ケイリンの自転車のようにペダルは
回し続けないといけませんよ。
ボンノウを取り除こうと思い。

一つ。
シクロでの3時間観光も終わり。

が、しかしこれだけでは終わらなかった・・・

「シクロ」の噂は旅に出かける前にネット&雑誌等で情報を収集していたが・・・
乗車する前に値決め交渉を電卓でしたのに
実際最後に請求されたのは1桁多い10倍です!話しにならん(怒)!!
15〜20分ぐらいホーチミン市内を大声で争いながら(笑)
当初の代金を置いて去っていくと諦めていなくなりました。
情報によると2〜10倍の値段を請求されるとの事。
正しくそれを体感出来、貴重な体験できましたわん。
皆さんもこんな事にあっても決して払ったらいけませんよ。

アン・ドン市場から町を見る

ちょっと争いがあった後、違う市場に立ち寄る。
ヤン・シン市場から町を見る
ホンマにうまい!

市場をでそろそろホテルの方に向かう
屋台にてスープヌードル「フォー」

確か¥10〜20
もっと安かったかも。
これがうまい!本日の一番でした。

ホテルに帰る前に明日のツアー「メコン河クルーズ」を予約し、
今日はナイトクルーズに。

なんと派手なイルミネェーション!

1時間程の周遊終了!
音楽ありの楽しかった。
いっちゃってます

楽しかった結果が・・・これです。
この1日かなり疲れました。


3日目
4日目~最終日
photo-top